« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月に作成された記事

2015年9月30日 (水曜日)

清川八郎のことを知りたかったら・・・

 「幕末は清河八郎が幕を開け、坂本龍馬が閉じた」と言い切ったのはImage9、作家・司馬遼太郎氏です。幕末を描く上で、山形県庄内出身の清川八郎(本名・斎藤元司)のことは欠くこと の出来ない人物です。
 しかしながら、「新選組」など幕末を題材にした小説や映画では、どうしても悪役として描かれがちで、嫌いだと言う方が多いようだが、それは大きな誤りであり、認識不足だと言いたいものです。
 清川八郎、その存在の大きさを看破しているのが、冒頭の司馬遼太郎氏の「幕末は清河八郎が幕を開け、坂本龍馬が閉じた。」と言う言葉だと思っています。これは仮定の話だが、清川八郎が郷里の山形・庄内で眠っていたら、明治の夜明けは間違いなく数十年は遅れていたと断言できると言われています。
 先日、京都に旅した際、八木邸や前川邸、揚屋・角屋などに立ち寄りましたが、清川八郎が浪士達を集めて演説した臨済宗永源寺派「新徳寺」は、壬生の八木方のすぐ近くにありました。

00044320

|

2015年9月28日 (月曜日)

「もって菊」パックに調理法の紹介を

 先日、八王子の道の駅に行くと、山形県産「もって菊」のパック入りが売り場に積んでありましたが000020157510、今一つ、売れ行きは芳しくないようです。きっと、菊の花びらを食べる習慣のない方々には、二の足を踏むのでしょう。
 しかし、これに目が無い我が家では、10パックも買い物カゴに入れていますと、横から「どうやって食べるのですか」と質問されました。「茹でて、三杯酢で食べると美味しいですよ」と簡単に答えましたが、一言ではコツも風味も伝授できません。
 「もって菊」の名前の由来は天皇家のご紋である菊を食べるなんて「もってのほか」とか、「もってのほか美味しい」からなど諸説あると言われますが、美味しいのでどっちでも構いません。
 調理法を質問されて気が付いたのですが、パックの表面や裏にでも「もって菊」の調理法を二・三紹介したらと思いました。
 我が家では、定番の「おひたし」でショウガ醤油で食べています。00002015276
1. 食用菊の花びらと額を外します。
2. 花びらを、軽く水洗いしてザルで水を切ります
3. お湯を沸騰させたら、花びらをいれます。
4.軽く茹でて、杯一杯程度の酢を入れます。
5. 花びらが、酢で色よくなります。
6.花びらをザルに取り水に晒したら、水気をしっかり切ります。
7. 小皿に盛ったら、ショウガ醤油、麺つゆ、ポン酢などお好みで食す。

|

2015年9月27日 (日曜日)

これは横綱の地位を穢す勝ち方だ!

 大相撲秋場所千秋楽は、結びの一番で照ノ富士に敗れた鶴竜が優勝決定戦では照ノ富士を下し横綱として初の優勝でした。しかし、14日目の「鶴竜×希勢の里」の相撲は二度の変化はガッカリでした。
 横綱・鶴竜は立ち合いで変化して、行司の足を踏み、直後に仕切り直し。
 更に2度目の立ち合いでも変化して稀勢の里を寄り倒しての勝ち星でしたが、この二度の変化にネットでも批判されています。それに、行事がなぜ仕切り直しにしたのかも良く分かりませんでした。とにかく横綱は、どんな相手でも真正面から、しっかりぶつかって相手をガッチリ受け止めて、四つに組んで勝って欲しいものです。
 こんな勝ち方では横綱の地位を守ったとは言えないはずです。
 鶴竜 ブーイング 横綱として前代未聞の、2度の変化   
<大相撲秋場所>◇14日目◇26日◇東京・両国国技館
  https://youtu.be/LGqQev5rmMw

|

難民問題、出来れば触れたくない。

 建国以来、「和をもって貴しと為す精神」が浸透した国柄の日本国民は、ダマすのは簡単と見られています。000000_150907
 日本に対する愛国心など毛頭持たない、海千山千、且つ非情の外国人がやってくれば、日本人など赤子の手をひねるより簡単にやられている現実が多々あります。その証として、何十年経っても弱い国連での立場や外交面、日本人が被害者となる数々の凶悪事件に多数の在日外国人が絡んでいる現実を見ても明らかです。
 とにかく、日本人は簡単には免疫が育たない国民です。
 それに、一番可能性が高い朝鮮半島や中国からの大量難民に、日本国民はどう対応するのか、真剣に検討しておく必要があるはずです。今のままでは、朝鮮戦争当時に何十万もの不法入国者を受け入れた二の舞になると言われています。
 27日、「難民受け入れ」政府検討…シリアから留学生として、との報道がありました。シリアなどから欧州に大量の難民が押し寄せている問題を受け、日本政府はシリアから留学生として難民を受け入れる方向で検討に入ったようです。これまでの、「日本はお金は出すが、難民受け入れに消極的」との、海外から批判を受けていたこともあり、まずは先手を打ったのでしょう。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150925-00000010-mai-pol
 留学生の受け入れで、将来的にシリアの再建に関わる人材の育成に寄与したい考え。法務省によると、昨年の難民認定者数は5000人の申請者に対し11人。シリアからの難民申請者も、ほとんどが人道的配慮による在留許可にとどまる。留学生としての受け入れは、通常の難民認定とは異なるが、正規の資格で日本に滞在できる。政府としては、現状の難民認定制度の枠組みや基準に影響を与えない形で、実質的にシリア問題に貢献できる方法を探った形だ。

|

2015年9月24日 (木曜日)

国会前デモは穏健な国民ではない証拠

 9月24日午前、警視庁は安保法案抗議デモで機動隊員に暴行をした「0000isha労協」主流派の活動拠点「現代社」(杉並区下高井戸1)の捜索を開始しています。逮捕した「革労協」の3人は、国会周辺で安保法案への抗議活動に参加していた際、機動隊員を路上に転倒させるなどの暴行したことが理由のようです。
 先日、都心に用が出来たついでに国会付近を意識的に通りがかると、70歳近い高齢者がたいした理由もないであろうに、孫のような若い警察官に実に刺々しくどなりちらしていました。
 実にみっともない光景でした
 きっと、昔鳴らした全共闘の敗残兵で、機動隊を見ただけで突っかかりたくなったのしょう。
 マスコミは、一応は平和を訴えるデモと報道していますが、実際の光景は実にに攻撃的で刺々しいものです。デモ参加者の恰好はヘルや竹やり、火炎瓶、投石などは使わず、普段着で参加し一般国民を演出していますが、極左のプロ市民集団が扇動していることは明白です。
 とにかく、安保法案反対デモのテレビや新聞報道は全て嘘であることは間違いありません。極左集団や元全共闘の生き残り、或いは共産党や社民党辺りがバックの組織から動員された人ばかりと見ています。先般、田原総一朗が60年安保当時を振り返り、「安保の中身も知らずに反対してただけ」と告白していました。
 この、中身も知らずの指摘は、今回のデモをズバリ言い当てていると思います。Img_4546
安保法案反対派有名人
Shelly 高田延彦 長渕剛
久保田利伸 渡辺謙 笑福亭鶴瓶 中居正広 今井絵理子 美輪明宏 瀬戸内寂聴 高畑勲 宮崎駿 坂上忍 渡辺えり 鈴木奈々 大竹忍 大竹まこと 茂木健一郎 マツコデラックス 大江健三郎 ビートたけし 竹下景子
太田光 太田光代 樹木希林 須藤元気 ラサール石井 坂本龍一 香山リカ 古賀茂明 星田英利 津田大介 山田洋次 吉永小百合 野際陽子 倍賞千恵子 井筒和幸 山本晋也 是枝裕和 大林宣彦 周防正行 綿井健陽
ジェームス三木 小山内美江子 益川敏英 小澤征爾 赤川次郎 富野由悠季 安彦良和 三木谷浩史 落合恵子 小林節 小熊英二 金子勝 室井祐月 山中光茂 土田晃之
鳥越俊太郎 柳澤協二 山口二郎 西谷修 水島朝穂 岸井成格 アナログフィッシュ佐々木健太郎 アジアンカンフージェネレーション後藤正文 くるりギタリスト岸田繁

安保法案中立派有名人
ロンブー淳

安保法案賛成派有名人
松本人志 百田尚樹 青山繁晴 すぎやまこういち 田母神俊雄 フィフィ コンス竹田 津川雅彦 曽野綾子 田崎史郎 森本敏 勝谷誠彦 岸博幸 舞の海秀平 呉善花 
大原康男 小川栄太郎 葛西敬之 櫻井よしこ 桜林美佐 佐々淳行 田久保忠衛 中西輝政 西修 西岡力 西元徹也 長谷川三千子 細川珠生 百地章 渡部昇一 渡辺利夫

|

2015年9月22日 (火曜日)

いよいよ「民主連合政権」樹立ですか

 民主党は日本共産党と、来年夏の参議院選挙に向けて選挙協力を検討するそうで1_1_1す。沖縄の米軍基地反対運動や安保法案反対運動など多少の盛り上がりから、機は熟したと判断しているのでしょうか。
 共産党の志位委員長は9月19日に「野党連立政権の実現」を目指すという会見がありましたが、それを受けてのことでしょう、9月21日の読売新聞には「共産 選挙協力 民主が検討へ」との記事に目が留まりました。いよいよ日本共産党は野党に呼びかけで、「野党連立政権の実現」に向けた本格的な動きと見るべきでしょう。民主・岡田代表は「かなり思い切った提案で注目している」、また民主・長島昭久議員は、「民主執行部はこの呼びかけにも応ずるのだろうか? いろんな意味で共産党の方が上手だな」とつぶやいたそうですが、長島議員まで傍観しているようでは民主も御仕舞か。
 ここで思い出したことは、
 共産党の暴力革命へのプロセスは、いきなり「社会主義革命論」を持ちだすのではなく、第一段は穏健な形で「民主連合政権」を樹立し、次に「社会主義革命」を目指すという「二段階革命論」でした。巧妙・狡猾な共産主義者たちは、マスコミや教育、労働組合運動、スパイ活動、法廷闘争、映画、著作物、スポーツ・文化等あらゆることに関与する戦術を駆使した戦略によって日本人を洗脳する術を知っているのです。
 このことは、「張り巡らされた大衆組織 」でお知らせしています。
 これには、結党以来、長い長い歴史があり、にわか作りの民主党などの野党は全く歯が立たないことです。日本共産党は、労働者をはじめとする国民大衆と共産党を結びつけるために、党員が中心となってシンパを集めた外郭団体を昔から組織しています。
 この「外郭団体」を日本共産党は「大衆組織」と呼んでいます。
 「大衆組織」は革命色をひた隠し、主に生活擁護、文化・スポーツ活動等々、一見、党とは関係ないように偽装された組織が、国民生活の隅々まで張り巡ぐされているのです。
 日本共産党の外郭団体は
①党員の比重が高く、共産党が完全に支配権を持つ組織。
②共産党への引き寄せを目的に幅広いサークル活動。
③政治・社会的課題を実行するために瞬間的動員を目的に作られた組織。
に分類することができます。きっと、共産党系の組織とは知らずに加盟し、活動している人も大勢いるはずです。
暴力革命の方針を堅持する日本共産党(警察庁)
  警察庁から、「暴力革命の方針を堅持する日本共産党」との名で資料が出されていることをご存じでしょうか。警察は大量虐殺ありの「暴力革命」もありと見て警戒しているのです。
1_12_22
3_1

