カテゴリー「08 朝鮮半島に関すること」の197件の記事

2017年4月27日 (木曜日)

日本の北朝鮮認識は甘すぎる

 朝鮮半島情勢が緊迫していますが、4月26日の国会では、朝Image1鮮半島情勢を学ぶため、関西大学経済学部教授(北朝鮮経済論専攻)の李英和教授ら3人の参考人が、参議院「国際経済・外交に関する調査会」で証言しています。特に、李英和教授は「目から鱗が落ちる」状態の北朝鮮情勢を語っています。
 パキスタンの核の先生は北朝鮮、シリアのサリンは北朝鮮が使わせたもの、北朝鮮の核は北京にも標準を合わせたなど、マスコミ報道では聞けない厳しい現状を証言しています。
【国会】在日3世・李英和教授「北朝鮮の復興援助は韓国・米国で無く日本がしなければならない!」「金正恩の核実験の中止に意味はあるニカ?」
  https://youtu.be/PAUbtx6eS2k

| | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月曜日)

国会で北鮮問題質疑が少ないのは

 今日17日はテロ等準備罪に関する質疑も多少はやっているようですが、国民からは「国会で森友ばかりやってないで北朝鮮問題を000yosan2_1シッカリやれ」との声が上がっているのにナゼ改めないのでしょうか。ここ数カ月、森友学園問題が国会の予算委員会で長々と取り上げられるのは、国家を揺るがすほどの大事件だからなのか、それとも登場人物のキャラからなのでしょうか。昨今は北朝鮮問題の他に、南スーダン、テロ等準備罪、天皇陛下の生前退位などの重要案件が軒並みと思われるのに、これらに意識的に触れたくないのでしょうか。
 これは、触れない野党に責任があるのか、与党側に問題があるのか・・・
■「国会は野党のため」にある。
  自民党は政府とほぼ意見をすり合わせているので、国会での自民党の質問は形式的なものになりがちで、時には政府の応援質問になりがちです。そこで、与野党が対立する法案審議では、野党側に自民党の質問時間を融通してあげているのです。
予算委員会は委員会の花形
 予算委員会は他の委員会と違う点は、NHKがテレビ中継を行うことから、バラエティ番組の様相を呈することになっています。よって、内閣の不祥事や批判、揚げ足取りなどの低レベルの戦略がとられるようになった。
予算委員会には首相が出席するから
  衆・参議院の常任委員会には、内閣、総務、法務、外交防衛、財政金融、文教科学、厚生労働、農林水産、経済産業、国土交通、環境、国家基本政策、予算、決算、行政監視、議院運営及び懲罰の17の委員会があり、議員は少なくとも一つの常任委員だそうですが、首相が出る委員会は基本的に予算委員会だとされ、よって注目されていることから、どの国会議員も張り切るそうです。
安全保障問題に強い議員が少ない
 とにかく、野党陣営に安全保障も語れる国会議員が少ないことが、決定的原因と言われています。選挙においては、野党陣営からの立候補者が、日本の防衛問題を声高に上げても当選しないことから、自ずと野党に安全保障に強い議員が少ないことが、質問も少なくなる遠因と思われています。精々、共産党議員が共産圏寄りの立場から、日本やアメリカを牽制する意味で行われることが目立つ程度です。

| | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土曜日)

韓国の歴代大統領は憐れな末路です

  韓国歴代大統領の哀れな末路に関心が持たれていますが、なんと、1Image02790人中8人が亡命、失脚、死刑判決、懲役刑判決、自殺しているというから異常です。
 これは、どのような背景があるのでしょうか。
 それは、韓国社会は巨大な血縁集団で縁故主義の国だからだと言われています。韓国人同士が最初に人に会う時には、まず相手の姓名と本貫(ポングアン)を聞くそうです。理由は、相手が自分と血縁的に近いのか遠いのかを知るためであり、相手の正体が解るまで油断しないということからだそうです。
 決して仲がいい国民ではないのです。
 いや国民同士が元々が仲が悪いとされ、それは近年まで属国だった朝鮮半島の歴史を、少し勉強すれば理解できるはずです。特に、旧百済地区(忠清、全羅)と旧新羅地区(慶尚)は仲が悪いことで知られています。つまり、朝鮮半島は、今も高句麗新羅百済の三国時代の影響が強く残っており、違う国の集まりと見ることが出来るそうです。よく聞きます「本貫(ポングアン)」とは、その宗族の発祥の地を表すもので、姓名が同じ「金(キム)」でも、本貫が異なることがあります。
 有名なところでは、安東金(アンドンキム)、金海金(キメキム)、義城金(ウィルソンキム)、慶州金(キョンジュキム)、他には密陽朴(ミリアンパク)、慶州李(キョンジュイ)などがあります。00000e0171
 要するに、韓国人は同姓同本の宗族を巨大な血縁集団であり、この考えから、同姓同本不結婚の原則があり、男女が知合いになると、同姓同本か否かにより、相手と親戚としてか、恋人そして結婚に発展するかが決まるのだそうです。この血縁集団がハッキリと分かるのは、新大統領が誕生すると、内閣をはじめ、側近の多くは血縁・同郷・同学を配して足元を固めることになるそうで、つまり、血縁以外は信用出来ない国民性のようです。この弊害が更に表面化するのが、大統領引退後の末路をみれば分かることで、大統領自身や家族、側近の金銭疑惑など不正事件が、次の政権によって容赦なく暴かれ、逮捕、自殺など不幸な末路を迎えることが常識化しているのです。
韓国歴代大統領憐れな末路の理由?: 多摩湖畔日誌2012年8月30日 (木曜日)

| | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木曜日)

金正男暗殺から半島国家を想う

 「半島国家」は半島の根本は大陸に接している為、大陸側の国家からの侵略から逃げ場がないことに加え、海洋国家からの侵攻の危険性にも晒さMalay_peninsula5れているため、安定しない歴史は世界の何処も共通しているようです。事実、ヨーロッパの火薬庫と呼ばれるバルカン半島のほか、アラビア半島、インドシナ半島、朝鮮半島などの歴史を知れば明白なことです。
 今回は、インドとシナの間の半島だから「インドシナ半島」と呼ばれる地域で、さらに南方に突き出た半島の中の半島である「マレー半島」を舞台に、北朝鮮の「金正男氏暗殺事件」が発生しました。この事件では、マレーシア国家の北朝鮮に対して「駐北朝鮮マレーシア大使を平壌から召還」や、事件に北朝鮮大使館が関係していたことの公表など、強気の対応が注目されています。この強きの対応の背景にも、民族のルツボ「マレー半島」の歴史が関係していると見られます。
  この半島の広さは日本よりやや狭い面積で、人口は約3000万人ですが「アジアの人種のるつぼ」と呼ばれ、マレー系、中華系、インド系を中心とする多民族国家です。「マレー半島」が多民族国家になったのも350年以上の植民地支配が関係しています。それは、植民地支配は「間接支配」が原則とされ、英国や蘭国、仏国などの宗主国が直接支配しないで、隣国やその植民地の少数民族を使って支配することで、白人が直接恨みを買わないようにしたそうです。つまり「マレー半島」のマレー人の支配は、中華系やインド系を奴隷にして支配したのであり、更に、中華系やインド系の奴隷は、朝鮮系を奴隷にしたそうです。今も「マレー半島」のマレーシアやシンガポールで働く売春婦には朝鮮系が一番多いそうです。
 「上には上が、下には下がいて」奴隷の欲求不満のはけ口にしたのでしょうか。00016_24_33

| | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日曜日)

