カテゴリー「01 ごまめの歯ぎしり」の443件の記事

2017年10月17日 (火曜日)

衆院選後は改憲論議が高まる?

 今回の衆院選は、改憲問題の行方を左右する重大な選挙になると見られています。20171017_image
  その火付け役は、民進党議員を仕分けして、主に改憲派を「希望の党」に合流させた小池百合子代表と、それを裏で演出したと見られる民進党の前原誠司代表の功績と思いすます。
 国民から見放されたどうしようもない民進党は、共産党と連携しようと画策する左派グループを切り捨てることで、これまで分かり難かった永田町の構図がクッキリと色分けしてくれたことは、有権者には有り難いことです。
  立上げ当初の「希望の党」は、一院制を目指すと公言するなど、改憲論議を避けない姿勢が注目されていましたが、「憲法九条」をどうしたいのか「自衛隊への立ち位置」など未だに不明なこともマイナスイメージです。自民党は安倍晋三首相が5月に示した「憲法9条への自衛隊明記」と言うたたき台を見せましたが、このような一定の立ち位置を見せてくれないと支持を得ることは出来ないでしょう。投票まで残り五日ですが、ここに来て「希望の党」への追い風は微風との見方であり、起死回生の手はあるのか。
 せめて、70~100議席程度は欲しいはずです。

| | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日曜日)

自国を尊敬する国民と馬鹿にする国民

 自分の生まれ育った国をバカにする日本国民が多いことは残念Imageなことです。
 日本は終戦後GHQにより、日本の指導層である政治家、教育者、マスコミ、宗教界などから愛国心の強い人間を排除し、左翼思想の人間を大量に重用した歴史があります。戦前の日本人は、国を護る意識が強い国民と見て、再び、強国になって戦争への道を歩むとして、教育やマスコミを使って日本人の愛国心を徹底的に低くする戦略によって、見事に洗脳されてしまったようです。
 ところで、アメリカの各学校や公式行事、スポーツの開会式などでは、国旗規則により「忠誠の誓い」を合衆国国旗に顔を向け、右手を左胸の上に置き、起立して暗誦しなければならないと定められているから面白いものです。先日も、ある芸人が「愛国心なんかないですよ」、「日本の為に死ぬつもりなんかないですよ」とテレビで堂々と語っていましたが、こんな国民が繁殖している現実にガッカリするとともに、マスコミや教育の影響は大きいと感じています。 
■The Pledge of Allegiance/アメリカ憲法の”忠誠の誓い”   
  https://youtu.be/FRTOq5Dwgzc

| | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月曜日)

加計問題が一から理解出来ます

 いわゆる「加計学園問題」の何たるかは、この閉会中審査(参議院)の青山繁晴氏の質問と、加戸元愛媛県知事の発言が全てではないのかと思われます。
 それを、ヤヤコヤしくしているのが、前川・野党・マスコミでしょう。
国会中継【自民党・青山繁晴】加計学園問題『前川喜平』前次官
 参考人招致【参院文教科学委員会・内閣委員会連合審査会】2017年7月10日    https://youtu.be/EzT2cTzegJw

| | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木曜日)

大東亜戦争は日本が勝った

 H・ストークス著「大東亜戦争は日本が勝った」の原典本とも言える、安濃豊著、「有色人種を解放した大日本帝国」が無料公開されています。

■H・ストークス著「大東亜戦争は日本が勝った」の原典本
  https://youtu.be/68IlyrhP8gk Image3

『戦争犯罪国はアメリカだった!①』加藤清隆 AJER2016.10.28(1) https://youtu.be/1z-Y6jSqvPA

| | トラックバック (0)

2017年3月31日 (金曜日)

籠池の弁護士も逃げ出すほどの虚言癖

 このページは、下段のブログからコピペして拡散したいと思います。
■「2017-03-24 中杉弘の徒然日記 」で
 http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12258979674.html
 籠池は日本人ではない可能性がある(在日か!?)
 森友学園の籠池という人物は名前を3つくらい使っています。通名だから3つ使っているのでしょう。今、話題の森友学園の話です。僕の本音は「いい加減にしてもらいたい」ということです。ここで言っておかなければいけない大事なことがあります。僕のブログに書き込みしてくれた人がいます。
籠池の弁護士も逃げ出すほどの、籠池の虚言癖
昭和天皇が森友学園に来園した→ ウソ (宮内庁が否定)
安倍首相が森友学園に来園した→ ウソ
・財務局から10日間身を隠してくれと言われた→ ウソ(その電話を受けたとされる顧問弁護士は否定し辞任)
・安倍首相と政治家たちの居酒屋会談で会った→ ウソ(発信元は民進会派の舟山議員と日刊ゲンダイ)
・稲田大臣と感謝状贈呈式で会った→ ウソ(発信元の赤旗が籠池は式に出席してなかったと後日謝罪)
・麻生大臣と2回会った→ ウソ
・大阪府に提出した契約書→ ウソ
・国交省に提出した契約書→ ウソ
・関西エアポートに提出した契約書→ ウソ
・籠池は総務省に入省した→ ウソ
・籠池は関西大学法学部卒→ ウソ
・竹田恒泰から森友学園が推薦された→ ウソ(竹田は推薦を断ったのに捏造推薦文と写真を勝手にHPに載せられた)
・無断で安倍首相の名前を使って寄付を集める
・籠池は3つの通名を使い分けた
・安倍さんから寄付を受けた→ 寄付金名簿に名前無し
・安倍晋三記念小学校という名称は安倍から許可された → ウソ
・認可申請書では入学希望者は45人→ ウソ(実際は5人)
・籠池泰典の名刺には「日本会議大阪代表→ ウソ(平成22年に退会)
コピペ 2017-03-21 12:03:47
 1つや2つのウソはありますが、すべてウソです。こんな人間がいるのです。これだけウソをついている人間は普通ではありません。虚言症の病気です。籠池が「日本人である」ということも多分ウソです。このやり方は朝鮮人です。みんなウソなのですから、「日本人である」ということもウソに違いありません。関西大学法学部卒業だと言っていますが、それもウソです。これは多分、誰かが調べたのでしょう。「お前、関西大学の法学部にはいなかったではないか」と言われると「間違えました。商学部でした」と、多分、このようなウソをついたのです。恐ろしいウソつきです。このウソつきが教育勅語を児童に教えたというのでしょうか? 大馬鹿野郎です。教育勅語のどこに「ウソをつけ」と言っているのでしょうか。教育勅語は「ウソはいけない」ということを教えています。

| | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水曜日)

原爆を使用できない兵器にした天皇

 核兵器を使用できない兵器にしたのは、昭和天皇が「終戦の詔勅で、「敵は原爆という残虐な兵器を使って、罪のない人々を殺傷しはじめた。2017329imageこれはどれほどの災禍が及ぶかわからない。このまま戦争を続ければ、日本という国はなくなってしまうだろう。さらには人類文明そのものを破滅させるにちがいない。そこで私はポツダム宣言を受け入れて(まだ負けていない)戦争を終結することに決めた。」と内外に示したことが、以後の戦争で核兵器を使用出来ない兵器にした最大の要因と見ています。
 ところで3月27日、核兵器を法的に禁止する条約制定を目指す交渉が国連本部で開始されたのに、核兵器の保有国は参加せず、被爆国として核廃絶を訴えてきた日本も参加しないそうです。
 交渉に参加しない米国のヘイリー国連大使は、「北朝鮮がこの条約に同意すると信じる人がいるだろうか」と述べ、核兵器を放棄できない姿勢を強調しています。
 しかし、禁止条約締結や参加しない核保有国の立場より、昭和天皇の核兵器使用への危惧を示した、「人類文明そのものを破滅させるにちがいない」と語った言葉の方が、より偉大で効果があると思っています。
 ところで、アメリカは東京大空襲をはじめ、広島・長崎に原爆を投下し、国際法で禁じられている民間Photo人を大量に殺戮した重大な戦争犯罪国家であることは明白であり、東京裁判ではアメリカが犯した重大な罪を、日本に戦争責任を押し付けたい意図があったことも忘れてはならないことです。
■8分半で自虐史観がとける魔法の動画(Another Version)
 https://youtu.be/LNmBFR1oMtw.

| | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土曜日)

勉強しよう「戦後日本の左翼史」

 日本人でありながら、日本国家存続と植民地化されたアジアの解放のため00000449134に命を捧げた英霊の方々を「侵略した」「間違いだった」などと平気でバカにする人達がいます。これは全て、占領軍GHQが押し付けた「東京裁判という茶番」を受け入れ、GHQの手先となって、教育、報道、政治、宗教、労働組合、芸術、スポーツ等々、あらゆる手段を利用して、日本国民が刷り込まれてきた結果です。
 第二次世界大戦後は、世界を二分したアメリカを盟主とする資本主義・自由主義陣営と、ソ連を盟主とする共産主義・社会主義陣営との対立構造から、その狭間に位置する日本は東西から自陣営に取り込む工作が激しさを増していました。
 それが1991年のソ連崩壊後は、対立構造が弱まると期待されましたが、なんと靖国問題、慰安婦問題、日本のアジア進出を「侵略」としたりとシッカリと生き残っています。
戦後日本の左翼史
https://youtu.be/_oZnkR7aKVE

Image13

Image8Image7



Image9
Image10
Image11
Image12
Image4
Image5
Image6

| | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土曜日)

外国人参政権賛成の都知事は問題

 明日31日(日)は、東京都知事選の投開票日ですが、首都東京をダメにするような候補者は絶対に選んではいけません。Image
 主な候補者の外国人参政権への立ち位置は
小池百合子候補「国防上、明確に反対
増田寛也候補「過去に賛成したが、民意次第
鳥越俊太郎候補「賛成、10年で付与する
と分かり易い考えです。
 外国人参政権がなぜ問題なのと整理しますと、
 「合法的に内政干渉を許すことになる」、
 「日本の政治は日本人が責任をとるべき」、
 「外国人の票を期待する党が結成されるおそれ
 「第一憲法違反だ」と考えられています。
 7月14日BSフジ「プライムニュース」で主要3候補は、「外国人地方参政権」について質問されて、0000114da8_2
 小池候補は、「私は外国人参政権に明確に反対です。ある種の意図を持った組織が(国境の人口の少ない島などに)介入してくる。人口を一気に増やしたとき、どうなるのか。国防の観点から、たとえ地方参政権であれ、たとえ納税者であれ、私は反対です」と言い切っています。
 増田候補は、「地域のコミュニティーでの意向を重視していくべきだ。岩手県知事時代、私は県民の意見を聞いて『賛成だ』と言った。都民の意見を聞くと、反対の意見の方が大変多い。そういった意見に従うべきと思う」と曖昧な態度で語っています。
 鳥越候補は、「米国でも一定の年を過ぎて資格があれば市民権が得られます。それと同じように、日本でも例えば、10年住んでいれば参政権を得られるようなシステムを作る必要はあると思いますね」と、賛成する意思を明確にしています。

|

2016年6月18日 (土曜日)

その候補者に国を背負う覚悟は?

 舛添都知事の辞職表明に伴い、次期都知事候補選びが急ピッチのようです。
 どのような人材が適任なのかと、各党、マスコミ、また口の悪い巷のスズメ達も自薦・他薦の名前を挙げては、こき下ろすような昨今です。このような折り、戦後日本の教育の欠落を指摘して、都知事や国会議員に「国を背負う心、人を背負う心があるのか」と、青山繁晴氏の説得力のある発言に目が留まりました。Image1
 来月の都知事選や参議院選では、本当に「自分は国家の為にこれをやりたい」という決意を持った人物かを見極めたいものです。しかし、権力欲や名誉欲が満々の人物ばかりの中から、本当に国を背負う心、人を背負う心と能力・資質・器量を合わせ持った候補者を見つけることが出来るのでしょうか。
 残念ながら、日頃の言動や経歴からしかその信念を見極める以外になく、判断を間違えると単なる右翼思想の持ち主だったということになります。
----青山繁晴氏-----
 「(日本の)教育に、何が一番欠けてるか。特に、世界を歩いてきて痛感するのは、敗戦後の日本教育に一番欠けてるものは国を背負うことがないんですよ」、「模範解答に合わせざるを得ないっていうのはどこの国の教育でもあるんですけど、自分以外の、僕はあえて断言しますけど、全ての国の模範解答の中には、君も国を背負えいざとなったら人のためには自分を抑えてでも生きませんかというのが、必ず模範解答の中に選択肢としてはあるんですよね」、それが 「日本だと、それは敗戦後、右翼の話だと、いうことになっていて、いわば、いざとなれば、人のために自分を抑えるっていう清々しい生き方っていう教育がないんですよ。」と嘆いています。
舛添要一」~人間ここまで卑しくなれるのか!戦後日本の欠落した教育「国を背負う心人を背負う心
 【青山繁晴】https://youtu.be/mGyDDrEid1c

|

2016年5月28日 (土曜日)

舛添氏は弁護士費用も政治資金で払え

  舛添知事は、日常の買い物や家族の食事、散髪代、ヤフオクの美術品落札、家族旅行、自動車購入など全て政治資金で支払っていた疑惑に、「政治活動に必要な物品や食事だった」などと答えています。
 なんでも政治と結びつければ、政治活動と言えるのだから便利なものです。
 それなら、今回依頼した弁護士二人の費用も政治資金で支払っていいはずです。
 もし、本当に自分で費用を支払うなら、これまでと整合性がとれないくなります。
 セコイなら、最後までセコイを貫いて欲しいものです。
 湯河原の公用車通いも、家族との旅行や食事も、ヤフオクなども同様です。
 そして、「首都の恥」、「日本の恥」、チンケ、コソドロ、セコイ、シミッタレ、ショボイ、ケチ、銭ゲバ知事として、歴史に名を残せば本望でしょう。

  舛添知事、調査の具体説明なし 資金疑惑「すべて『クロ』ではない」
  http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201605/CK2016052802000119.html
東京都の舛添要一知事は二十七日の定例記者会見で、自らの政治資金流用疑惑に関して「すべてが『クロ』ではないし、疑惑でも何でもないと思っているものもある」と語った。ただ、「私が言っても信頼を失っているので、弁護士による調査結果を待ちたい」と語り、この日も具体的な説明はしなかった。

舛添要一」知事記者会見!「全てがクロではない」!
【東京都知事定例記者会見 2016年5月27日】
https://youtu.be/YvfntzFmqLU

|

より以前の記事一覧