« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月に作成された記事

2016年1月23日 (土曜日)

浅草寺の小さな観音様と大きな草鞋

  先日、商売繁盛、災難厄除け、心願成就、家内安全などに功徳があImg_5840るとされる浅草の聖観音宗・金龍山「浅草寺」に参拝してきました。この浅草寺の秘仏とされる観音像は高さ1寸8分(約5.5センチ)と小さな金色の像と知られています。
 その浅草寺の目の前には見事な「宝蔵門」がありますが、長さ4.5mの大きなわらじが左右に飾られています。最初の奉納は、昭和16年、山形県村山市出身の松岡俊三代議士が奉納したのが始まりとされます。更に、戦災で失っていた「宝蔵門」の復元が昭和39年に行われたとき、村山市出身の彫刻家・村岡久作氏が仁王像を彫刻したことで再び寄進が始まり、以来、昭和47年、53年、63年、平成10年、20年に奉納しているそうです。
  それでは何故、山形県村山市出身の松岡俊三代議士が浅草寺の信者であったかを考察致しますと、浅草寺は昭和25年までは天台宗に属していたことにあると察します。御本尊は「聖観世音菩薩」ですが、お前立本尊は慈覚大師円仁作の「聖観世音菩薩」です。天台宗の本山は伝教大師最澄(766~822)が開いた比叡山延暦寺ですが、最澄に師事した慈覚大師円仁(794年~864)も日本仏教に大きな役割を果たしてImg_5839います。
  そして、山形県山形市の立石寺の創建は貞観2年(860年)に清和天皇の勅命で円仁(慈覚大師)が開山し、立石寺には円仁の遺骸を安置すると伝える入定窟があるほどです。よって立石寺は、天台宗の東北の本山とされ、伝教大師が灯した不滅の法灯が分けられているほどです。
 これらから、山形県村山市出身の松岡俊三代議士が、当時は天台宗のお寺だった浅草寺の信者になったことが理解出来ることです。
   なお、現在では、山形県村山市と東京都台東区は友好都市として物産展を開くなど数々の交流があるそうですし、同じ大草履は村山市の小松沢観音の仁王門にも奉納されています。説明書には「こんな大きなわらじをはく人がいるならと驚いて魔が去っていく」とありますが、約5.5センチの観音様ながら、功徳や慈悲の心は限りなく大きいことを現していると解釈しました。

Img_5820

|

2016年1月15日 (金曜日)

「走る棺オケ」と呼ばれる軽自動車

 車の販売や製造・修理、車検や保険、事故などに携わる人達は、軽自201618image動車は「走る棺桶」と陰口で呼ぶことがありました。事実、交通事故のニュースなどでは、軽自動車がグシャグシャに大破して運転手や同乗者が死亡する例が多いものです。
 税金が安いとか燃費が良いなどの維持費が安価なことで人気のようですが、安全性を第一に気にする方は避けた方が賢明のはずです。
 1月7日午前10時40分ごろ、武蔵村山市中央1丁目の新青梅街道の交差点で、東大和市蔵敷2丁目、塗装会社役員並木達夫さん(74)の軽乗用車と、羽村市羽加美4丁目、会社員中島勝さん(45)のトラックが出合い頭に衝突し、並木さんは頭などを強く打って死亡されました。
 ご冥福をお祈り申し上げます。
 この現場は良く通行するところで、どのような発生かは概ね想像がつきます。
 中島さんのトラックは、新青梅街道の横断歩行者用信号は青信号を表示中で新宿方面に直進中と認められ、並木さんは路地から新青梅街道を直進か右折か左折かは不明ですが、いずれにしても右方の安全確認を怠り交差点に進入したのでしょう。
 死亡した並木さんには申し訳ありませんが、道路交通法43条「一時停止」では、
①停止線手前で一旦停止すること。
②交差する道路を通行する車の進行妨害をしてはならないのです。
 なお、中島勝さんは青信号であっても、できる限り安全なスピードと方法で進行しなければならない義務を怠った「交差点安全進行義務違反」の可能性もあります。いずれにしても軽自動車は維持費などが安価な分、リスクも増大する覚悟も必要でしょう。
 尤も、羽村市富士見平2丁目「イーエスピー」所属のツアーバスが、北佐久郡軽井沢町の碓氷峠付近で転落事故では死者は計14人になったと報道もあり、どのような車でも棺桶になる可能性があるわけです。早く、車線維持機能や追突防止などの安全装置が全ての車に完備されることを期待しています。
Image_2

|

2016年1月 3日 (日曜日)

謹賀新年 丙申

 今年は、「皇紀2676年」、「西暦2016年」、「平成28年」、「丙申(ひのえ さる)」の年です。
 これは「太陽の画家」と呼ばれる三谷祐資氏の絵「常世の国」です。
 昨年、伊勢の神宮会館に宿泊した際に、ホールに飾られた 150号の絵に圧倒されたものでした。
Img_5231
 同氏のホームページには、
 「日本と外国、太陽は同じでも見え方は異なり、或時は優しく、そして或時は炎え上る様なパワーを持って昇って来ます。万象は太陽によって生命を与えられ、朝日、夕日に照らされる風景は美しく、感動致します。その軌跡を一点の絵画として、太陽のエネルギーを生き生きと描いてゆきたいと思います。」
 とありました。
   http://www.y-mitani.net/art/index.html

|

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »