« これらの施策は韓国を見習え! | トップページ | 人類史に刻まれる植民地解放の功績 »

2018年8月10日 (金曜日)

「植民地解放の父」大川周明

 山形県酒田市の下日枝神社の山王鳥居を抜けた右側に、「大川00002595_2明博士顕彰碑」があります。大川周明は、 山形県西荒瀬村藤塚(現・酒田市藤塚元和里)で、医師の父・周賢と母・多代女の長男として1886年に誕生しています。愚妻は、この生家の前が通学路だったのに大川周明のことに全く知識がありません。妻だけでなく、兄弟や親戚筋も殆ど知りませんでした。つまり郷里では、学校や地域からも無視された人物なのです。その理由は、戦後の「東京裁判」で民間人として唯一A級戦犯で起訴されるも、法廷で奇声を発したり、東条英機の頭をはたくなどから、精神障害として不起訴になっていますから、戦後の自虐史観教育の中では、郷里の偉人として讃えるには相応しくないと思っているのでしょう。
 あらためて紹介しますと、大川周明は最近では「アジア植民地解放の父」と讃えられますが、時には、左翼・右翼・民族主義などの可笑しなレッテルが貼られています。確かなことは、日米開戦の7日後の1941年12月14日から25日には、NHKラジオで国民に向けて連続講演を行っていることです。今の時代で例えるなら、物知りの評論家らがテレビで、日米開戦の意義を国民に分かり易く解説したということです。0000251204203200_
 この連続講演をもとに、1942年1月に出版されたのが、大川周明の『米英東亜侵略史』です。この著書では、15世紀に始まる西欧白人のアメリカ大陸、アジア大陸、オーストラリア大陸への侵略史を知る必要があると述べ、ポルトガル、スペイン、オランダ、フランス、更に、イギリスの世界支配や最終的にアメリカへの覇権が移ったことを述べて、白人による有色人種支配を批判しています。大川周明が、民間人で唯一A級戦犯に指定されたのは、この著書や言動がアメリカなど連合国の気に障ったからのはずです。
 このような志の高い人物を日本人が、左翼・右翼・民族主義などとレッテルを貼る理由は、日本人自体が大東亜戦争の評価に揺れ動いている現実からのはずです。
 結局は、日本によるアジア解放の志は道半ばで斃れますが、日本人が白人相手に戦う姿勢から、アジア諸国も植民地支配から独立に目覚めたのでした。そして、大川周明が亡くなる1957年(昭和32年)12月24日ころまでには、アジア諸国も殆どが独立しています。その後はアジアに止まらず、アフリカ諸国も殆どが独立し、更に、キング牧師による黒人差別撤廃運動や、オーストラリアの先住民族の保護名目のアボリジニの人種隔離政策の撤廃運動などが起きています。これらは、大川周明に代表される、日本人の高い志が実ったことであり、大川周明も「考えた通りになった」と草葉の陰(目黒不動瀧泉寺墓地)でほくそ笑んでいるはずです。

|

« これらの施策は韓国を見習え! | トップページ | 人類史に刻まれる植民地解放の功績 »

10 酒田や鶴岡のこと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/72887365

この記事へのトラックバック一覧です: 「植民地解放の父」大川周明:

« これらの施策は韓国を見習え! | トップページ | 人類史に刻まれる植民地解放の功績 »