« 日本が〝心〟という字に見える | トップページ | 勉強しよう「戦後日本の左翼史」 »

2017年1月15日 (日曜日)

韓国人が世界に誇るべきこと。

 「慰安婦交渉」が暗礁に乗り上げ、在韓大使を引き上げや通貨スワップ中断など41giltokyvl__sx306_bo1204203200__2閉塞状態に陥っていますが、日・韓ともに忘れてならないことを記述しておきたいと思います。
 それは、朝鮮半島の皆さんが長い歴史の中で、一点、世界に誇るべきことは、約24万人の将兵が日本軍軍人として「アジア解放」の為に戦ったことと、多くの英霊が靖国に祀られていることです。韓国が本当に恨むべきは日本ではなく、韓国が長年酷い目に合った、歴代の中国王朝である唐・宗・明・モンゴル人の元、女真(じょしん)族の清からでしょう。更に近年では、毛沢東、スターリン、金日成、李承晩からであり、記憶に新しいことでは、李承晩大統領の命令で惹起された、済州島四・三事件保導連盟事件を始めとする「赤狩り」で、共産主義者100万人近くの同胞が粛清されたことです。
 この粛清の裏では、在韓米軍が操っていたはずです。
 韓国では日本以上に幾多の困難な歴史はありましたが、韓国の近代化は日本の莫大な資本と人材の投与によって成し遂げられたものであり、これを現実として受け止めるなら、反日感情は薄まり、未来に向けた信頼関係も構築されるはずです。
 再度申し上げますが、韓国が世界に向けて誇れることは、日本軍と「アジアの植民地解放」の為に共に戦ったことと、中国に貢女(こんにょ)や宦官を差し出し続けながらも、辛うじて歴史を紡いできたことです。世界の民族の殆どは、「民族ごと奴隷にしたり・されたり」、「民族ごと虐殺したり・されたり」している現実があります。
 それなのに、一つの半島で生き延びている韓国にはシタタカサがあります。
 繰り返しますが、東南アジア諸国の独立は、大東亜戦争で日本軍と共に戦った24万人の朝鮮人将兵の存在を、アジアも韓国も日本も忘れてはなりません。そして靖国には、朝鮮日本兵を含む約2万1000人が合祀され、特攻隊の一員として散った半島出身者約二十名もおられるのですが、韓国では国賊扱いなのでしょうか。
 天皇陛下と韓国大統領が、揃って靖国神社に御参拝される日を夢見ています。
 ※朝鮮半島から日本軍人として志願された人数です

年度 志願者 入所者数 選抜率 志願倍率
1938年 2946人 406人 16.2% 7.3倍
1939年 12,348人 613人 4.9% 20.2倍
1940年 84,443人 3,060人 3.6% 27.6倍
1941年 144,743人 3,208人 2.2% 45.1倍
1942年 254,273人 4,077人 1.6% 62.4倍
1943年 303,394人 6,000人 1.9% 50.6倍

【大東亜戦争】朝鮮人特攻隊員の真実【韓国併合・日本國臣民】   https://youtu.be/yjbRm4891Ls  

|

« 日本が〝心〟という字に見える | トップページ | 勉強しよう「戦後日本の左翼史」 »

08 朝鮮半島に関すること」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/69254691

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国人が世界に誇るべきこと。:

« 日本が〝心〟という字に見える | トップページ | 勉強しよう「戦後日本の左翼史」 »