« 韓国の歴代大統領は憐れな末路です | トップページ | 国会で北鮮問題質疑が少ないのは »

2017年4月 5日 (水曜日)

民進は社民と同様に消える運命?

 昨今の情勢からすると、民進党は社民党と同様に消え去る運命な201745_のでしょうか。
 「社会党→社民党」の土井たか子は「だめなものはだめ」「やるっきゃない」などの勇ましい言葉で自民への攻勢を強め、1989年7月の都議選で議席3倍増、同月の参院選では改選議席を倍増させて、「マドンナブーム」と呼ばれましたが、2003年の秘書給与詐欺事件で辻元清美前議員や土井氏の元政策秘書も共犯容疑で逮捕。同じ頃、北朝鮮による拉致問題が発覚し、北朝鮮寄り政策が批判され、社民党は6議席と低迷し土井氏は党首を辞任。更に2005年9月の衆院総選挙で比例近畿ブロックで立候補しても落選し議席を失っていました。当時、社会主義を取り巻く情勢も一変し、1989年の「ベルリンの壁」崩壊、更にソ連崩壊(1991年)からクレムリン秘密文書が公開され、社会党がソ連から資金援助を得ていたことが判明したことも決定的なダメージとなっていました。
 「民主党→民進党」も「社会党→社民党」に似た情勢が重なっています。2009年、あれだけ大きな国民の期待を受けて誕生した民主党政権も全くの期待外れで、昨年、民進党と名前を変えたものの、もはや存在価値は無いと国民に思われています。党首・蓮舫代表の「ウソつき二重国籍」問題は重大で、台湾国籍に固執し「生まれながらに日本国籍」「18歳で日本国籍を取得した」「17歳で台湾籍を放棄した」「18歳で放棄した」「正確な状況がわからない」などと二転三転させています。また、辻元清美議員も森友問題では、「野田中央の土地価格操作」など「3つの『疑惑』」が指摘され、「籠を突いたら辻元が出た」などと揶揄され表に出れない状況です。昨今の朝鮮半島情勢は、南北ともに崩壊直前のような様相にあり、「民進党」が頼りとする朝鮮総連や韓国政府からの支援も有利に動く情勢にありません。よって、在日に参政権を与える外国人参政権問題、慰安婦問題なども棚上げにされるはずで、「民主党→民進党」の存在価値も消滅寸前と見られています。

|

« 韓国の歴代大統領は憐れな末路です | トップページ | 国会で北鮮問題質疑が少ないのは »

13 売国政党やマスコミのこと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/70159010

この記事へのトラックバック一覧です: 民進は社民と同様に消える運命?:

« 韓国の歴代大統領は憐れな末路です | トップページ | 国会で北鮮問題質疑が少ないのは »