« 日本の原爆は8月12日成功していた? | トップページ | 日本も「ストックホルム症候群か」 »

2019年2月26日 (火曜日)

「二.二六事件」が成功していたなら

 「歴史にifはない」と言いますが、昭和天皇が当時の国民の惨状をご存じだったなら、「二.二六事件」は成功していたのではとの考えがあります。理由は、昭和天皇は昭和58~59年春にかけて放送されたNHKの『おしん』の感想を聞かれ、「ああいう具合に国民が苦しんでいたとは、知らなかった」と語ったことからの推察です。
 そして、「二.二六事件」が成功していたなら戦争は回避したと見られています。
 さて、「二.二六事件」という列島を震撼させたクーデター未遂事件が勃発した1936年(昭和11年)当時の日本の農村は極端に疲弊し、貧富の格差が拡大していました。つまり、農村出身者が多い青年将校の中には、部下の兵の実家や自分達の兄弟姉妹らが貧困から身売りされるなどの実態を何とかして欲しいとの思いが、クーデターのキッカケだったとされます。
 それなのに、無碍にも天皇陛下から反乱軍とされたことは悔しかったはずです。
 天皇陛下には、戦前でも側近や内閣から「内奏」や「上奏」によって、国内外の諸情勢を知る機会はあったのに、正確な情報は伝わっていなかった証拠が、「ああいう具合に国民が苦しんでいたとは、知らなかった」との感想発言です。それに、戦前はテレビなども無い上に、国内を津々浦々に巡幸されてご自分の目で国民生活に触れる機会も殆ど無かったはずです。
 なお、「二.二六事件」の動機は、政財界の「君側の奸」を排除して、自分たちの理想とする天皇中心の新政府を樹立しようとする「皇道派」の陸軍将校らが、当時の岡田啓介首相らを襲撃して、高橋是清大蔵大臣、斎藤実内大臣、渡辺錠太郎陸軍教育総監、牧野伸顕前内大臣を暗殺、更に、警護してした警察官5人も殺害して、首相官邸や国会議事堂、警視庁などを占拠しています。これに対して、昭和天皇が青年将校らを反乱軍とし、「朕自ラ近衛師団ヲ率ヰテ此レガ鎮定ニ当タラン(私自ら近衛師団を率いて鎮圧に当る」と発したことで、一気に沈静化しています。
 その後の陸軍は、統制派が主導権を握り、政治への干渉が一層強まっています。
 二・二六事件の翌年には共産主義者の近衛文麿が総理に推薦されていますが、その内閣の実態は、コミンテルンのスパイ・ゾルゲや元朝日新聞記者の尾崎秀美(ほつみ)らに操られて、ひたすらに戦争への道に誘導されたことは歴史が証明しています。

|

« 日本の原爆は8月12日成功していた? | トップページ | 日本も「ストックホルム症候群か」 »

気になった事件・事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「二.二六事件」が成功していたなら:

« 日本の原爆は8月12日成功していた? | トップページ | 日本も「ストックホルム症候群か」 »