« 「大阪知事・市長ダブル選」の行方は | トップページ | 韓国は在日韓国人も徴兵する? »

2015年10月26日 (月曜日)

米国大統領はヒラリー氏で決まりか

 本来の「ユダヤ人」は、血統的にアブラハムの子孫として古代イスラエル人またはヘブライ人とも称され、顔だち、帽子、髯、黒い衣服などをイメージします。Image
 しかし近年、ユダヤ人と称して国際的に発言力を持って、マスコミに現れる人の殆どは白人系アシュケナジーです。この白人系のユダヤ人はユダヤ教に改宗したことからユダヤ人扱いになったもので、よく偽ユダヤとも呼ばれます。
 アブラハムの子孫である本来の「ユダヤ人」はイスラエルでも最下層の扱いだそうですから、可笑しな話しです。
 この「偽ユダヤ」の多くは7世紀から10世紀頃、黒海付近にあった「ハザール000250pxchasaren王国」がユダヤ教に改宗した信者の末裔とされるから、先入観でアブラハムの子孫が「ユダヤ人」と思っている人には理解が難しいのです。
 そして、「偽ユダヤ=金融ユダヤ」とも言われ、金融、軍事、医療、メディアやネット、ダイヤモンド価格まで裏で支配していると言われています。
 前置きが長くなりましたが、
 米国ユダヤ人協会(AJC)のデイビット・ハリス理事長が来日中で読売新聞のインタビューを受けて、今日の新聞に、ユダヤ系強い指導者望むクリントン氏・支持40%」との掲載されています。
 今年6月オーストリアで行われた「陰のサミット」とも呼ばれる偽ユダヤが作った「ビルダーバーグ会議」でも、「2016年の米国大統領選では、ヒラリー・クリントンの財政的サポートを行う」と決めていることで最有力のはずです。また、この会議では、ウクライナからロシアの影響力を排除することやTPPを世界統一政府の第一歩にするなどが話し合われたそうです。
 果たして、アメリカ社会や国際社会は彼ら「偽ユダヤ」の思惑通りに動くのでしょうか。勿論、デイビット・ハリス理事長も「偽ユダヤ」の一人のようです。20151026image_2

|

« 「大阪知事・市長ダブル選」の行方は | トップページ | 韓国は在日韓国人も徴兵する? »

03  紹介しておきたい話」カテゴリの記事