« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月に作成された記事

2015年11月25日 (水曜日)

スバル「アイサイトVer3 」に熱い視線

 最近、自動車の安全運転支援機能がアップしたような情報をImage2見受けますが、その性能には随分と差があるようです。現時点で最優秀は、スバルのアイサイトVer3と言われています。
 その運転支援で最も期待される機能は衝突回避機能で、発見が遅れ衝突・追突のおそれがあるような歩行者や前車に追突を回避する「自動ブレーキ機能」の性能でしょう。
 注目しているのは、トヨタでは「Toyota Safety Sense P」、スバルでは「アイサイトVer3 」 、ホンダでは「追突軽減ブレーキ(CMBS)」、日産では「インテリジェントブレーキアシスト」などと呼ばれています。
 これらの運転支援には、「自動ブレーキ機能」の他に、「前車追従機能」「車間距離警報」「車線逸脱警報」などの機能もあり、事故防止に役立つと期待されています。Image3
 このような機能の発展した先に、「自動運転の実用化」が待っているはずですが、車を購入予定の皆さんは、各社の性能の違いを見比べて、本当の実力を知ってからにすべきと思います。因みに、2015年10月30日、 富士重工業の運転支援システム「アイサイトVer3」が、2015年度グッドデザイン賞の金賞(経済産業大臣賞)を受賞しています。アイサイトに比べると、他社のものは格段に下回る現実があります。
 我が家では、「EyeSight(アイサイト) ver.3」を装備した、レヴォーグ、フォレスター、WRX、S4,レガシィ、アウトバックなどに熱い視線を送っています。

■【自動ブレーキ比較まとめ】スバル車が技術の差を見せつける    https://youtu.be/omJFYtPaksY   

 

スバル レヴォーグ 高速道路体験試乗会 前編 インストラクター走行同乗編 https://youtu.be/hNRfIii-_lE

|

2015年11月19日 (木曜日)

テロ対策に「大阪城の火事」の教えを

  「大阪城の火事」の逸話は、冬のある日大阪城の秀吉は側近に「今日は、風が強いから火事に注意しろ」と指示したそうです。その言葉は側近から大老に、大老から奉行に、奉行Tero_123から火の番にと間違いなく末端まで伝わった。
 伝わったはずだったが、それでも火事が起こった。
 それでは、秀吉の指示は末端まで伝わっていたのに、何故火事が起こったのか?・・・・それは、誰もその指示に加えて、「火の番を増やせ」とか「水桶を用意しておけ」、「見回り回数を増やせ」などと具体的な指示をしなかったことと言われています。
 各責任者は、自分の立場で咀嚼して下に指示すべきなのです。
 さて、今回のパリの同時多発テロ報道を見ますと、日本国内でも有りうると誰でも表面的には心配しています。しかし、自分の周辺で発生するとは誰も考えていないのが現実のようです。
 先日も舛添都知事は、ラグビー・ワールドカップ、東京五輪・パラリンピック警備において、東京の名誉にかけて全力を挙げると意気込み示した他、警視庁でも東京湾でのテロを想定した対策訓練を行い、準備万端の状況をアピールしていました。
 それはそれで良しと思いますが、いざ末端組織の市町村など自治体や地域住民は、そこまで危機感を強めているかは、甚だ疑問に思うものがあります。
 上と下で、温度差が有り過ぎるのです。
 小生が勤める多摩地域の責任者に、「テロ対策は何か考えていますか」と質問したところ、「この辺りは、特に心配することはないでしょう」と実にノンビリした返答でした。 そこで、嫌がられることを承知の上で、近所の某外国大使館に勤めている人の具体例や人が集まる場所、多摩湖など水道施設など地域で重要な施設を例示して、「そのような人材が拉致や諜報の対象にされたり、重要施設が農薬や爆発物で攻撃されたら大変なことになりますよ」と語ってしまいました。すると、少しは考えたようですが、ピンと来ていないことは表情からも見て取れました。
 そこで思ったのが、秀吉の逸話「大阪城の火事」でした。
 都知事も警視庁もトップらは形だけ心配して、「テロに注意する」と意気込みを示しても、中間組織や組織末端の職員一人ひとりまでが単に「テロに注意する」、更に住民も単に「テロに注意する」とオウム返しの言葉だけを伝達しても、何も具体例を発想することは出来ないのです。
 せめて、危険物を扱う施設、毒物・薬物の販売店や取り扱う工場の把握、交通機関や施設の放火、テロリストのアジト拠点に使用されるおそれがあるアパート・マTero_countmatchンション、空き家などの把握や警戒強化の要請、防犯カメラ設置予算の確保など、具体的に動いて欲しいものです。もちろん民間レベルでも、ドライブレコーダー取付け、不審情報の通報依頼等々いくらでもあるはずです。
 19日には、府中市の警察大学校で「テロ対策東京パートナーシップ推進会議」が開催され、池上彰さんも講演したそうですが、官民連携によるテロ対策は重要です。(右イラストは警視庁HPから)

|

2015年11月16日 (月曜日)

韓国は、竹島問題を遠ざける作戦だ

 韓国は、従軍慰安婦問題で大騒ぎして、誰が何処から見ても韓国が不利な竹島問題を遠ざける作戦です。003200_
 日本国民は、その作戦に惑わされてはなりません。
 先日の11月11日(水)のプライムニュースは、自民党の新藤義孝議員と元駐韓国日本大使の武藤正敏さんが韓国問題を話し合っていましたが、表に出ていないことを暴露しており、とても面白い番組でした。
 まず元駐韓国日本大使の武藤さんが、韓国に赴任すると日本の社会党の議員が元慰安婦を連れて大使に会いに来たそうです。
 元慰安婦だという老婆は日本の大使館に来ると、いきなりスカートをまくり「ここにパイトク(梅毒)をうつされたんたよ!」と言われたそうです。それを見て聞いた大使は、「ひどいところに来た」と思ったそうです。
 そんなことを朝鮮人は平気でやる民族なのです。
 また、毎週水曜日になると日本の大使館前で挺対協という組織が演説をやるのです。一番先端に元従軍慰安婦が2人くらい並び、その周りを300名くらいの人が取り囲んで、日本の大使館に向かって「青春返せ」、「人身売買やめろ!」とか、わけのわからないことを叫んで嫌がらせをされたことなどを語っています。
 そして、この二人の話を聞いてますと、従軍慰安婦問題は竹島問題とリンクしていることが分ります。つまり、竹島問題で不利と思っている韓国は、従軍慰安婦問題で大きく騒いで、竹島問題を遠ざける作戦を感じさせます。とにかく、韓国には、「助けない、教えない、関わらない」の「非韓三原則」を貫くべきです。そして、韓国との約束は簡単に反故にされることも念頭に置くべきで、次の大統領になれば、「その話は前の大統領がしたことで私は納得していない。」と蒸す返すことは通例で、元の木阿弥になることは明白です。

韓国 従軍慰安婦 2015年11月11日
◆ 新藤義孝 × 武藤正敏
▽武藤前駐韓大使が読む ”慰安婦問題交渉の行方 & 誠意の意味と受け止め” https://youtu.be/UGTqOpJ77Hg

|

2015年11月14日 (土曜日)

サミット会場には、車、ヘリ、船、電車?

 11月13日、フランス・パリでは、自爆テロや銃乱射事件による同時多発000iseshimaテロが発生し少なくとも120人が死亡、200人以上が重軽傷を負ったテロ事件が発生しました。来年の5月26、27日には、伊勢・志摩「G7」(主要7カ国)が開催されますが、一番の心配はこのようなテロ事件です。
  志摩市賢島の「志摩観光ホテル・クラシック」は、サミットの主会議場として、「G7」会議だけでなく外相会議や財務相会議の開催も予定されています。この「志摩観光ホテル」は外観だけでなく、最大の会場である「真珠」の間は、サミット会議が開かれるに相応しく模様替え工事中のはずです。何を考えているか分からない外国からの旅行者や極左・極右思想の日本人が増えている日本でも、テロ事件は他人ごとでありません。対策は、空・海・山・橋脚・地下など四方八方から徹底する必要があり、ご苦労なことです。

