カテゴリー「10 酒田市の関連情報」の92件の記事

2016年11月24日 (木曜日)

注目の贈り物は全て山形県の企業

 安倍晋三首相は11月17日(日本時間18日)、ニューヨークでトランプ次期大統000082258領と会談した際に、安倍首相がトランプ氏に贈ったのが、「本間ゴルフ」の最高級ドライバーで完全オーダーメードのオンリーワンクラブ「 BERES S-05 5S」(シャフト=ARMRQ∞48)(54万円)だと話題になりました。  「本間ゴルフ」山形県酒田市宮海字中砂畑27-18.  ☎0234-33-7057
 山形産は、これだけではありません。
 2009年12月、米国のオバマ大統領がノーベル平和賞の授賞式でミシェル夫人が身に着けていたのは、エレガントな黄色のカーディガン。この服に使われているのは山形県寒河江市の佐藤繊維が作った糸でした。「夫人がこ000ninaricci_prssrelease091210のカーディガンを着てくれたのは大統領就任式に続いて2度目。愛着を持ってくれていると分かり、本当にうれしい」。佐藤正樹社長は顔をほころばせていました。
  「佐藤繊維」山形県寒河江市元町1丁目19−1 - 0237-86-3136     http://www.satoseni.com/index_j.html  
 また、2013年2月22日日米首脳会談のお土産にオバマ大統領が指名したのは、山形市の「山田パター工房」(社長・山田透)が製造する「山田パター」でした。この「山田パター」は、世界最少スコア「55」をマークしたライン・ギブソン(豪州)が愛用しているとして一躍話題になっていましたが、山000000498田透社長(57歳)が創業して、社長自身が1本1本手作りしている作品だそうです。 「山田パター工房」 〒990-2445 山形県山形市南栄町2丁目13
 電話 023-674-8785. Fax:023-674-8786
 さて次は、安倍首相は出身地である山口県下でプーチン大統領との会談が行われますが、どんなプレゼントを準備するのでしょうか。
これまでは
2013年4月 スキーウエアと板
2014年10月 釣り道具00rian_02361256_hr_ru_l
2015年10月 獺祭(だっさい)(日本酒)と萩焼のぐい飲み
2016年5月 ロシア人宣教師ニコライの日記と双眼鏡
2016年9月 鎧と兜
 が贈られているそうですが、特に話題になった物は聞きません。せいぜい、秋田県の佐竹敬久知事が、2011年3月に東北地方で大規模な地震と津波が発生した際、ロシアが被災地を支援したことへの礼として、秋田犬の「ゆめ」をプレゼントしたことでしょうか。

| | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火曜日)

酒田市豊原の「善治日誌」のこと

 今、大場正己著の『善治日誌』を読む-明治26~昭和9年、山形県庄内平野における一農民の「働き」の31記録を読んでいます。「善治日誌」とは、飽海郡本楯村大字豊原(現・酒田市本楯)の農家、伊藤巳之助(家号勘助)の二男として明治11(1878)年に生まれ、同じ村の後藤丹蔵家に婿養子に入った後藤善治が明治26年15歳から書き始め、1日も休まずに昭和9年までの42年間の長期にわたって書き綴った日記のことです。
 この日記が話題になったのは、昭和30年前後のことだそうですが、小生が知ったのは高校当時の昭和40年代初めに教師から、「日記も長く続ければ、その人や家族だけでなく地域の宝物になる」と「善治日誌」のことを教えられたことからでした。
  再び話題になったのは、「山形県庄内平野における一農民の日誌 明治26-昭和9年」が発刊された昭和52年ころで、豊原の隣村で母の実家・草田の酒田市役所を退職していた祖父から「農林省の人達が大勢で、善治日記の裏付け調査にここにも来たぞ」と教えられたことでした。
  それが先日、妻の叔母の嫁ぎ先の豊原村の後藤家で不幸があり訪問したのですが、なんと、この家が「善治日誌」を書いた善治が婿入りした「丹蔵家」とは知らずにいたのですから浅はかなことです。Img_6788
 なお、『善治日誌』を読むの著者・大場正己氏は「豊原研究会」のメンバー12名のうちの一人で、元釧路公立大学の教授で西東京市にお住まいだそうです。
 農林省農業総合研究所「豊原研究会のメンバー」は、相川良彦、磯辺俊彦、宇佐美繁、宇野忠義、大場正己、金井晃一、金子つる、川口諦、杉山茂、陣内義人、武田勉、豊田隆Toyoharai_mage0145

本楯の『善治日記の世界』: 多摩湖畔日誌Image7Image5Img_6795

| | トラックバック (0)

2016年9月 6日 (火曜日)

9/10~12「天皇・皇后両陛下」酒田へ

 去年の7月18~20日には秋篠宮両殿下並びに悠仁親王殿下が遊佐町杉沢Imageや遊佐町吹浦の牛渡川に私的な旅をされましたが、今年の9月10~12日には天皇、皇后両陛下が酒田市や鶴岡市に行幸啓なされます。「第36回全国豊かな海づくり大会」に御臨席されるためです。
  両陛下の予定は
 10日午後に、特別機で庄内空港に到着され、鶴岡市の加茂水族館を見学した後、同市内である歓迎式典にご出席されます。
 お宿は湯野浜温泉で最も由緒ある旅館『亀や』のはずです。
 11日午前は酒田市民会館で開催する大会式典にご臨席され、午後は鶴岡市の鼠ケ関港での海上歓迎行事に参加し、稚魚を放流されます。
 12日は旧庄内藩士が開拓した鶴岡市の松ケ岡開墾場をご視察された後、鶴岡アートフォーラムで会食し、午後に帰京されます。
 なお、「山形県民の歌」は昭和天皇(当時は東宮殿下)が大正14年(1925)10月14日酒田へ行啓されたとき読まれた歌です。
 “広き野を 流れ行けども 最上川 海に入るまで 濁らざりけり

追記★2016.9/10放送 NHK民放各社ニュース 第36回全国豊かな海づくり大会~やまがた~ ご臨席される 天皇皇后両陛下がご来県★ https://youtu.be/L1pjxooRfwI 秋篠宮ご一家、遊佐町に私的な旅
http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-00da-1.html

山形県民の歌は昭和天皇作詞
   http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-bbcb.html00000028umidukuri1

|

2016年8月 4日 (木曜日)

懐かしい酒田の「三日月軒」中町店

 8月4日(木) フジテレビの「国分太一のおさんぽジャパン」が11:25~11:30 放送され山形県酒田市のラーメン店「三日月軒中町店に立ち寄っていました。Sakatamage_3
  このラーメン店は、酒田市内でも老舗のはずで、小生が始めてこの店に訪問しラーメンを食したのは昭和42年10月のことです。何故記憶しているかと言いますと、ある就職試験の一次試験の帰りに同じ試験を受けた高校の同級生数人と立ち寄ったからで、同級の一人から「美味いラーメン屋がある」と案内されたからでした。結局、このラーメン店に寄った5~6人からは、案内した同級と二人だけが一次を合格し、更に二次も通過した縁起のいいラーメン店になったのです。
 その後、成人してからも幾度か立ち寄ってはいるのですが、この00image_4店には駐車場がないことから、車で動くようになってからは縁遠くなってしまいました。
 それでも、長く気になっていた店です。
 国分太一が食したラーメンは、酒田を代表する魚出汁のスープのはずです。ここのところ、都合があって毎月数日は帰省しておりまして、先月は高砂町の三日月店に寄ったので、今月末に帰省する際は、久しぶりに「三日月軒」中町店に立ち寄ってみたいと思います。
 なお、酒田市の「三日月軒」は、中町店のほかに、東中の口店、駅東店、今町店、相生町店、高砂店があるはずです。どの店が一番古いのかや、のれん分けなのか、味の違いなどの情報は知りません。
 「中町店」は、住所:山形県酒田市中町2-4-7 電話:0234-22-2162
 この店以外は駐車場があったはずです。

|

2015年2月 5日 (木曜日)

3B(ThreeBond)の理念を忘れるな!

 「スリーボンド」の鵜久森一郎元会長(67)が、税務調査を受け、2013年までの5年間で所得計約二十数億円の申告漏れを指摘されたことがニュースになった。5年間でこれだから、もっと遡ったら数倍の100億円程度は間違いないはずだ。

 Image
 株式会社「スリーボンド」は、八王子市狭間町1456に本社を構え、日本国内に留まらず世界中に支店・支社を持つ優良企業と見ている。かつては八王子本社に知人が勤めていたが、今は酒田支社(酒田市本町1-2-52)に親戚が勤めるなど関心をもっていた。
 社名「スリーボンド」、3B(Three-Bond)の意味は、
Big Dream~大きな夢、■Big Think~大きな考え■Big Action~大きな行動
を実現する会社でありたいと.頭文字の「B」三つをとったという。
 また、創業理念も三つで、
■仕事を通じて愛を実現する。
■仕事を通じて人類社会に奉仕する。
■仕事を通じて魂の向上発展をはかる。
 さらに、創業者も3名でその3名の結束(Bond)という意味からも「Three-Bond」という社名にしたというから、結束⇒団結⇒接着などと企業の売り文句をイメージしたことが伺える。
 これには、創業者・鵜久森税氏の創業時の高い志が反映しているのであろう。
 創業者の鵜久森氏は昭和30年当時に江東区で、自動車から路上に垂れ落ちるオイルを見て「この油漏れを防ぐことができれば・・・・・・」と「東京スリーボンド」を自動車関連の接着剤で創業したが、今では、工業用シール剤・接着剤の分野では、国内では並ぶところがない超有名一流企業に成長した。
 この「スリーボンド」の元会長・鵜久森一郎元会長(67)が、東京国税局の税務調査を受け、2013年までの5年間で所得計約二十数億円の申告漏れを指摘された。
元会長は、海外居住と偽り日本で報酬を申告していなかったが、国税局は、同氏の渡航記録や滞在日数などから日本居住と認定したとされる。
 丁度、二年前には山形県酒田市にある「株式会社 庄内タイヤ」が脱税で摘発されたことがあったが、税金を払うも社会貢献の一つだ批判した。
 今回は酒田支社には関係ないと言うであろうが、利益の一部が会長に流れていることには間違いない。また、「スリーボンド」は非上場会社のようだが、このような会社は、オーナー一族が支配しているとみられ、国税局の目に留まったのでであろう。
 きっと、相続税対策から、今回のような脱税に走ったものとみられるが、創業理念はの三つは、社員や表向きのもので、
 ■仕事を通じて私腹を肥やす。
 
という第四の理念が裏にあったのであろう。
 それに、Big tax evasion大きな脱税を加えたら、「B4では社名と矛盾する。
 やはり、税金を払うことも大切な社会貢献であると、企業トップ自らのコンプライアンス(=遵法精神)の尊重が指摘される。

|

2015年1月30日 (金曜日)

朝鮮総連建物は22億を44億円で転がした

 思わぬところから山形県酒田市の名前が出てきたものだ。
 なんと、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部(千代田区)の土地・建物を約22億円で落札した不動産関連会社のマルナカホールディングス(高松市)が、今度は、山形県酒田市の不動産会社グリーンフォーリスト44億円で転売する契約を結んだという。
 仲介は元参院議員・山内俊夫経営の山内不動産だ。
 「グリーンフォーリスト」は、酒田市大浜1-3-14の殆ど人気のない海っぱたにあるが、普通イメージする不動産会社と全く違い実に胡散臭い。
 調べると、グリーンフォーリストの電話は
 「(株)グリーンブルー」 酒田市御成町14-19-301 0234-35-1331と同じで、グリーンブルーはNPO北日本木材資源リサイクル協会所属らしいが協会HPの4年前の会員一覧情報にグリーンブルーは未登録だ。
 今言えることは、この「グリーンフォーリスト」が正体不明で薄気味悪いこと。
 この辺りから、北朝鮮と連絡を取っていたのだろうか。
 すぐ隣には、酒田市のマリーナもある。

Image1

株式会社グリーンフォーリスト 山形県酒田市大浜1-3-14

https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92998-0064+%E5%B1%B1%E5%BD%A2%E7%9C%8C%E9%85%92%E7%94%B0%E5%B8%82%E5%A4%A7%E6%B5%9C%EF%BC%91%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%93%E2%88%92%EF%BC%91%EF%BC%94/@38.9244761,139.8198105,17z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x5f8e9e7a002ae7fd:0x99c0fda4ddb48aee

|

2015年1月12日 (月曜日)

