« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月に作成された記事

2017年4月27日 (木曜日)

日本の北朝鮮認識は甘すぎる

 朝鮮半島情勢が緊迫していますが、4月26日の国会では、朝Image1鮮半島情勢を学ぶため、関西大学経済学部教授(北朝鮮経済論専攻)の李英和教授ら3人の参考人が、参議院「国際経済・外交に関する調査会」で証言しています。特に、李英和教授は「目から鱗が落ちる」状態の北朝鮮情勢を語っています。
 パキスタンの核の先生は北朝鮮、シリアのサリンは北朝鮮が使わせたもの、北朝鮮の核は北京にも標準を合わせたなど、マスコミ報道では聞けない厳しい現状を証言しています。
【国会】在日3世・李英和教授「北朝鮮の復興援助は韓国・米国で無く日本がしなければならない!」「金正恩の核実験の中止に意味はあるニカ?」
  https://youtu.be/PAUbtx6eS2k

| | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月曜日)

国会で北鮮問題質疑が少ないのは

 今日17日はテロ等準備罪に関する質疑も多少はやっているようですが、国民からは「国会で森友ばかりやってないで北朝鮮問題を000yosan2_1シッカリやれ」との声が上がっているのにナゼ改めないのでしょうか。ここ数カ月、森友学園問題が国会の予算委員会で長々と取り上げられるのは、国家を揺るがすほどの大事件だからなのか、それとも登場人物のキャラからなのでしょうか。昨今は北朝鮮問題の他に、南スーダン、テロ等準備罪、天皇陛下の生前退位などの重要案件が軒並みと思われるのに、これらに意識的に触れたくないのでしょうか。
 これは、触れない野党に責任があるのか、与党側に問題があるのか・・・
■「国会は野党のため」にある。
  自民党は政府とほぼ意見をすり合わせているので、国会での自民党の質問は形式的なものになりがちで、時には政府の応援質問になりがちです。そこで、与野党が対立する法案審議では、野党側に自民党の質問時間を融通してあげているのです。
予算委員会は委員会の花形
 予算委員会は他の委員会と違う点は、NHKがテレビ中継を行うことから、バラエティ番組の様相を呈することになっています。よって、内閣の不祥事や批判、揚げ足取りなどの低レベルの戦略がとられるようになった。
予算委員会には首相が出席するから
  衆・参議院の常任委員会には、内閣、総務、法務、外交防衛、財政金融、文教科学、厚生労働、農林水産、経済産業、国土交通、環境、国家基本政策、予算、決算、行政監視、議院運営及び懲罰の17の委員会があり、議員は少なくとも一つの常任委員だそうですが、首相が出る委員会は基本的に予算委員会だとされ、よって注目されていることから、どの国会議員も張り切るそうです。
安全保障問題に強い議員が少ない
 とにかく、野党陣営に安全保障も語れる国会議員が少ないことが、決定的原因と言われています。選挙においては、野党陣営からの立候補者が、日本の防衛問題を声高に上げても当選しないことから、自ずと野党に安全保障に強い議員が少ないことが、質問も少なくなる遠因と思われています。精々、共産党議員が共産圏寄りの立場から、日本やアメリカを牽制する意味で行われることが目立つ程度です。

| | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水曜日)

民進は社民と同様に消える運命?

 昨今の情勢からすると、民進党は社民党と同様に消え去る運命な201745_のでしょうか。
 「社会党→社民党」の土井たか子は「だめなものはだめ」「やるっきゃない」などの勇ましい言葉で自民への攻勢を強め、1989年7月の都議選で議席3倍増、同月の参院選では改選議席を倍増させて、「マドンナブーム」と呼ばれましたが、2003年の秘書給与詐欺事件で辻元清美前議員や土井氏の元政策秘書も共犯容疑で逮捕。同じ頃、北朝鮮による拉致問題が発覚し、北朝鮮寄り政策が批判され、社民党は6議席と低迷し土井氏は党首を辞任。更に2005年9月の衆院総選挙で比例近畿ブロックで立候補しても落選し議席を失っていました。当時、社会主義を取り巻く情勢も一変し、1989年の「ベルリンの壁」崩壊、更にソ連崩壊(1991年)からクレムリン秘密文書が公開され、社会党がソ連から資金援助を得ていたことが判明したことも決定的なダメージとなっていました。
 「民主党→民進党」も「社会党→社民党」に似た情勢が重なっています。2009年、あれだけ大きな国民の期待を受けて誕生した民主党政権も全くの期待外れで、昨年、民進党と名前を変えたものの、もはや存在価値は無いと国民に思われています。党首・蓮舫代表の「ウソつき二重国籍」問題は重大で、台湾国籍に固執し「生まれながらに日本国籍」「18歳で日本国籍を取得した」「17歳で台湾籍を放棄した」「18歳で放棄した」「正確な状況がわからない」などと二転三転させています。また、辻元清美議員も森友問題では、「野田中央の土地価格操作」など「3つの『疑惑』」が指摘され、「籠を突いたら辻元が出た」などと揶揄され表に出れない状況です。昨今の朝鮮半島情勢は、南北ともに崩壊直前のような様相にあり、「民進党」が頼りとする朝鮮総連や韓国政府からの支援も有利に動く情勢にありません。よって、在日に参政権を与える外国人参政権問題、慰安婦問題なども棚上げにされるはずで、「民主党→民進党」の存在価値も消滅寸前と見られています。

| | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土曜日)

韓国の歴代大統領は憐れな末路です

  韓国歴代大統領の哀れな末路に関心が持たれていますが、なんと、1Image02790人中8人が亡命、失脚、死刑判決、懲役刑判決、自殺しているというから異常です。
 これは、どのような背景があるのでしょうか。
 それは、韓国社会は巨大な血縁集団で縁故主義の国だからだと言われています。韓国人同士が最初に人に会う時には、まず相手の姓名と本貫(ポングアン)を聞くそうです。理由は、相手が自分と血縁的に近いのか遠いのかを知るためであり、相手の正体が解るまで油断しないということからだそうです。
 決して仲がいい国民ではないのです。
 いや国民同士が元々が仲が悪いとされ、それは近年まで属国だった朝鮮半島の歴史を、少し勉強すれば理解できるはずです。特に、旧百済地区(忠清、全羅)と旧新羅地区(慶尚)は仲が悪いことで知られています。つまり、朝鮮半島は、今も高句麗新羅百済の三国時代の影響が強く残っており、違う国の集まりと見ることが出来るそうです。よく聞きます「本貫(ポングアン)」とは、その宗族の発祥の地を表すもので、姓名が同じ「金(キム)」でも、本貫が異なることがあります。
 有名なところでは、安東金(アンドンキム)、金海金(キメキム)、義城金(ウィルソンキム)、慶州金(キョンジュキム)、他には密陽朴(ミリアンパク)、慶州李(キョンジュイ)などがあります。00000e0171
 要するに、韓国人は同姓同本の宗族を巨大な血縁集団であり、この考えから、同姓同本不結婚の原則があり、男女が知合いになると、同姓同本か否かにより、相手と親戚としてか、恋人そして結婚に発展するかが決まるのだそうです。この血縁集団がハッキリと分かるのは、新大統領が誕生すると、内閣をはじめ、側近の多くは血縁・同郷・同学を配して足元を固めることになるそうで、つまり、血縁以外は信用出来ない国民性のようです。この弊害が更に表面化するのが、大統領引退後の末路をみれば分かることで、大統領自身や家族、側近の金銭疑惑など不正事件が、次の政権によって容赦なく暴かれ、逮捕、自殺など不幸な末路を迎えることが常識化しているのです。
韓国歴代大統領憐れな末路の理由?: 多摩湖畔日誌2012年8月30日 (木曜日)

| | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »