« 2019年3月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年6月に作成された記事

2019年6月21日 (金曜日)

G20サミット直前に次々と大事件

  G20サミットの正式名称は「金融世界経済に関する首脳会合」と言い、6月28~29日には、世界の要人がG20_gaiyou大阪に一堂に会することになります。この会議は、世界経済に与える影響も極めて大きな国際会議です。
 この会議で日本が議長国を務めるというのに、13日にはホルムズ海峡のオマーン沖で石油タンカー2隻が攻撃を受けたり、20日にはイラン革命防衛隊がアメリカの偵察ドローンを撃墜したり、20日には中国の習近平国家主席が北朝鮮を訪問して金正恩朝鮮労働党委員長と会談して中国と北朝鮮が急接近したり、また20日午前にはロシア軍のTU95爆撃機が、沖縄・南大東島と八丈島付近で2回も領空侵犯するなど、これ以上ないほどの緊張度を上げています。
 G20サミットの前後には、日韓首脳会談は見送りになったものの、米中首脳会談米露首脳会談、或いは、中露印3カ国首脳会談も開催される見通しです。
 ここ一週間程度の間に、「石油タンカーへの攻撃」、「中国・北朝鮮の急接近」、「ロシア機の領空侵犯」、「米の無人偵察機撃墜」等々、各地で一触即発の状況の中で、議長国・日本は、この緊張をどのように鎮静に向かわせるのでしょうか。
メンバー国は、「アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、韓国、南アフリカ共和国、ロシア、サウジアラビア、トルコ、英国、米国、欧州連合(EU)」
■招待国・国際機関は、「オランダ、シンガポール、スペイン、ベトナム、ASEAN議長国(タイ)、AU議長国(エジプト)、チリ(APEC議長国)、セネガル(NEPAD議長国)、国連(UN)、国際通貨基金(IMF)、世界銀行、世界貿易機関(WTO)、国際労働機関(ILO)、金融安定理事会(FSB)、経済協力開発機構(OECD)、アジア開発銀行(ADB)、世界保健機関(WHO)」

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火曜日)

「マスゴミは身内に甘い」

 飯森裕次郎容疑者の父親は関西テレビの常務という高い立場なのに、テレビなどのマスコミの報道は殆どありません。
 警察官が襲われ拳銃が強奪された大阪府吹田市の事件の容疑者・飯森裕次郎容疑者(33)の父親は関西テレビの飯森睦尚(むつひさ)・常務取締役だと報道各社にコメントを書面で発表しています。きっと隠しきれないと判断したのでしょうが、父親がマスコミ関係者との報道は極めて小さいと思われます。この事件の父親が、もし政治家や芸能人、著名人、警察関係だったら、テレビなど報道陣は、家や職場に押し掛け全国に顔やコメントを晒したはずです。
 これまでも思い出されるのは、高畑淳子の長男・高畑裕太が強姦致傷容疑、みのもんたの次男・御法川雄斗の窃盗、藤田まことの長男・原田知樹の覚せい剤、中村雅俊の息子、中村俊太の大麻、ヒデとロザンナの息子加藤来門の大麻、大空真弓の長男・中田元博の覚せい剤、石田純一の息子・いしだ壱成の大麻、三田佳子の息子・高橋祐也の覚せい剤、清水アキラの三男清水良太郎の覚せい剤使用、ネプチューン名倉潤の兄が殺人容疑で逮捕された事件などがテレビに晒されていました。
  大阪府吹田市の事件の容疑者・飯森裕次郎容疑者の父親は関西テレビ取締役飯森睦尚氏ではないかとの噂がネットで流れていました。関西テレビは、日刊ゲンダイの取材に対し、「16日夜8時ごろ、常務本人から『警察の捜査に協力している』という連絡は受けています」「親子関係かどうかは把握していません」などと曖昧な答えをしたと言います。
  きっと、批判をかわし切れないと判断して、コメントを出したのでしょうが、テレビなどの報道は殆どありません。関テレをはじめ、全てのテレビ局に「マスゴミは身内に甘い」と厳しい批判の声が上がっています。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年8月 »