« 米国大統領はヒラリー氏で決まりか | トップページ | 共同宣言採択見送りASEAN拡大 »

2015年11月 1日 (日曜日)

韓国は在日韓国人も徴兵する?

 明日、11月2日は、安倍晋三首相と朴槿惠大統領の初めての日韓首Image4脳会談が開かれますが、大して期待をしていません。
 ただ一点、さすが朴槿惠さんと感心していることがあります。
 在日韓国人を全て兵役に就かせる方針です。
 就かない場合は逮捕ですからさすがです。
 日本に帰化した在日朝鮮人でもダメで、「兵役が終わらないで兵役検査を受けないで帰化した者は認めない」という方針を決めたのです。この方針には、安倍首相も第一に感謝の言葉を述べるべきと思います。
参照: http://jpn-tokyo.mofa.go.kr/worldlanguage/asia/jpn-tokyo/visa/military/
 韓国兵務庁は2日、在日同胞に向けたパンフレット「2014年兵役義務者の国外旅行案内」を発表。内容は、在外国民と兵役義務、兵役義務者の海外旅行許可、複数国籍者の兵役義務など、項目別に詳しく書かれています。
http://jpn-tokyo.mofa.go.kr/worldlanguage/asia/jpn-tokyo/visa/military/
①兵役検査を受けていない者の韓国国籍離脱は認めない
②日本は重国籍を認めないから、帰化取り消し(民主党が必死な重国籍法案はこの対策)
③兵役検査を受けていない者は韓国へ帰国して裁判所に出頭
④③の時点で住民票登録がなされるので、在日ではなくなる(在日は難民扱いなため)
⑤③で出頭しないと犯罪者扱いになり、日本の警察官が逮捕して強制送還しなくてはならない。犯罪者の財産は全て没収。
⑥日本政府が⑤を拒否れば、韓国政府から韓国人を拉致していると批判されることになる。
 なお、
 日本には「兵役をやった外国人に日本国籍を渡してはいけない」という決まりがある

|

« 米国大統領はヒラリー氏で決まりか | トップページ | 共同宣言採択見送りASEAN拡大 »

08 朝鮮半島に関すること」カテゴリの記事