« 今は常任理事国入りは止めるべき | トップページ | 「マスゴミは身内に甘い」 »

2019年3月31日 (日曜日)

これでは先制攻撃も仕方なしか

 先月2月28日行われた、トランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長の2回目の首脳会談がナゼ物別れに終わったのか。その2019_2_28理由は、アメリカは北朝鮮に対し、全ての核兵器をアメリカに引き渡すよう求めたが、金委員長が「挑発的で侮辱された」と感じたから会談が物別れに終わったと伝えています。
 これは高い分析力を持たなくても、アメリカと北朝鮮は一時休戦しているだけで、今も戦争状態だと知れば当然のことです。例えば、世界一のなならず者に銃を突き付けられているのに、刺激しないようにフレンドリーに接して「銃を渡せばいい物あげる」と言われても「ハイそうですか」と簡単に銃を渡す馬鹿がいるはずがありません。
 核兵器は、銃以上の国家を守る最高に有効な武器と思われているのです。
 それを、新聞テレビなどは北朝鮮が、今にも核を放棄するような「和平ムード」を盛り上げていましたが、こんな事を簡単に期待するのはお花畑に住む平和ボケの日本人だけです。
 当時の新聞記事を拾うと、読売は「「和平」ムード先行を警戒したい」「合意は具体性に欠ける」「圧力の維持が必要だ」とし、産経も「米朝首脳会談、不完全な合意を危惧する」「真の核放棄につながるのか」と疑問を投げかけていることは当然のことです。それなのに、9条改憲派や防衛予算を大幅削減したい左派などは、まだまだ、融和を期待しているように見られます。トランプ大統領は、「韓国などへの甚大な影響を考えれば軍事行動は非現実的との認識を示した。」と述べています。これは、脆弱な日本の防衛体制を指摘したものと思われ、日本が憲法改正など法律を整備して、まず、自国だけでも国家を守る決意が大切なはずです。
 それにしても、北の核放棄は話し合いで解決する問題ではなく、最後は力技で事が進んで行くように見えます。米朝の首脳会談は、国際社会に向けたジェスチャーで「これでは先制攻撃も仕方なし」と納得させる布石のようなものです。それに、占領憲法を改正して、自分の国は自分で守るだけの軍隊を保有したなら、北方領土をはじめ、竹島、尖閣問題、拉致問題、慰安婦問題等々も一気に解決するでしょう。

|

« 今は常任理事国入りは止めるべき | トップページ | 「マスゴミは身内に甘い」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今は常任理事国入りは止めるべき | トップページ | 「マスゴミは身内に甘い」 »