« 武田先生の話は気が楽になります。 | トップページ | 病室にカメラを向ける必要があるのか »

2016年3月18日 (金曜日)

メタンハイドレートの話題

 注目されつつも、なかなか実用化が進まない夢の資源"メタンハイドレートのことが久々に報道されています。Image
 政府は13~30年度の18年計画でメタンハイドレートの開発を進め、28~30年度の第3期計画では2回目の海洋産出試験を含む商業化に向けた技術整備や、経済性の検討、環境影響の評価などを実施するそうです。そして終了後は民間主体の開発に移行し、30年代後半に商業化プロジェクトの開始を目指す方針のようです。

 「燃える氷」とも呼ばれ、次世代燃料と期待されるメタンハイドレートを商業化した場合、3兆3千億円程度の売り上げが見込めると経済産業省が試算したことが17日、分かった。政府がメタンハイドレートの販売金額を試算するのは今回が初めて。技術開発などで政府が投じた予算総額の30倍を超える効果があり、平成28年度に最終段階を迎える開発計画の進展にも期待が高まりそうだ。(産経新聞)
   http://news.yahoo.co.jp/pickup/6194865

|

« 武田先生の話は気が楽になります。 | トップページ | 病室にカメラを向ける必要があるのか »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事