Image_4Image1
Entry_img_6990570

 先日、伊勢の神宮に参拝の合間を見つけて、賢島まで足を延ばしてみまImg_5180した。
 理由は、賢島周辺の環境やアクセス、会場の改修、道路整備などの現況をルポしたかったからです。
 一番の関心は、世界各国の首脳VIP、首脳等夫人、随行員、マスコミ関係者等々5千人とも6千人も言われる方々をどのように会場に運ぶかです。
  素人ながら、賢島近辺の地理的条件から勘案しますと、
 ○車列による。○電車による。○ヘリによる。○船による。
 など、陸海空の交通を利用した多様なバリエーションが予測されます。
  今回は、自家用車で伊勢から賢島に向かいましたが、国道や県道は単調な一車線道路であり、沿道の左右は殆どが雑木林が続くだけの無防備な状況から一番避けて欲しい方法と思いました。Img_5138
 せめて車列による出入りは、首脳陣以外の随行員やマスコミ関係者だけにして欲しいはずです。よって、首脳陣の出入りは、中部空港までは飛行機、そこからはヘリによる賢島入りが最も賢明な方法と見ました。それでも万が一に備えた予備路線として、電車、船舶利用も検討されるはずですから警備関係者は頭を悩ましていることでしょう。
 一番厄介なのは、会議の前後には「伊勢の神宮参り」や「英虞湾遊覧」、真珠養殖視察、京都、大阪などの観光を希望するVIPもいるはずであり、準備関係者の参加国との折衝は今ピークのはずです。
 サミット誘致のメリットとして、おもてなしの国、観光立国のアピール、伊勢・志摩の知名度アップ、インフラ整備は期待されますが、同時に、交通渋滞、テロ対策に伴う過剰警備批判、受け入れ態勢不備の批判、伊勢・志摩地域への観光客減少なども予測されます。
 いずれにしても、国民・県民全員が納得する方法などないことだけは確かです。

|

2015年11月12日 (木曜日)

伊勢の神宮警備はローテクでした

 「伊勢の神宮」参拝の初日は外宮(豊受大神宮)に午前7時過ぎに、翌日は内宮(皇大神宮)に午前6時半ころに1時間以上かけて参拝しました。Img_5067
 早朝であり、いずれの社殿でも参拝者は数名程度で閑散としていましたが、要所要所では神宮衛士(えし)が立哨して警備に当たっていました。Img_5116
 立哨位置が決まっている社殿と、巡回による警備があると見えて、ある社殿の裏手には巡回した時間毎に印鑑を押すのであろう縦型の「巡回押印箱」が設置してあり、丁度、押印している場面に出合わせました。
 裏手から出て来た中年の衛士さんに、「お早う御座います。こちらも印鑑で巡回とはいいですね。」と声を掛けると「昔から変わらないですね」とのこと。「防犯カメラの方が効率的でしょう」と質問を重ねると「カメラは目立たないように何か所は取り付けていますが、人の目による方法も000geku0大切にしています」とのことでした。
  きっと、神宮衛士の警備は、参拝者の大多数は善男善女であることを念頭にして配置し、参拝者の質問に答えたり、撮影禁止場所での撮影や不敬な行為にすかさず注意したりしながら、神域の静ひつな雰囲気を損なわない警戒を大切にしているはずです。
 昨年から今年にかけて、全国の神社仏閣では油かけ事件が多発して犯人の通名・金山昌秀(本名:金昌秀)が浮上していましたが、日本の宗教や文化を敵視する人達から神宮・仏閣を警備するには、防犯カメラや赤外線センサーなどの監視武器と人間の目と一体となった警戒が大切のはずです。

|

2015年11月11日 (水曜日)

「伊勢の神宮」は生きていた!

 先日一週間かけて、京都、比叡山、伊勢を車で回って来ましたので、印象深かImg_5344ったことなどを何度かに分けて紹介したいと思います。 まずは、大和民族の聖地・伊勢では、神宮会館に宿泊して、神宮の外宮、内宮、数か所の別宮、更に来年のサミットが開かれる志摩の賢島などを巡って来ました。
 神宮会館ロビーで宿泊手続きをしていますと背後のモニターから、聖書学者のアンドレ・シュラキが、伊勢の神宮に参詣した際の感想を紹介していました。
 この言葉で、日本人として生まれた誇りと自信を再認識しました。

Image2

 「これまで私は世界の聖地といわれる所を巡ってきた。 その中で感動した神殿が5つある。Img_5268
 1つはエルサレムの神殿跡、
 2つはぺルー山中のマチュ・ピチュの壮大な神殿、
 3つ目はギリシャのデルフォイ、
 4つ目は北京の紫禁城、 この4つはいずれも廃墟となり、 今も祈りが捧げられている所もあるが観光客で賑わうだけ、 5つ目は伊勢神宮。 ここだけは生きた神殿として、今も生きた礼拝がなされていることに驚いた」Image

※アンドレ・シュラキ博士(1917~2007)
 1917年アルジェリア生まれ。1958年エルサレムへ移住。ベングリオン首相顧問、
 エルサレム副市長、イスラエル超教派会議議長、世界宗教会議実行委員などを歴任。旧新約聖書とコーラン全巻を、各々の原典からフランス語に完訳。3つの唯一神教を熟知するところから、それらの相互理解に大きく貢献し、アラブ諸国でも尊敬を受ける。

■伊勢神宮 式年遷宮 せんぐう館   https://youtu.be/-kY3-VsF3Tw  

|

2015年11月 5日 (木曜日)

共同宣言採択見送りASEAN拡大

 ASEAN拡大で共同宣言の採択を見送りするようでは、絆を演出して手を20151151image4つないでいる事態ではないはずです。
 イギリス、ドイツなど欧州諸国からみれば、南シナ海の領有権争いなど他人事と見るのも仕方ないのか思うが、ASEAN拡大諸国の中にも「対岸の火事」と思っている国があるというから、地理的に隣でも価値観の相違の大きさを感じさせます。
 東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国に、日本や米国、中国などを加えた計18か国による「ASEAN拡大国防相会議」がマレーシアで開かれていましたが、中国による南シナ海での人工島の造成問題を巡って、共同宣言の採択が見送られる異例の事態だそうです。 
 せめての成果は、中国の横暴ぶりを議題に出来たことと、ASEAN諸国などの色分けが出来ただけでしょう。対中姿勢の色分けは、平素からの中国との関係の親密さからであり、韓国もラオス、カンボジア以上に理解を示す国なのでしょう。続いてシンガポールでは11月7日には、習近平と台湾の馬総統が会談を行うそうですが、果たして、台湾の未来に明るい展望が開けるのか、それとも中国に組み入れられる第一歩になるのか・・・・2015115image4

|

2015年11月 1日 (日曜日)

韓国は在日韓国人も徴兵する?

 明日、11月2日は、安倍晋三首相と朴槿惠大統領の初めての日韓首Image4脳会談が開かれますが、大して期待をしていません。
 ただ一点、さすが朴槿惠さんと感心していることがあります。
 在日韓国人を全て兵役に就かせる方針です。
 就かない場合は逮捕ですからさすがです。
 日本に帰化した在日朝鮮人でもダメで、「兵役が終わらないで兵役検査を受けないで帰化した者は認めない」という方針を決めたのです。この方針には、安倍首相も第一に感謝の言葉を述べるべきと思います。
参照: http://jpn-tokyo.mofa.go.kr/worldlanguage/asia/jpn-tokyo/visa/military/
 韓国兵務庁は2日、在日同胞に向けたパンフレット「2014年兵役義務者の国外旅行案内」を発表。内容は、在外国民と兵役義務、兵役義務者の海外旅行許可、複数国籍者の兵役義務など、項目別に詳しく書かれています。
http://jpn-tokyo.mofa.go.kr/worldlanguage/asia/jpn-tokyo/visa/military/
①兵役検査を受けていない者の韓国国籍離脱は認めない
②日本は重国籍を認めないから、帰化取り消し(民主党が必死な重国籍法案はこの対策)
③兵役検査を受けていない者は韓国へ帰国して裁判所に出頭
④③の時点で住民票登録がなされるので、在日ではなくなる(在日は難民扱いなため)
⑤③で出頭しないと犯罪者扱いになり、日本の警察官が逮捕して強制送還しなくてはならない。犯罪者の財産は全て没収。
⑥日本政府が⑤を拒否れば、韓国政府から韓国人を拉致していると批判されることになる。
 なお、
 日本には「兵役をやった外国人に日本国籍を渡してはいけない」という決まりがある

|

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »