« 原爆こそホロコーストと批判した米国人 | トップページ | 東大和がチャリテイーマラソンコース »

2017年8月20日 (日曜日)

自国を尊敬する国民と馬鹿にする国民

 自分の生まれ育った国をバカにする日本国民が多いことは残念Imageなことです。
 日本は終戦後GHQにより、日本の指導層である政治家、教育者、マスコミ、宗教界などから愛国心の強い人間を排除し、左翼思想の人間を大量に重用した歴史があります。戦前の日本人は、国を護る意識が強い国民と見て、再び、強国になって戦争への道を歩むとして、教育やマスコミを使って日本人の愛国心を徹底的に低くする戦略によって、見事に洗脳されてしまったようです。
 ところで、アメリカの各学校や公式行事、スポーツの開会式などでは、国旗規則により「忠誠の誓い」を合衆国国旗に顔を向け、右手を左胸の上に置き、起立して暗誦しなければならないと定められているから面白いものです。先日も、ある芸人が「愛国心なんかないですよ」、「日本の為に死ぬつもりなんかないですよ」とテレビで堂々と語っていましたが、こんな国民が繁殖している現実にガッカリするとともに、マスコミや教育の影響は大きいと感じています。 
■The Pledge of Allegiance/アメリカ憲法の”忠誠の誓い”   
  https://youtu.be/FRTOq5Dwgzc

|

« 原爆こそホロコーストと批判した米国人 | トップページ | 東大和がチャリテイーマラソンコース »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/71474058

この記事へのトラックバック一覧です: 自国を尊敬する国民と馬鹿にする国民:

« 原爆こそホロコーストと批判した米国人 | トップページ | 東大和がチャリテイーマラソンコース »