« マスコミが叩きやすい組織こそ大切だ | トップページ | 「息を吐くように嘘をつく」舛添知事 »

2016年5月 8日 (日曜日)

トランプ氏発言=米国民の本音

  トランプ氏は「問題発言が多い」とマスコミは懸命にトランプ叩きをしてImage0074いますが、そんなネガ・キャン(誹謗中傷する宣伝・広告)など何処吹く風で、ついに共和党の指名を勝ち取ってしまいました。
  その「問題」とする発言はマスコミから見れば過激なのでしょうが、実際にはアメリカ国民が日頃思っていることを大弁しているから痛快に思われているからこそ問題視されないのでしょう。
  日本に対しても厳しく、「在日米軍撤退」「日韓の核保有容認」「在日米軍費用全額負担」などの発言に、多くの日本国民が一喜一憂しています。しかし、米軍が本当に撤退したなら、いやが上にも日本は自主防衛強化のため核武装論が高まるはずです。
  それにしても、あれぼど「米軍帰れ」、「安保反対」と叫んだ方々は、トランプ氏の米軍撤退発言を歓迎しているのでしょうか。また逆の立場にある、「自力で軍備を拡張し核保有させ、米国の属国から完全独立のチャンス」と見ているのでしょうか。それとも実際は突然、のど元に剣を突き付けらて動けず黙りこくっているのでしょうか。今のところコメンテーターで共通しているのは、せいぜい、安保タダ乗りや日米安保、憲法改正を冷静に考える機会にすべきのような、無難な発言が多いようです。
 いずれにしても、憲法九条は「当面は米軍が日本を外敵から守るから、日本は戦力を保有する必要はない」とする占領下でのみ通用する条文のはずです。サンフランシスコ条約で日本が形式的に独立した後も、憲法9条の戦力不保持と「在日米軍」はセットと見られて来ました。何も、憲法が守ってきたのではありません。
 日本は昔から外圧に弱い国です。トランプ氏発言が刺激剤になって、日本の安全保障問題が国際社会の現実に即したものになって欲しいものです。専門家のいろんな方面からの分析で、「トランプはヒラリー・クリントンに勝つ!」可能性は十分にあると見られています。

|

« マスコミが叩きやすい組織こそ大切だ | トップページ | 「息を吐くように嘘をつく」舛添知事 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事