薩摩の味漬「麦みそ漬け」の紹介

 山形県鶴岡と鹿児島は兄弟都市として長年友好を育んでいる。
 兄弟都市になったキッカケは、戊辰の役に敗れた庄内藩は会津藩同様の厳しい処罰・処遇を覚悟していたが、西郷南洲翁の寛大な措置に感動した。この南洲翁の人徳に心服した藩主酒井忠篤公以下の庄内の人々との「徳の交わり」が、鶴岡と鹿児島の交流の始まりとなった。「西南の役」の折には、庄内藩からも薩摩軍に応援に駆けつけたほどだ。
 その後の友好関係のことは、このブログでも幾度となく紹介している。
南洲神社は酒田にもある: 多摩湖畔日誌
西郷隆盛と「庄内藩」の交流を紹介!: 多摩湖畔日誌
「西郷どんの教え」の元は庄内藩: 多摩湖畔日誌

 さて、個人的にも鹿児島県出身者とは何名かと親しくして頂いているが、残念ながら、庄内地方と、このような裏事情があることを鹿児島の皆さんは殆どご存じない。
 もっとも個人同士が親しくするのに、いちいち150年前の昔話を持ち出して恩に着せたり着たりする必要はない。000000020
 きっと、元々の気性の相性がいいのであろう。
 昨日は親しくしている一人から、
 鹿児島の漬け物「薩摩の味漬」をいただいた。
 日本の漬け物は、欧米のチーズに匹敵すると言われ、長い歳月がその地方独特の味を醸し出しているものが多い。「薩摩の味漬」は大根を甘いみそ味で漬けたものだったが、この味が遠征する薩摩武士の強さの秘密だったのかも知れない。
 山形県庄内地方も漬物王国と言われているが、かつての恩讐を超えて「漬物対決」ならあってもいいではないか。
 「薩摩の味漬」の大根はカレーに添える福神漬けに近い味がしたので、同じように試してみようと思う。

Image
http://www.uezonoshokuhin.com/profile.htm
  会社名 :上園食品株式会社
 所在地 :〒899-5102 鹿児島県霧島市隼人町真孝字松山3344-1
 電話 :0995-42-6969  FAX :0995-43-1160
 E-mail :info@uezonoshokuhin.com

|

2014年12月20日 (土曜日)

逆に見舞客を励ますのがリーダー!

 「自分が入院していても、見舞客を逆に励ますのがリーダーの務め、決して弱音を吐いてはならない」、また別の機会には「リーダーが遭難すると、組織は糸の切れた凧になる虞がある」とも教わった。
  いずれもトップに課された具体的厳しさだが、
 トップリーダーの健康状態や判断能力低下は企業業績に大きな影響を与えることを示唆し、トップは常にモチベーション(Motivation)を高くして、業務全般を指揮しつつ、トップセールスマンとして奔走し、業績や売上げアップを目指すことを期待される。
 それだけにトップの健康状態は重要だ・・・・・Image
 さて、咽頭がんの手術を受け、声帯を切除したため電気式人工咽頭(人工声帯)を使っている山形県酒田市の本間正巳市長(67)のことが話題になっている。酒田市議会の一部会派が辞職を求めようとしたところ、インターネット上などで批判される騒ぎとなった。
 一般的には、体調を壊しても、リーダーとしての役割を果たし続けるには、日頃から右腕になる側近を育成していたか、影響力を組織の末端まで行き届かせていたか、かつ公民の場合は選挙民の理解がカギになるはずだ。
 酒田市長の場合、この側近育成や組織への影響力、住民の理解などを知らないので、軽々に意見は述べない。
 ただ、一般的に言えることは、組織のトップは、組織の顔として最前線で精力的に活動すべきであり、痛々しい印象では全ての面で後れをとることになる。結びとしては、健康を政争の具にすべきでないし、ただただ冷静に淡々と判断すべきことと思う。
 小生なら周りに面倒・迷惑かけていると自覚・判断した時点で身を退く・・・・・・

酒田市長辞職勧告案、検討求める 市議会第3会派、他会派は同意せず
声帯を失った元議員勝訴の裁判例がある
本間市長自身は「全国で例のない『声のない市長』だと思う」
本間市長「正直、治療はつらいものだった」 復帰、拍手で迎えられ登頂

|

2014年12月 8日 (月曜日)

保守分裂の激戦地「山形3区」が熱い!

 「寄らば大樹の陰」の加藤鮎子氏と「古里を守る」の阿部寿一氏の戦いが熱い。
 衆院選投開票まで6日、初雪の便りも聞かれる山Image形3区だが、無所属で前議員・阿部寿一候補(55)と、自民新人・加藤鮎子候補(35)が事実上の一騎打ちと、8日付け産経新聞が報じた。
 自民・谷垣禎一幹事長は公示翌日3日には、加藤鮎子候補(35)応援に酒田市に駆け付けた。谷垣氏は加藤氏の父紘一氏の「加藤の乱」では、涙ながらに引き留めたことが有名。また、小泉進次郎復興政務官が4日、鶴岡市入りし、「35歳の加藤鮎子氏と33歳の私。同世代の我々が自民党と日本の未来をつくっていかなければならない」と街頭で支援を呼び掛けた。
 迎え撃つのは、前回、1400票あまりの小差で加藤紘一氏を破った無所属で前酒田市長の阿部寿一候補(55)だが、酒田市長を13年5カ月務めた実績で培った人脈、政治経験、知名度が武器だ。
 安倍候補は、「みんなが住み続けられるふるさとを作るため。地方のハンディをなくし、魅力ある職場をつくる。よりよくして次に受け渡したかった。人には任せられない。自分がやりたかった」と語る。
 阿部陣営には、
 酒田市議の半数以上、15人が加わり、演説会でも酒田市議会議長を含む市議、隣接する遊佐町長、町議らが応援するというが、保守分裂の激戦を繰り広げられている。
 今回は自民の力の入れ方は尋常ではない。
 正に、「寄らば大樹の陰」の加藤氏と、「古里を守る」の阿部氏の戦い、あるいは 、鶴岡圏と酒田圏の戦いとみることもできる。
 地元でも票読みは最後まで難しいのでは・・・・・・

2014128image

|

2014年11月10日 (月曜日)

公益大生殺害、11月10日初公判

 昨年5月29日(水)山形県酒田市高見台2丁目のアパートで発Sakata_1覚した、東北公益文科大2年の設楽亮介さん(当時19)殺害事件で、同大の元学生(20)の裁判員裁判初公判が事件から1年半ぶりに、今日11月10日、山形地裁で開かれるそうだ。 
 事件があったアパート近隣には親戚があり、発生当初から関心を持っていた。
 犯人と被害者は、小・中学・大学と同級で、実家も近隣と幼馴染と言われる。
 二人の成長過程で、ライバル意識から「ひがみ」「そねみ」「ねたみ」「つらみ」が徐々に積み重なったものか。思うに犯人は、常に明るく振る舞う被害者の設楽君に好意を抱いていた可能性が強いが、何かしらの理由で恨みを持つようになったのであろう。。
 弁護側は、犯行時の責任能力を主な争点とするそうだ。

設楽さんは殺人犯と一緒だった?: 多摩湖畔日誌0000_2013082400442

謎が深まった「酒田市公益大学生殺人事件」: 多摩湖畔日誌

強い愛ほど強い憎しみに変化の虞あり 
  http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-a12b.html

庄内文化学び人間形成 公益大が1年生中心に初導入 山伏修行と禅修行
http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2012:09:18:4910 
 2012年(平成24年) 9月18日(火)Sakata_image2
によると
 ともに1年生で、山形市出身の三浦和樹さん(19)は「足首が痛くてきつかったが、普段はできない体験として面白く、何か得るものがあると思う」、小国町出身の舟山健太さん(19)は「時間などルールがきっちりとしていて、予想より厳しいが、ここでしか教えてもらえない作法などを覚え、とても貴重な体験」とそれぞれ感想を話した。
--------------------------------
■公益大生殺害事件・裁判員裁判始まる 11/10
   
http://www.sakuranbo.co.jp/news/2014/11/10/1110.html
殺人罪に問われているのは、東北公益文科大学の元学生の男(当時19)。起訴状によると、被告の元学生は去年5月、酒田市のアパートで同じ大学に通っていた設楽亮介さんの頭を金属の棒で何度も殴った上、背中を包丁で刺すなどし殺したとされている。山形地裁で開かれた10日の初公判で、被告は起訴事実を「間違いありません」を全面的に認めた。また弁護側は「物事を判断し行動を制御する能力が欠けていた」と心神耗弱を主張した。
 一方検察側は、被告が設楽さんに「寮での人間関係について不満を打ち明けたものの、共感してもらえず嫌いになった」事や大学の図書室から金属製の棒を持ち出し犯行に及んだ事を指摘した。
11日は被告本人への質問が予定されている。

|

より以前の記事一覧