« 日本人は縄文の昔から日本人です。 | トップページ | 武田先生の話は気が楽になります。 »

2016年2月24日 (水曜日)

赤い舌で日本も飲み込まれるのか

 中国は、南シナ海に伸びた赤い舌に 防空圏設定も視野においているそうです。
 すでに、地対空ミサイルや戦闘機を配備し、着々と軍事基地を建設しているほか、中国の新版パスポートの地図には、南支那海のほぼ全域が中国領海となっています。
 
このままでは赤い舌に、日本も飲み込まれてしまう可能性もあります。

Image5
2016224image0041_3
以下は、台湾は日本の生命線! のコピペです。

http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1974.html
中国は五月十五日から、個人情報を記録したICチップ付きの新版パスポート(旅券)の発行を開始しているが、それに関する英紙フィナンシャルタイムスの九月二十一日の報道で、周辺各国が激怒している。

中國新旅券LB10_001
中国の新しい旅券。周辺諸国を怒らせている

新旅券のビザのページには中国地図が描かれており、そこでは南支那海のほぼ全域が中国領海となっていると伝えたからだ。

中國新旅券1353695312876
旅券で描かれた地図では南支那海が中国の領海になっている。もちろん台湾も中国領土だ

同海域での領海、領土が中国に侵略されつづけるベトナム、フィリピンは、これに反撥した。すでにベトナムは密かに中国に抗議していたようだ。対抗措置として新旅券所持者への入国ビザの発給を拒否したこともあるらしいが、今では別紙にビザ印を押し、それをホチキスで旅券に付けている。フィリピン外務省は二十二日、「このような旅券を持つ中国国民の入国を許せば、中国の南支那海に関する中国の主張を黙認したことになる。我が国の憲法は主権を守れと規定しており、国民もそのように求めているだろう」と強硬だ。
またインドも反撥している。なぜなら自国領土のアクサイチン(中国の占領下)や、アルナーチャル・プラデーシュ州も中国領土の中に描かれていたからだ。これに対抗してインインドが主張する自国地図を描いたビザ印で対抗しているという。
一方、国土を丸々中国地図の中に組み入れられた国もある。
言うまでもなくそれは台湾だ。

|

« 日本人は縄文の昔から日本人です。 | トップページ | 武田先生の話は気が楽になります。 »

09 共産主義国・中国のこと」カテゴリの記事