« このような韓国人もいると知った | トップページ | 韓国人教授が暴く反日韓国の嘘 »

2019年8月 8日 (木曜日)

ヘイト(憎悪)行為が表現の自由?

  公共施設で、慰安婦を表現した少女像や昭和天皇の写真を燃やす映像作品などが展示されていた国際芸術祭「あいちImage2トリエンナーレ2019」が開催から3日間で中止となった騒動が続いています。とにかく、どんな言い訳をしても「日本国民の心を踏みにじる行為」「芸術の名を利用した反日活動」を多額の税金を使ってまで展示を許されるはずがありません。それに、芸術だと言えば「表現の自由」の名の下にヘイト(憎悪)行為が許されるのかという問題もあります。
 展示会場を視察した河村名古屋市長は「表現の不自由という領域ではない。多額の税金を使ったところで(展示を)しなくてもいい」、芸術祭を支援する文化庁も「展示内容を精査する必要がある」と常識的な批判をしています。津田大介芸術監督は記者会見で、「表現の自由が相当制限されてきた公共施設で、行政と作家が協議し、自己規制や検閲なしに展示できる実例を示したかった」と説明したという。
 これまで、日本人の韓国批判にはヘイト(憎悪)行為と激しく騒ぐのに、韓国人や韓国を応援する人が何をやっても「表現の自由」で許される傾向がありました。
 しかし、今回の名古屋の「表現の不自由展・その後」では、これまでと違った流れが見られました。そもそも、平和の少女像(慰安婦像)は慰安婦問題に抗議するため、ソウルの日本大使館前に設置されたものであり、日本に対するヘイト(憎悪)のために製造されたものを日本国内で展示されては、反日・売国活動そのものです。
 それから、テレビなどでは少女像のことばかり報じていますが、実際は昭和天皇の写真を燃やして、ガスバーナーで更に燃やして踏みつけるという動画展示のほうが問題が大きいと思います。憲法で象徴とする天皇陛下への侮辱は、日本国民への侮辱でもあることももっと報道すべきです。

|

« このような韓国人もいると知った | トップページ | 韓国人教授が暴く反日韓国の嘘 »

朝鮮半島に関連すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« このような韓国人もいると知った | トップページ | 韓国人教授が暴く反日韓国の嘘 »