« 象潟出身の彫刻家・池田修三のこと | トップページ | 人を指さすと三本の指は自分を向く »

2016年6月18日 (土曜日)

その候補者に国を背負う覚悟は?

 舛添都知事の辞職表明に伴い、次期都知事候補選びが急ピッチのようです。
 どのような人材が適任なのかと、各党、マスコミ、また口の悪い巷のスズメ達も自薦・他薦の名前を挙げては、こき下ろすような昨今です。このような折り、戦後日本の教育の欠落を指摘して、都知事や国会議員に「国を背負う心、人を背負う心があるのか」と、青山繁晴氏の説得力のある発言に目が留まりました。Image1
 来月の都知事選や参議院選では、本当に「自分は国家の為にこれをやりたい」という決意を持った人物かを見極めたいものです。しかし、権力欲や名誉欲が満々の人物ばかりの中から、本当に国を背負う心、人を背負う心と能力・資質・器量を合わせ持った候補者を見つけることが出来るのでしょうか。
 残念ながら、日頃の言動や経歴からしかその信念を見極める以外になく、判断を間違えると単なる右翼思想の持ち主だったということになります。
----青山繁晴氏-----
 「(日本の)教育に、何が一番欠けてるか。特に、世界を歩いてきて痛感するのは、敗戦後の日本教育に一番欠けてるものは国を背負うことがないんですよ」、「模範解答に合わせざるを得ないっていうのはどこの国の教育でもあるんですけど、自分以外の、僕はあえて断言しますけど、全ての国の模範解答の中には、君も国を背負えいざとなったら人のためには自分を抑えてでも生きませんかというのが、必ず模範解答の中に選択肢としてはあるんですよね」、それが 「日本だと、それは敗戦後、右翼の話だと、いうことになっていて、いわば、いざとなれば、人のために自分を抑えるっていう清々しい生き方っていう教育がないんですよ。」と嘆いています。
舛添要一」~人間ここまで卑しくなれるのか!戦後日本の欠落した教育「国を背負う心人を背負う心
 【青山繁晴】https://youtu.be/mGyDDrEid1c

|

« 象潟出身の彫刻家・池田修三のこと | トップページ | 人を指さすと三本の指は自分を向く »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事