韓国人が世界に誇るべきこと。

 「慰安婦交渉」が暗礁に乗り上げ、在韓大使を引き上げや通貨スワップ中断など41giltokyvl__sx306_bo1204203200__2閉塞状態に陥っていますが、日・韓ともに忘れてならないことを記述しておきたいと思います。
 それは、朝鮮半島の皆さんが長い歴史の中で、一点、世界に誇るべきことは、約24万人の将兵が日本軍軍人として「アジア解放」の為に戦ったことと、多くの英霊が靖国に祀られていることです。韓国が本当に恨むべきは日本ではなく、韓国が長年酷い目に合った、歴代の中国王朝である唐・宗・明・モンゴル人の元、女真(じょしん)族の清からでしょう。更に近年では、毛沢東、スターリン、金日成、李承晩からであり、記憶に新しいことでは、李承晩大統領の命令で惹起された、済州島四・三事件保導連盟事件を始めとする「赤狩り」で、共産主義者100万人近くの同胞が粛清されたことです。
 この粛清の裏では、在韓米軍が操っていたはずです。
 韓国では日本以上に幾多の困難な歴史はありましたが、韓国の近代化は日本の莫大な資本と人材の投与によって成し遂げられたものであり、これを現実として受け止めるなら、反日感情は薄まり、未来に向けた信頼関係も構築されるはずです。
 再度申し上げますが、韓国が世界に向けて誇れることは、日本軍と「アジアの植民地解放」の為に共に戦ったことと、中国に貢女(こんにょ)や宦官を差し出し続けながらも、辛うじて歴史を紡いできたことです。世界の民族の殆どは、「民族ごと奴隷にしたり・されたり」、「民族ごと虐殺したり・されたり」している現実があります。
 それなのに、一つの半島で生き延びている韓国にはシタタカサがあります。
 繰り返しますが、東南アジア諸国の独立は、大東亜戦争で日本軍と共に戦った24万人の朝鮮人将兵の存在を、アジアも韓国も日本も忘れてはなりません。そして靖国には、朝鮮日本兵を含む約2万1000人が合祀され、特攻隊の一員として散った半島出身者約二十名もおられるのですが、韓国では国賊扱いなのでしょうか。
 天皇陛下と韓国大統領が、揃って靖国神社に御参拝される日を夢見ています。
 ※朝鮮半島から日本軍人として志願された人数です

年度 志願者 入所者数 選抜率 志願倍率
1938年 2946人 406人 16.2% 7.3倍
1939年 12,348人 613人 4.9% 20.2倍
1940年 84,443人 3,060人 3.6% 27.6倍
1941年 144,743人 3,208人 2.2% 45.1倍
1942年 254,273人 4,077人 1.6% 62.4倍
1943年 303,394人 6,000人 1.9% 50.6倍

【大東亜戦争】朝鮮人特攻隊員の真実【韓国併合・日本國臣民】   https://youtu.be/yjbRm4891Ls  

| | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金曜日)

日本が〝心〟という字に見える

知日家韓国人・朴鉄柱氏Image1(大正十一年(一九二二)、釜山生まれ 平成二年一月逝去・六十八歳、
 昭和二十九年五月「日本文化研究所」を設立)
大東亜戦争下に日本の皇典講究所を卒業。下関の住吉神社に奉職。戦後韓国に帰国。 李承晩大統領の反日政権下にあって苦汁を嘗めさせられる。
(日本の学校を出た者は、「民族反逆者裁判条例」に引っ掛かり追放) 朝鮮動乱を経て、昭和29年5月に「日本文化研究所」を設立。研究主題は
一、日本上代文化の研究
二、帰化文化の研究
三、日本の信仰、道徳等精神文化の研究
同じころの我が国が、敗戦により自国文化の否定、罵倒する言論がまかり通っていたのとは対照的です。その後「日本と韓国」(韓国と日本ではない)という著書を南朝鮮で出版しましたが、「反共法」に引っ掛かり、朴氏は裁判にかけられ、三年半の刑が言い渡されました。著書は全て没収・焼却されました。
【KSM】知日家韓国人 朴鉄柱氏 韓国から日本をながめていると、
日本が〝心〟という字に見える

https://youtu.be/hFe2xkpupBo

 「韓国から日本をながめていると、日本が〝心〟という字に見える。
北海 道、本州、四国、九州と〝心〟という字に並んでいるではないか。
日本はすばらしい。
万世一系の御皇室(御をつけらる)を戴き、歴史に断絶がない。
日本固有の神道が、現在に至るまで相続されており、全体が調和された形でできている。
〝八紘為宇〟という考え方は、日本の大らかさの現れであって、これは積極的に世界に知らせる必要がある。
それに較べて韓国の歴史は、悲惨であって断層が深く、涙なくして見ることはできない。
暗い場所から見れば、明るい所は余計にはっきりと解る。韓国は日本文化の豊かさの中から学ぶことによって、内面的支柱を確立するよう努力したい。」
「韓国の檀君神話といっても、あれは高麗時代、モンゴルの支配下に置かれた時、一然上人が民族精神を振起するためにまとめたもので、高麗神話の性格が強い。ほかに新羅や百済や駕洛にも神話がある。
韓国は、日本のように統一した一つの 神話にはなっていない。
日本神話は、ギリシャやユダヤの神話に較べて明るく、ロマンの香りが高く親しみやすい。
それに日本神話は檀君神話より四百年も前にまとめられた。
私が日本神話に内面的親しみを感ずるのは、日韓は同祖だと信ずるからである。
それは民族学的な立場からも立証できる。韓国は古来から祖先信 仰と自然崇敬の念が強く、山神霊廟があり、それらをまつるために、『鳥居』や『しめなわ』『ヒモロギ』を使ってきた。それに日韓両国には、「白衣」の思想が あった(これらは中国にはない)。
日本の神職は、神に近ずく時には白衣を着る。韓国民も霊廟に参拝する時には白衣を着るし、目上の人に会う時にも白衣を着るのが礼儀となっている。まず自らの身を浄める訳である。」
「第二次大戦後の日韓関係は、李承晩政権の影響もあって、共産主義以上に日本を憎む傾向があった。そのため日韓の氷山の一角を誇大に強調して、隠された部分を見落していた。
お互いの精神的歴史的豊かさを掘り起す努力をしようではないか。そのために日本は自信をとり戻して、おおらかに民族形成の原点に立ち返ってほしい。」
「現在の日本人の自信喪失は敗戦に帰因しているが、そもそも大東亜戦争は決して日本から仕掛けたものではなかった。平和的外交交渉によって事態を打開しようと最後までとり組んだ。それまでの日本はアジアのホープであり、誇り高き民族であった。
最後はハル・ノートをつきつけられ、それを呑むことは屈辱を意味した。
〝事態ここに至る。座して死を待つよりは、戦って死すべし〟というのが、 開戦時の心境であった。それは日本の武士道の発露であった。
日本の武士道は、西欧の植民地勢力に捨身の一撃を与えた。
それは大東亜戦争だけでなく、日露戦争もそうであった

日露戦争と大東亜戦争-この二つの捨身の戦争が歴史を転換し、アジア諸民族の独立をもたらした。この意義はいくら強調しても強調し過ぎることはない。」
「大東亜戦争で日本は敗れたというが、敗けたのはむしろイギリスを始めとする植民地を持った欧米諸国であった。彼らはこの戦争によって植民地をすべて失ったではないか。
戦争に勝ったか敗けたかは、戦争目的を達成したかどうかによって決る、というのはクラウゼウィツの戦争論である。日本は戦闘に敗れて戦争目的を達成した。
日本こそ勝ったのであり、日本の戦争こそ、〝聖なる戦争〟であった。
ある人は敗戦によって日本の国土が破壊されたというが、こんなものはすぐ回復できたではないか。二百数十万の戦死者はたしかに帰ってこないが、しかし 彼らは英霊として靖国神社や護国神社に永遠に生きて、国民尊崇の対象となるのである。」

| | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木曜日)

韓国は罪人を大衆に晒すのが儀式?

 韓国の大統領が、政権末期の恒例行事とも言える側近の不祥事Image1で絶体絶命の矢面に立たされています。そして、朴槿恵(パク・クネ)大統領も、過去の例に倣い「亡命」「暗殺」「死刑判決」「自殺」などの末路が待っているのだろうか。
 さて、10月31日、朴槿恵大統領の古い友人である崔順実(チェ・スンシル)氏が、韓国のソウル中央地検に出頭した様子が繰り返しテレビで流されています。崔順実氏は、嗚咽したように口に手をあて表情をゆがませつつ「死んで償うほどの罪を犯しました」「許してください」などと情けないコメントしたそうです。
 韓国社会では、社会を大きく騒がせた犯罪者や当事者は、反省して憔悴している姿を国民の前に晒すことが、許しを乞う大前提になるといいます。数年前の「ナッツ・リターン事件」でも、当事者の財閥令嬢・趙顕娥(チョ・ヒョナ)被告がやつれ00000259625た姿で、マスコミのカメラの前で国民に謝罪していたことは記憶に新しいことです。
 日本なら、犯罪者には被害者以上?に人権があるという理屈や、犯罪報道が警察・検察の捜査情報に依存しており、「逮捕=犯人」ではないこともある虞から、逮捕直後の容疑者にカメラを向けることに極端に慎重になっている印象ですが、韓国のこの習慣は見習うべきと思います
 まぁ、それにしても韓国の歴代大統領は、「亡命」「暗殺」「死刑判決」「自殺」などの悲しい末路が待っている現実を韓国民はどのように見ているのでしょうか。
韓国歴代大統領憐れな末路の理由?: 多摩湖畔日誌
■韓国歴代大統領のその後
初・2・3大統領 「李承晩」本貫は全州李氏。黄海道
 彼の養子が実の両親を殺害。不正選挙を糾弾されハワイに亡命。そのまま客死。

第4代大統領 「尹譜善」本貫は、海平尹氏。忠清道
 クーデターで退任を余儀なくされる。軍法会議で懲役3年の判決。

第5~9代大統領 「朴正煕」本貫は、高靈朴氏。慶尚北道
 長男が麻薬服用で逮捕される。狙撃事件発生。弾がそれて夫人に命中。死亡。直後、金載圭KCIA部長によって暗殺される。

第10代大統領 「崔圭夏」本貫は、江陵崔氏。江原道B0052821_22524051
 学生デモ等が収まらず、粛軍クーデターを実行。
 結局収まらず、光州事件発生。8ヶ月で退任。

第11・12代大統領 「全斗煥」本貫は、旌善全氏。慶尚南道
 光州事件において反乱首謀罪で死刑判決。後に恩赦。

第13代大統領 「盧泰愚」本貫は、交河盧氏。慶尚北道
 退任後に収賄容疑で逮捕。光州事件の内乱罪も発覚。懲役17年の判決。後に恩赦。

第14代大統領 「金泳三」本貫は、交河盧氏。慶尚南道
 在任中に経済危機に陥りIMFの介入を招く。
 次男は利権介入による斡旋収賄と脱税で逮捕。 

第15代大統領 「金大中」本貫は金海金氏。全羅南道
 光州事件の首謀者として無期懲役の判決。
 息子3人を含む親族5人が金がらみの不正事件

第16代大統領 「盧武鉉」本貫は光州盧氏。慶尚南道
 韓国経済や外交を破綻に追い込んだ終身名誉お笑い芸人。
 親族の不正が取りざたされる中、登山中に謎の滑落死。

第17代大統領 「李明博」本貫は慶州李氏。日本(大阪)
 経済大統領のはずが格差拡大や生活難、就職難を招いた無能売国奴扱いで極めて評判が悪い。退任と同時に逮捕は免れないとの噂。
 国会議員の実兄秘書が逮捕済み。夫人のいとこも逮捕済み。
 本人も土地不正購入の疑惑事件の渦中にある。

| | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日曜日)

日本人は縄文の昔から日本人です。

 司馬遼太郎氏は歴史学者ではなく、あくまで小説家・作家であることを理解して、そのような見方もあるのかと余裕を持って観ることが大切と思います。 昨日13日のNHKスペシャルは司馬遼太郎思索紀行「この国のかたち」第1集“島国”ニッポンの叡智でImage3解くカギは「道なき道」「無思想」、そして今日14日の第2集は、「“武士”700年の遺産」とあります。
 番組の中で、日本人は海の向こうへの好奇心が強い証明として、壱岐に残る「異国崇拝の風習」を紹介していました。この朝鮮半島や中国大陸から文化を取り込み、発展して来たとの解釈には賛否両論、立場によって評価が分かれることですが、司馬史観とNHKの解釈の合体として面白く拝見しました。
  また、東京大学・本郷キャンパスの古市公威(こうい)の銅像を映しつつ、若き古市が仏留学中、あまりの猛勉強ぶりに体を壊しはしないかと心配した下宿の女主人が休むように勧めると、古市は「自分が一日休むと、日本が一日遅れます」と答えたという逸話を紹介。更に、静岡県の世界文化遺産に登録された韮山反射炉は薩摩藩にあった一冊の本だけを頼りに、日本人だけで江戸時代末期に全国6ヶ所に造ったことを知りました。司馬氏は、幕末から明治期の日本は凄かったと手放しで礼賛することが多いようで、坂本龍馬に至っては間違ったイメージを国民に定着させています。
 ここで「日本人のもの造りは昔から凄かった。」と竹田恒泰氏は語っていることを思い出しました。私はこれに同感です。なにも明治期だけでなく、縄文の昔から優れた土器や土偶「縄文のビーナス」などが知られて、仏教芸術や漢字、カタカナ、ひらかななど文字の発展、稲作、鍛冶技術による刀剣や鉄砲、神社・仏閣、城郭などの建造物、陶芸、相撲、歌舞伎、茶道、日本料理などの文化や技術を発展させています。
  確か朝鮮半島には、高句麗、新羅、百済、任那の4国があった時がありました。
 この「任那」は大和朝廷の支配下にあった地域とされ、大和朝廷にとって、中国など大陸の文化を取り入れるための玄関口として、重要な役割を果たしていたと言われています。きっと、江戸時代の長崎の出島のような役割だったのでしょう。
 この朝鮮半島南部に日本人が住んでいた状態は、「白村江の戦い(663年)」Image4で日本(倭国)が唐・新羅軍に敗れるまで続いたそうです。よって、朝鮮からの「帰化人(渡来人)が文化を伝えた」と言う解釈は間違いで、単に、朝鮮半島に住んでいた日本人が本土に伝えたか、帰国して伝えたに過ぎません。
  極論で語るなら、よく、進化論でサルが人間に進化したと言われてますが、何で今も猿は猿のままなのか、シーラカンスに至っては4億年も進化していないのか。民族の特性も能力も、そんなに急激には変化するはずがありません。
 日本人は昔から日本人、朝鮮人は昔から朝鮮人なのです。
 とにかく、島国で資源が殆ど無い国土の日本人は取捨選択の能力に優れ、これはこのようにすれば使い勝手が良くなる。このように調理すれば美味くなるなどと改良・改善して身の丈に合った道具やシステムを構築した結果が、現在の日本なのでしょう。この改善や工夫で品質を良くする知恵は今も昔も今後も変わらないはずです。
 分かり易く食べ物で説明するなら、海外から伝わった、天ぷら、カレー、中華ラーメン、キムチ、パン、パスタ等々は全て、オリジナルを超えて美味いと言われています。
 日本人は縄文の昔から日本人なのです。
 戦争や民族大移動によって、中国大陸や朝鮮半島のように民族が入れ替わらなかったことはだけは幸いでした。
 

|

2015年12月18日 (金曜日)

ゆすりタカりが得意技の「韓国」

 ゆすりタカりが「得意技」、捏造、盗用、偽造、詐称が「伝統芸能」、更に強姦、強盗、放火が「国技」、瞬間的に着火するヒステリーは「国民病」と言われている国です
 揺すりタカりが得意な暴力団や犯罪者に、一度でも弱みを見せて「カネを出したり、謝ったりすれば付け込んで来る」ことは常套手段ですが、これに一番近い国が「韓国」でしょう。
出来れば、こんな国とは、国交断絶、一切の援助を断ち切るのが、上策と思いますが・・・・20151218image1

|

2015年11月16日 (月曜日)

韓国は、竹島問題を遠ざける作戦だ

 韓国は、従軍慰安婦問題で大騒ぎして、誰が何処から見ても韓国が不利な竹島問題を遠ざける作戦です。003200_
 日本国民は、その作戦に惑わされてはなりません。
 先日の11月11日(水)のプライムニュースは、自民党の新藤義孝議員と元駐韓国日本大使の武藤正敏さんが韓国問題を話し合っていましたが、表に出ていないことを暴露しており、とても面白い番組でした。
 まず元駐韓国日本大使の武藤さんが、韓国に赴任すると日本の社会党の議員が元慰安婦を連れて大使に会いに来たそうです。
 元慰安婦だという老婆は日本の大使館に来ると、いきなりスカートをまくり「ここにパイトク(梅毒)をうつされたんたよ!」と言われたそうです。それを見て聞いた大使は、「ひどいところに来た」と思ったそうです。
 そんなことを朝鮮人は平気でやる民族なのです。
 また、毎週水曜日になると日本の大使館前で挺対協という組織が演説をやるのです。一番先端に元従軍慰安婦が2人くらい並び、その周りを300名くらいの人が取り囲んで、日本の大使館に向かって「青春返せ」、「人身売買やめろ!」とか、わけのわからないことを叫んで嫌がらせをされたことなどを語っています。
 そして、この二人の話を聞いてますと、従軍慰安婦問題は竹島問題とリンクしていることが分ります。つまり、竹島問題で不利と思っている韓国は、従軍慰安婦問題で大きく騒いで、竹島問題を遠ざける作戦を感じさせます。とにかく、韓国には、「助けない、教えない、関わらない」の「非韓三原則」を貫くべきです。そして、韓国との約束は簡単に反故にされることも念頭に置くべきで、次の大統領になれば、「その話は前の大統領がしたことで私は納得していない。」と蒸す返すことは通例で、元の木阿弥になることは明白です。

韓国 従軍慰安婦 2015年11月11日
◆ 新藤義孝 × 武藤正敏
▽武藤前駐韓大使が読む ”慰安婦問題交渉の行方 & 誠意の意味と受け止め” https://youtu.be/UGTqOpJ77Hg

|

より以前の記事一覧