« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月に作成された記事

2015年10月26日 (月曜日)

米国大統領はヒラリー氏で決まりか

 本来の「ユダヤ人」は、血統的にアブラハムの子孫として古代イスラエル人またはヘブライ人とも称され、顔だち、帽子、髯、黒い衣服などをイメージします。Image
 しかし近年、ユダヤ人と称して国際的に発言力を持って、マスコミに現れる人の殆どは白人系アシュケナジーです。この白人系のユダヤ人はユダヤ教に改宗したことからユダヤ人扱いになったもので、よく偽ユダヤとも呼ばれます。
 アブラハムの子孫である本来の「ユダヤ人」はイスラエルでも最下層の扱いだそうですから、可笑しな話しです。
 この「偽ユダヤ」の多くは7世紀から10世紀頃、黒海付近にあった「ハザール000250pxchasaren王国」がユダヤ教に改宗した信者の末裔とされるから、先入観でアブラハムの子孫が「ユダヤ人」と思っている人には理解が難しいのです。
 そして、「偽ユダヤ=金融ユダヤ」とも言われ、金融、軍事、医療、メディアやネット、ダイヤモンド価格まで裏で支配していると言われています。
 前置きが長くなりましたが、
 米国ユダヤ人協会(AJC)のデイビット・ハリス理事長が来日中で読売新聞のインタビューを受けて、今日の新聞に、ユダヤ系強い指導者望むクリントン氏・支持40%」との掲載されています。
 今年6月オーストリアで行われた「陰のサミット」とも呼ばれる偽ユダヤが作った「ビルダーバーグ会議」でも、「2016年の米国大統領選では、ヒラリー・クリントンの財政的サポートを行う」と決めていることで最有力のはずです。また、この会議では、ウクライナからロシアの影響力を排除することやTPPを世界統一政府の第一歩にするなどが話し合われたそうです。
 果たして、アメリカ社会や国際社会は彼ら「偽ユダヤ」の思惑通りに動くのでしょうか。勿論、デイビット・ハリス理事長も「偽ユダヤ」の一人のようです。20151026image_2

|

2015年10月23日 (金曜日)

「大阪知事・市長ダブル選」の行方は

 11月5日告示、11月22日投開票の「大阪府知事、大阪市長のダブル選」は、大阪市長選は柳本VS吉村両氏が競り合い、知事選は松井氏を栗原氏が追う展開のようです。   どちらも、橋下徹大阪市長の「大阪の再生」を目指す姿勢や期待が問われています。このエネルギーを崩す候補者はいるのでしょうか。
<2015.10.18> テレビ寺子屋?【話し手・ 橋下徹】シッポリ聴こう橋下講話!   https://youtu.be/oTMdJLGEeXM

橋下徹 VS 柳本顕 「大阪に無駄な二重行政は存在しない」ペテン言動の変遷がわかる動画 https://youtu.be/Eo9n6dFL4so

|

2015年10月 5日 (月曜日)

グローバル化の流れは止まらないの?

 TPP交渉、集団的自衛権、観光立国の実現、難民・移民の受入等々、国境の垣根を低くして多様な人種や文化が交流するグローバル化の流れは止まらないようです。この流れは必然なのか、全て良いことなのか、問題点も多々あると予測されますが、常に批判的なマスコミからも反対の声は少ないようです。  
 明治維新以来積極的に外国文化を取り入れようとしている日本社会は、特に「グローバル化」という言葉に弱い国のように見えます。 しかし、日本では簡単にはグローバル化が進まない現状もあります。  
 大柄で凶暴、遠慮がない外人は嫌だ。
 英語など外国語は苦手、覚える気もない。
 キリスト教やイスラム教など外国の宗教は日本に合わない。
 外来食は珍しいがそのままでは口に合わないので日本化させる。
 その他にも、衣食住など全て日本化させる知恵と技術を持っています。
 ところで、在日など何十年日本に住んでいても日本に馴染まず、日本の政治、経済、治安などに大きな障害になっている現実を忘れてならないはずです。まずは「日本の考え方を情報発信せよ」、「何を遠慮しているのか」と語るケント・ギルバート氏の話しを聞いてみようと思います。
第4回
日本人よ、情報発信せよ!〜グローバル化の中での日本人の役割とは
〜【CGS 日本再生スイッチ】   https://youtu.be/m8LOEFnb2SI  

|

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »