« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月に作成された記事

2019年2月26日 (火曜日)

「二.二六事件」が成功していたなら

 「歴史にifはない」と言いますが、昭和天皇が当時の国民の惨状をご存じだったなら、「二.二六事件」は成功していたのではとの考えがあります。理由は、昭和天皇は昭和58~59年春にかけて放送されたNHKの『おしん』の感想を聞かれ、「ああいう具合に国民が苦しんでいたとは、知らなかった」と語ったことからの推察です。
 そして、「二.二六事件」が成功していたなら戦争は回避したと見られています。
 さて、「二.二六事件」という列島を震撼させたクーデター未遂事件が勃発した1936年(昭和11年)当時の日本の農村は極端に疲弊し、貧富の格差が拡大していました。つまり、農村出身者が多い青年将校の中には、部下の兵の実家や自分達の兄弟姉妹らが貧困から身売りされるなどの実態を何とかして欲しいとの思いが、クーデターのキッカケだったとされます。
 それなのに、無碍にも天皇陛下から反乱軍とされたことは悔しかったはずです。
 天皇陛下には、戦前でも側近や内閣から「内奏」や「上奏」によって、国内外の諸情勢を知る機会はあったのに、正確な情報は伝わっていなかった証拠が、「ああいう具合に国民が苦しんでいたとは、知らなかった」との感想発言です。それに、戦前はテレビなども無い上に、国内を津々浦々に巡幸されてご自分の目で国民生活に触れる機会も殆ど無かったはずです。
 なお、「二.二六事件」の動機は、政財界の「君側の奸」を排除して、自分たちの理想とする天皇中心の新政府を樹立しようとする「皇道派」の陸軍将校らが、当時の岡田啓介首相らを襲撃して、高橋是清大蔵大臣、斎藤実内大臣、渡辺錠太郎陸軍教育総監、牧野伸顕前内大臣を暗殺、更に、警護してした警察官5人も殺害して、首相官邸や国会議事堂、警視庁などを占拠しています。これに対して、昭和天皇が青年将校らを反乱軍とし、「朕自ラ近衛師団ヲ率ヰテ此レガ鎮定ニ当タラン(私自ら近衛師団を率いて鎮圧に当る」と発したことで、一気に沈静化しています。
 その後の陸軍は、統制派が主導権を握り、政治への干渉が一層強まっています。
 二・二六事件の翌年には共産主義者の近衛文麿が総理に推薦されていますが、その内閣の実態は、コミンテルンのスパイ・ゾルゲや元朝日新聞記者の尾崎秀美(ほつみ)らに操られて、ひたすらに戦争への道に誘導されたことは歴史が証明しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火曜日)

日本の原爆は8月12日成功していた?

 「日本の原爆は8月12日北朝鮮で成功していた?」と、当時併合していた地で完成したと東北大学の田中英道名誉教授が教えてくれます。
 日本による原爆開発は、技術的には、1924年に東大の長岡半太郎博士、1934年には東北大の彦坂忠義博士が世界で初めて原爆の原理を発明していましたが、「こんな悲惨な兵器は作ってはならぬ」という昭和天皇の命令で一旦開発は中止、技術はナチスドイツに移転された。皮肉なことに、このナチ製の原爆は、”砂漠のキツネ”との異名をとった名称ロンメル将軍の裏切りによって密かに米軍に渡され、広島、長崎で使われてしまった。
■田中英道「日本の原爆は8月12日北朝鮮で成功していた?」
 日本国史学会4月28日連続講演会開会講演
  https://youtu.be/hOIx_krdkFg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水曜日)

「韓国との約束は無効と覚悟せよ」福沢諭吉

  韓国の文喜相国会議長が、慰安婦問題の解決には日本の首相ま2019_2_10sたは天皇陛下の謝罪が必要との趣旨の発言をしています。天皇陛下について「戦争犯罪の主犯の息子ではないか・・・」とも述べたという。昭和天皇と今上天皇(天皇陛下)への礼を著しく欠き、先の大戦をめぐる歴史の事実や、日韓合意という両国間の約束の重みを無視した暴言です。
 ここで思い出すのは、明治の傑出した知識人福沢諭吉の言葉です。
  「左れば斯る国人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼等の持前にして毫も意に介することなし。既に従来の国交際上にも屡ば実験したる所なれば、朝鮮人を相手の約束ならば最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら実を収むるの外なきのみ」(『時事新報』明治三十年十月七日)
 つまり、100年以上も前に韓国の本質を見抜いて「約束は無効と覚悟せよ」と見抜いている言葉です。これまでの韓国の行動を観ても、既に日本を敵国として発しているのだから、そろそろ、日本の我慢も限界と見て、「駐韓大使の召還」、更に「韓国人に認められている査証(ビザ)の免除措置の凍結・廃止」の実施を検討すべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 7日 (木曜日)

諦めるな「北方領土の全島返還」

  日ソ不可侵条約を一方的に破る元ソ連のロシアを信用できるわけがありません。Map_0038
 日本は昭和20年8月、大東亜戦争で白旗を上げたのに、不可侵条約を一方的に破棄して、満州に攻め込んだ旧ソ連軍、そして日本人女性への蛮行、60万人以上と言われる軍人らの極寒の地シベリアへの強制抑留と強制労働によるに犠牲、更に、北方四島の不法占拠。これらに全く非も認めず、「北方領土獲得は完全に合法的」と反論するなど開き直っているのがソ連→ロシアなのです。
  それなのに、プーチン大統領が柔道が特技だとか秋田犬が好きだとか、ロシア国民は意外に親日的などの世論を形成して、北方領土が今にも返還されそうな世論操作と、逆に、諦めがいい日本国民には、「あんな島は、もう要らない」、「二島でも返還されれば儲けもの」、「平和条約を今やらないで何時やる」などの、既にロシアになびいたり、後退した声が聞こえてきます。
  ロシアは、日本でこのような諦めの世論が形成されることを期待して工作しているのです。日本は、戦後一貫して領土問題の解決なしにはロシアとの平和条約締結はないとの立場を堅持してきました。それなのに最近、ロシアとの間に先に平和条約を結ぶことを期待するような腰砕けの意見も聞こえて来ます。まるで、旧ソ連共産党の諜報機関KGBエージェントの罠に取り込まれた印象です。
 今日2月7日は、北方4島(歯舞、色丹、国後、択捉)の返還を求めた 「北方領土の日」であることを忘れてなりません。なお、戦争で失った領土は戦争以外で取り戻した歴史はなく、取り戻すなら、日本も強力な軍隊と原爆を保有すれば、日本の本気度がロシアに伝わり間違いなく返還されるはずです。
 力強い外交交渉には、強い軍隊と世論の支援が必要なことは常識です。
 今のままの、話し合い交渉を何千回・何万回と続けても、相手から足元を見られて、経済支援などを求められるだけで返還が進展しないことは誰が見ても明白です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水曜日)

「おしん」はもっと観光資源になる

 放送していた昭和58年当時は、仕事に忙しく断片的にしか鑑賞していなかったのOsin_imageで、このネット配信を知ってから数週間かけて全編を観ています。字幕に中国語が現れますが、それほど邪魔になりません。それに世界中で最もヒットしたドラマでもあり、山形県、特に酒田市はこれを観光資源にしない手はありません。例えば、おしんが奉公した米問屋の加賀屋のセットを準備したり、「山居倉庫」や観光物産館で働く人たち全員が和装したり、川に筏を浮かべたり、大型テレビでDVDを流し続けたり、大根飯定食や加賀屋のセットは鐙屋がモデルと言われていますから付近を「おしんロード」と設定したり、おしんが幼い時期に働いた明治時代にタイムスリップした世界を再現したらと思います。
 このNHKの連続テレビ小説「おしん」の全話をネットで観ることができます。
 「オシンドローム」と呼ばれるほどの社会現象まで起きた「世界で最もヒットした日本のテレビドラマ」とされています。撮影に協力した地域は、山形県では、尾花沢市、酒田市、中山町、朝日町、西川町、白鷹町、大江町、東京都内では、あきる野市(旧五日市町)、日の出町、他にも、三重県、伊勢市、鳥羽市、磯部町、二見町、佐賀県などでした。
 特に人気があったのは、幼年期から少女期の多感な時期の苦労を描いた場面で、主な舞台は湊町・酒田でした。インターネット、ソーシャル・ネットワーク(SNS)が発達した現在、何がキッカケになって、外国人観光客が訪れるかは分かりません。
おしん 第1話~第4話[ドラマ見てみよう]
http://jp.channel.pandora.tv/channel/video.ptv?c1=&ch_userid=aurorajh&prgid=48615834

おしん 第5話~第8話
 http://jp.channel.pandora.tv/channel/video.ptv?c1=&ch_userid=nhkkh1104&prgid=33668236

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日曜日)

忘れるな!昭和22年「2.1ゼネスト」

 「二・一ゼネスト」とは、1947年(昭和22年)2月1日に実施を計画してい2019_2_1たゼネラル・ストライキ(総同盟罷業)でした。 単に「2.1スト」とも言いますが、決行直前にGHQのダグラス・マッカーサーの指令によって中止となり、日本の共産化を防いでいます。
 「ゼネラル・ストライキ(general strike)」とは、労働者が団結して行う労働争議の一形態で、一企業や組織によるストライキではなく全国的な規模で行われるストライキのことで、特定の地域や都市において様々な産業が一斉にストライキを行う場合もゼネストと呼ばれています。そして、第二次世界大戦後の激しいインフレの中で、日本共産党と産別会議により労働運動が高揚し、1946年(昭和21年)には国鉄労働組合が50万名、全逓信従業員組合が40万名、民間の組合は合計70万名に達し、「二・一ゼネスト」が決行していたなら、共産革命が実現したと見られています。
 しかし、直前でマッカーサーは「衰弱した現在の日本では、ゼネストは公共の福祉に反する。これを許さない」としてゼネストの中止を指令を出して回避しています。もし、この中止指令がなかったら、今頃は日本も北朝鮮共産党や中国共産党のような悲惨な体制になっていたことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土曜日)

35歳ブ男が女子大生と金銭トラブル

 移動時間2時間もかけて出かけた18歳の女子大生が、まったく初対面の35歳のブ男と金銭トラブルがあったということは、どんな裏事情があったのでしょうか。
 2018年11月20日頃から行方不明中の、葛飾区西亀有の日本薬科大学の女子大生(当時18歳=栃木市出身)行方不明事件で、茨城県神栖市深芝南2丁目のアパート在住の無職の男(35歳=牛久市出身)が逮捕されました。この男は「(インターネットの)掲示板で知り合い初めて会った。騒がれて車の中で殺してしまった」と供述しているそうですが、ナゼ、女子大生が二時間もかけて、こんな男に会いに出かけたのかは新聞・テレビ報道からは分かりません。まず、この男は2017年4月に、SNSで知り合った女子高生に現金を渡す約束をし、みだらな行為をしたとして茨城県警に児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕され、有罪判決を受けた前科があるといいます。
 この前科や報道などから、18歳の女子大生は初対面の35歳の男との金銭トラブルを推測しますと、簡単には「やることはやったのに金を払ってくれない」というだけのトラブルのはずです。都内までの帰宅の交通費は、報酬を当てにしてたのに、帰りの交通費もない。それでも警察に届け出る事も出来ない後ろめたさもある。それでも何とか金を払ってもらわないと帰宅出来ないから、しつこく家を探して取り戻してやるという意地だけが見えて来ます。若い娘はこんな危険に接近しないことですが、携帯の履歴からも相当回数の男との出会いがあったようです。今は『雉も鳴かずば撃たれまい』の諺しか思い浮かびません。
【経緯の推測】
1.女子大生はJR綾瀬駅から、二時間もかけて神栖市の男に会いに行くためJR鹿島神宮駅へ到着し、駅からタクシーでコンビニ(ローソン)へ到着(午後5時頃)
2.迎えに来た男に目隠しをされて、男が運転する車で男のアパートへ移動。
3.男はやるだけやって、金を払わず、再び車に乗せられて海近くで降ろされた。
4.ここで目撃者がいて、ピンクのコートを着た女の子が「お金がなくて帰れない」と言ってたと証言している。
5.女子大生はお金を取り戻すために、記憶を頼りに男の家を探す。
6.男の「家を探している」という女子大生を目撃している近所の人がいる。
7.男の家を見つけた女子大生が、言い争いをしている場面の目撃者がいる。
8.近所の人に「解決した」と報告している(午後7時頃)
9.その後、再再度、男の車に乗り殺害され、神栖市の畑で埋められる。
※つまり、女子大生は男のクルマに三回乗っていることになるが、どんなに好意的に推測しても最悪のシナリオしか思い浮かびません。  合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »