« 児童虐待は家族制度の崩壊が遠因 | トップページ | この豪雨震災は全て人災でしょう »

2018年6月18日 (月曜日)

米朝会談は成功か失敗か

  左翼系テレビの殆どは「北は得るものが多いから、トランプ氏の失敗Image」と論評は、逆に保守系のネットの意見は「戦争の危機から脱したのだから成功」などと意見が分かれています。勿論、半年前まで核戦争の直前まで緊迫した情勢が緩和された現実を喜んでいますから、トランプ氏の英断を支持しています。
 ただ、朝鮮人は、強い者には屈服しても、弱い者には威張るという性質は昔から変わりません。それは、会談直後に平壌放送は「日本は既に解決された『拉致問題』を引き続き持ち出し、自分らの利益を得ようと画策している」と論評したことで証明されています。いずれにしても、このような朝鮮人の体質には、アメリカも直ぐに気付くはずです。
 ところで、幕末から明治期に、朝鮮人と接して分かった金言が残っています。
・新井白石…『朝鮮人は、己に都合が悪くなると平気で嘘をつく』
・吉田松蔭…『朝鮮人の意識改革は不可能』
・福沢諭吉…「嫌韓論」…『この世界に救いようのない、どうしようもない民族がいる。朝鮮人だ(要約)』
・伊藤博文(韓国の初代統監)…『嘘つき朝鮮人とは関わってはならない』
・夏目漱石「韓満所感」(抜粋)…『余は支那人や朝鮮人に生まれなくって、善かったと思った』
・新渡戸稲造…『朝鮮亡国の原因は、朝鮮民族という人間にある』
・本田宗一郎(HONDA創業者)曰く、『韓国人と関わるな』
とあります。Image2とにかく、「『口先』と『見てくれ』ばかりの虚栄心の固まりとされ、自分を実力以上に見せたい底上げ体質の朝鮮人は、今回の会談でも発揮していました。
 その典型が、金委員長の底上げ靴です。
 今の段階で成功失敗を論じることは時期尚早であり、今しばらくは成り行きを観察したいと思いのすが、アメリカ側にすれば、北朝鮮の核放棄の決意をまずは信用して、次に始まる核査察などへの協力など見守る作戦でしょう。そして、この約束を破棄したなら、更なる締付けと攻撃の正当性を訴えるのでしょう。

|

« 児童虐待は家族制度の崩壊が遠因 | トップページ | この豪雨震災は全て人災でしょう »

08 朝鮮半島に関すること」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/73704254

この記事へのトラックバック一覧です: 米朝会談は成功か失敗か:

« 児童虐待は家族制度の崩壊が遠因 | トップページ | この豪雨震災は全て人災でしょう »