« 偶然と言うだけでは説明できない | トップページ | 酒田市豊原の「善治日誌」のこと »

2016年11月 3日 (木曜日)

韓国は罪人を大衆に晒すのが儀式?

 韓国の大統領が、政権末期の恒例行事とも言える側近の不祥事Image1で絶体絶命の矢面に立たされています。そして、朴槿恵(パク・クネ)大統領も、過去の例に倣い「亡命」「暗殺」「死刑判決」「自殺」などの末路が待っているのだろうか。
 さて、10月31日、朴槿恵大統領の古い友人である崔順実(チェ・スンシル)氏が、韓国のソウル中央地検に出頭した様子が繰り返しテレビで流されています。崔順実氏は、嗚咽したように口に手をあて表情をゆがませつつ「死んで償うほどの罪を犯しました」「許してください」などと情けないコメントしたそうです。
 韓国社会では、社会を大きく騒がせた犯罪者や当事者は、反省して憔悴している姿を国民の前に晒すことが、許しを乞う大前提になるといいます。数年前の「ナッツ・リターン事件」でも、当事者の財閥令嬢・趙顕娥(チョ・ヒョナ)被告がやつれ00000259625た姿で、マスコミのカメラの前で国民に謝罪していたことは記憶に新しいことです。
 日本なら、犯罪者には被害者以上?に人権があるという理屈や、犯罪報道が警察・検察の捜査情報に依存しており、「逮捕=犯人」ではないこともある虞から、逮捕直後の容疑者にカメラを向けることに極端に慎重になっている印象ですが、韓国のこの習慣は見習うべきと思います
 まぁ、それにしても韓国の歴代大統領は、「亡命」「暗殺」「死刑判決」「自殺」などの悲しい末路が待っている現実を韓国民はどのように見ているのでしょうか。
韓国歴代大統領憐れな末路の理由?: 多摩湖畔日誌
■韓国歴代大統領のその後
初・2・3大統領 「李承晩」本貫は全州李氏。黄海道
 彼の養子が実の両親を殺害。不正選挙を糾弾されハワイに亡命。そのまま客死。

第4代大統領 「尹譜善」本貫は、海平尹氏。忠清道
 クーデターで退任を余儀なくされる。軍法会議で懲役3年の判決。

第5~9代大統領 「朴正煕」本貫は、高靈朴氏。慶尚北道
 長男が麻薬服用で逮捕される。狙撃事件発生。弾がそれて夫人に命中。死亡。直後、金載圭KCIA部長によって暗殺される。

第10代大統領 「崔圭夏」本貫は、江陵崔氏。江原道B0052821_22524051
 学生デモ等が収まらず、粛軍クーデターを実行。
 結局収まらず、光州事件発生。8ヶ月で退任。

第11・12代大統領 「全斗煥」本貫は、旌善全氏。慶尚南道
 光州事件において反乱首謀罪で死刑判決。後に恩赦。

第13代大統領 「盧泰愚」本貫は、交河盧氏。慶尚北道
 退任後に収賄容疑で逮捕。光州事件の内乱罪も発覚。懲役17年の判決。後に恩赦。

第14代大統領 「金泳三」本貫は、交河盧氏。慶尚南道
 在任中に経済危機に陥りIMFの介入を招く。
 次男は利権介入による斡旋収賄と脱税で逮捕。 

第15代大統領 「金大中」本貫は金海金氏。全羅南道
 光州事件の首謀者として無期懲役の判決。
 息子3人を含む親族5人が金がらみの不正事件

第16代大統領 「盧武鉉」本貫は光州盧氏。慶尚南道
 韓国経済や外交を破綻に追い込んだ終身名誉お笑い芸人。
 親族の不正が取りざたされる中、登山中に謎の滑落死。

第17代大統領 「李明博」本貫は慶州李氏。日本(大阪)
 経済大統領のはずが格差拡大や生活難、就職難を招いた無能売国奴扱いで極めて評判が悪い。退任と同時に逮捕は免れないとの噂。
 国会議員の実兄秘書が逮捕済み。夫人のいとこも逮捕済み。
 本人も土地不正購入の疑惑事件の渦中にある。

|

« 偶然と言うだけでは説明できない | トップページ | 酒田市豊原の「善治日誌」のこと »

08 朝鮮半島に関すること」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/68231579

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国は罪人を大衆に晒すのが儀式?:

« 偶然と言うだけでは説明できない | トップページ | 酒田市豊原の「善治日誌」のこと »