4_1

主な共産党系団体および関連団体■※一部、名称改正もありうる。
           (参考文献:日本政治経済研究所編「左翼便覧」など)
労働分野
全国労働組合総連合(全労連)
日本自治体労働組合総連合(自治労連)
全日本教職員組合(全教)
日本国家公務員労働組合連合会(国公労連)
郵政産業労働組合(郵政労)
日本医療労働組合連合会(日本医労連)
全国自動車交通労働組合総連合会(自交総連)
全日本年金者組合(年金者組合)
全国印刷出版産業労働組合総連合会(全印総連)
全国地方銀行従業員組合連合会(地銀連)
日本育英会労働組合(育英労)
日本民間放送労働組合連合会(民放労連)
住宅・都市整備公団労働組合(住都労)
平和?分野
原水爆禁止日本協議会(原水協)
日本平和委員会(平和委)
非核の政府を求める会
平和・民主主義・革新統一をすすめる全国懇話会(全国革新懇)
安保破棄・諸要求貫徹中央実行委員会(安保破棄中実委)
憲法改悪阻止各界連絡会議(憲法会議)
「ヒロシマ・ナガサキからのアピール」署名賛同・推進の国内連絡会
日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)
第五福竜丸平和協会
日本宗教者平和協議会(宗平協)
日本キリスト者平和の会(日キ平)
平和を願い戦争に反対する戦没者遺族の会(平和遺族会)
法曹分野
自由法曹団
青年法律家協会(青法協)
日本国民救援会(国救)
再審・えん罪事件を支援する全国連絡会
日本国際法律家協会
日本民主法律家協会(民法協または日民協)
日本労働弁護団
全国公害弁護団連絡会議
水俣病被害者・弁護団全国連絡会議
大気汚染公害裁判原告団・弁護団全国連絡会議
核兵器の廃絶をめざす日本法律家協会
生活擁護?分野
全国商工団体連合会(全商連=民商)
全国生活と健康を守る会連合会(全生連)
全国中小業者団体連絡会(全中連)
全国借地借家人組合連合会(全借連)
中央社会保障推進協議会(社保協)
全国老後保障地域団体連絡協議会(老地連)
公害・地球環境問題懇談会(公害地球懇)
全国部落解放運動連合会(全解連)
医療分野
全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)
新日本医師協会
全国保険医団体連合会(保団連)
全国労災職業病対策実行委員会
日本患者同盟
日本患者・家族団体協議会(JPC)
障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会(障全協)
全国障害者問題研究会(全障研)
稀少難病者全国連合会(あせび会)
スモンの会全国連絡協議会
全国ハンセン病患者協議会
全日本視力障害者協議会(全視協)
全国精神障害者団体連合会
日本てんかん協会
全国腎臓病患者連絡協議会(全腎協)
全国腎炎・ネフローゼ児を守る会
婦人分野
新日本婦人の会(新婦人)
日本婦人団体連合会(婦団連)
婦人民主クラブ(再建)
日本母親大会連絡会
子どもと教育・文化を守る国民会議(教育・文化国民会議)
全国保育団体連絡会
全国学童保育連絡協議会
少年少女組織を育てる全国センター
青年・学生分野
日本民主青年同盟(民青同)
全日本医学生自治会連合(医学連)
全日本学生寮自治会連合(全寮連)
全国大学生活協同組合連合会(大学生協連)
明るい革新日本をめざす中央青年学生連絡会議(中央青学連)
日本青年学生平和友好祭中央実行委員会
宗教青年平和協議会(宗青協)
【思想・研究分野】
日本科学者会議(JSA)
歴史科学協議会(歴科協)
自治体研究社
日本民間教育研究団体連絡会(民教連)
歴史教育者協議会(歴教協)
国際友好?団体分野
日本ユーラシア協会(旧日ソ協会)
日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会
日朝協会
日本キューバ友好協会
日本ベトナム友好協会
日本カンボジア友好協会
日本ラオス友好協会
教宣・マスコミ分野
労働者教育協会(労教協)
日本機関紙協会
機関紙連合通信社(KNA)
日本ジャーナリスト会議(JCJ)
共同企画
ジャパン・プレス・サービス
ジャパン・プレス・フォト
日本電波ニュース
日本幻灯文化社
文化分野
文化団体連絡会議(文団連)
日本民主主義文学同盟(民文同)
詩人会議
新日本歌人協会
新俳句人連盟
親子読書・地域文庫全国連絡会(親地連)
日本美術会(日美)
日本漫画家会議
アニメーション美術家連盟
全日本職場美術協議会
日本リアリズム写真集団(JRP)
いわさきちひろ絵本美術館
みずさわ画廊
日本のうたごえ全国協議会
全国勤労者音楽協議会連絡会議(労音)
日本音楽舞踊会議(音舞会議)
民俗芸能を守る会
日本フィルハーモニー交響楽団
全国演劇鑑賞団体連絡会議(全国演鑑連)
前進座劇場
東京芸術座
青年劇場
日本映画復興会議
全日本レクリエーションリーダー会議
全国子ども劇場・おやこ劇場連絡会
映画鑑賞団体全国連絡会議(全国映連
スポーツ分野
日本勤労者山岳連盟(労山)
新日本スポーツ連盟
全国勤労者スキー協議会(スキー協)
全国硬式テニス協議会(硬式テニス協)
全国野球協議会(野球協)
全国バレーボール協議会(バレー協)
全国水泳協議会(水泳協)
全国卓球協議会(卓球協)
全国サッカー協議会(サッカー協)
【全国労働組合総連合(全労連1、132、000人)傘下団体】
日本医療労働組合連合会(日本医労連174、000人
全日本国立医療労働組合(全医労37、000人
全国厚生連労働組合連合会(全厚労28、000人
全日本赤十字労働組合連合会(全日赤8、000人
健康保険病院労働組合(健保労組5、000人
全国労災病院労働組合(全労災4、000人
公立学校共済組合職員労働組合(公共労2、000人
国家公務員共済組合連合会病院労働組合(国共病組1、000人
全国生協労働組合連合会(生協労連71、000人
全日本建設交運一般労働組合(建交労67、000人
全日本年金者組合(年金者組合40、000人
全国自動車交通労働組合総連合会(自交総連40、000人
全労連・全国一般労働組合(全労連・全国一般38、000人
全日本金属情報機器労働組合(JMIU11、000人
全国福祉保育労働組合(福祉保育労11、000人
全国信用金庫信用組合労働組合連合会(全信労8、600人
全国印刷出版産業労働組合総連合会(全印総連7、200人
特殊法人等労働組合連絡協議会(特殊法人労連3、400人
全国検数労働組合連合(検数労連2、600人
通信産業労働組合(通信労組1、300人
全国地方銀行従業員組合連合会(地銀連400人
全労連繊維被服産業労働組合(全労連繊維69人
映像・文化関連産業労働組合(映産労40人
郵政産業労働組合(郵産労2、500人
日本自治体労働組合総連合(自治労連258、000人 
全日本教職員組合(全教213、000人
日本高等学校教職員組合(日高教50、000人
全国私立学校教職員組合連合(全国私教連20、000人
日本国家公務員労働組合連合会(国公労連171、000人)傘下団体】
厚生省労働組合共闘会議(厚生共闘=41、000人
全日本国立医療労働組合(全医労37、000人 
全厚生職員労働組合(全厚生4、000人
全労働省労働組合(全労働19、000人
全司法労働組合(全司法13、000人
全運輸省労働組合(全運輸12、000人
全法務省労働組合(全法務11、000人
全建設省労働組合(全建労10、000人
全通商産業省労働組合(全通産7、000人
全気象労働組合(全気象4、000人
全運輸省港湾建設労働組合(全港建2、000人
全情報通信労働組合(全通信2、000人
総理府労働組合連合会(総理府労連1、000人
全国税労働組合(全国税900人
全行政管理庁職員組合(全行管600人
文部職員労働組合(文労600人
全国税関労働組合(全税関500人
人事院職員組合(人職200人
沖縄総合事務局開発建設労働組合(開建労100人
共産党系のあかつき書店と取引関係にある主な出版社
新日本出版社
あかね書房
青木書店
ナウカ
学習の友社
偕成社
文理書院
あゆみ出版
大月書店
岩崎書店
未来社
明治図書出版
共産党系または関連の出版紙誌
しんぶん赤旗
前衛
少年少女新聞
子ども会少年団
民主文学
議会と自治体
労働運動
学生新聞
月刊学習
女性のひろば
グラフこんにちは
デートライン・トウキョウ(英字情報紙)
学習の友
民主青年新聞
われら高校生
そがく
新婦人しんぶん
経済

|

2015年9月21日 (月曜日)

民主党に平和や人権を語る資格なし

  民主党のスローガンは「権力の暴走を許さない。その先頭に立つ」と勇ましPhotoい。
 しかし、実態は「民主党は暴力行為の先頭に立つ」と、共産党の暴力革命肯定さながらの本性丸出しの行為が国会で繰り広げられたことを国民は知った。
 9月17日、参院第1委員会室で採決が行われた際、山形県選出の自民党・大沼瑞穂議員(36)が委員席の間の通路に立っていたところ、突然、民主党・津田弥太郎議員(63)に背後から羽交い締めにされて後ろに引き倒された。さらに両脇の下に腕を入れられ、後方の椅子に引きずられ、いったん膝の上に乗せた上で床に投げ飛ばされ、この時、大沼議員は右手を床についた際、薬指と小指を突き指するなどの負傷した。
  この暴行事件はネット上は騒然となっているものの、津田弥太郎参院議員は産経新聞の取材に対して「関係ない」とダンマリを決め込んでいるという。 9月20日の討論番組では、民主党の蓮舫氏や辻元清美氏が、この暴力事件にコメントしていたが、「我が党の議員も押し倒されたり、殴られている」などと反省の色はない。
  まず、法案の採決時、委員長席近くで与野党入り乱れて大荒れとなったことと、委員長席から離れたところで行われた津田弥太郎議員の暴力行為とは分離して見ることは当然である。そんなことも分からないのが、蓮舫氏や辻元氏ら民主党議員のようだ。
 特に蓮舫氏はフジテレビ「新報道2001」で、自民党の稲田朋美政調会長の「犯罪行為だ」との抗議に対して「泥沼になる」などと述べ、暴力を正当化するコメントに終始したことは、極めて残念なことであった。
 その、やり取りは次の通り
  http://www.sankei.com/politics/news/150920/plt1509200026-n1.html
  稲田氏「委員長席の混乱だけではなくて、委員の最後列のわが党の大沼瑞穂議員が民主党議員に引き倒されてけがをした。これはまさしく犯罪行為だ。動画で世界中に配信されている。民主主義国家として、法の支配の日本として大変恥ずかしい」
 蓮舫氏「その話は泥沼になる」
 稲田氏「泥沼じゃない。事実だ」
 蓮舫氏「わが党の議員も殴られたり、あるいは私たちの仲間が大きな自民党議員によって、押し倒されてあざができている」
 稲田氏「まったく泥沼じゃない」
 蓮舫氏「参院の現場にいなかったあなたは、女性議員が暴力をふるわれたというのは、どこかで用意した原稿かもしれないが」
 稲田氏「違う。動画で世界に発信されている」
 蓮舫氏「この部分は公党同士で委員の中で検証すべきだと思う」
 稲田氏「しかし世界に発信されている。ユーチューブで。大沼瑞穂さんが民主党議員によって、しかも委員長席とは別の、委員会室の後部で引きずられて、なぎ倒される。これが第1委員会室というまさしく言論の府の象徴ですよね」
 蓮舫氏「私どもの(党の)牧山議員は、自民党の議員によって、足を引っ張られてテーブルから引きずり落とされた。それはご存じですか」
 稲田氏「ん? あのですね、これ(大沼議員の件)は委員長席ではない。まったく委員長席の混乱とは違う後部でやられたということを指摘している」

|

2015年9月20日 (日曜日)

そこまで言って委員会NP2015年9月20日

たかじんのそこまで言って委員会NP 
東京オリンピックこのままで委員会  2015年9月20日
https://youtu.be/1EszkBZHX28

|

いよいよ衣の下から鎧を見せた共産党

 「衣の下から鎧が見える」とは、うわべは平和主義を装いながら、武000photo_2力行為をほのめかすことです。近年では共産党がひた隠す「暴力革命」を言うと思います。
 コミンテルン(国際共産主義)は各国の共産党に対し、いきなり社会主義革命論を目指すのではなく、「先ず民主主義革命、直ちに社会主義革命に強行転化させる二段階革命論」を指針とさせました。日本共産党も、戦前も戦後直後も「二段階革命論」を目指しいいましたが、ことごとく失敗を続け、最後に聞こえていたのが、「今世紀の遅くない時期までに民主連合政権の樹立」でした。それでも、昨今の微笑み作戦の日共は、殺人や破壊活動が伴う暴力革命など忘れていると見る国民が多くいました。
 それが何と、
 共産党の志位委員長は19日の記者会見で、来夏の参院選と次期衆院選に向け、安全保障関連法の廃止を旗印に「野党連立政権の実現」を目指すというから驚きです。これは、正に共産党主導による、「民主連合政府樹立」を目指すことでしょう。これはきっと、最近、共産党支持がやや伸びてきたことや沖縄の基地反対運動の盛り上がり、そして、今回の安全保障関連法案へのデモ運動などの手ごたえから、機は熟したと見ているのであろう。それでも、戦前・戦後を通じての日本共産党の恐怖の本質を知る人々からは、「いよいよ本性を見せて来たな」、「衣の下から鎧がハッキリ見えて来た」と分析する人も少なくありません。
 尤も、日本共産党が暴力革命を否定していないことは、専門家には常識です。
 こんな政党が戦争反対を唱えるのですから整合性などどこもありません。
 今回、「野党連立政権の実現」を目指すという姿勢は、戦争法案・徴兵制と安保法案への国民の集団ヒステリーを煽動し、国家転覆を目論む共産主義によるプロレタリア独裁の足音がハッキリ聞こえると言われています。
 最後に、共産党が革命前・革命後の恐怖政治で殺した人の数、つまり粛清やテロや強制収容所などで虐殺した人の数を列挙しておこうと思う。
 ソ連(ロシア):2000万人
 支那:6500万人
 ベトナム:100万人
 北朝鮮:200万人
 カンボジア:200万人
 東欧:100万人
 ラテンアメリカ:15万人
 アフリカ:170万人
 アフガニスタン:150万人

|

2015年9月19日 (土曜日)

津田「セクハラ ヤッタロウ」

 9月17日、参院平和安全法性特別委で、山形県選出の自民党の大沼みずほ議員がC13abf4b民主党の津田弥太郎議員から引き倒され暴行・傷害を受ける、という暴力的セクハラ事件が起きた。
 民主党よ、目撃者も動かぬ証拠動画もあるのだ。
 ジタバタするな。
 大沼瑞穂議員・自民党側は告訴も検討している。
 自民党の大沼瑞穂参院議員(写真中央白のスーツ)に手をかける民主党の津田弥太郎参院議員(写真中央、大沼氏の真上のグレーのスーツ)。大沼氏はこの後、写真右手奥までひきずられ、膝の上に乗せられた後に引き倒された津田やたろう民主党議員が女性議員を暴行
  https://youtu.be/IGD5kgL3-es  

  自民党の大沼みずほ議員
  昭和54年1月8日東京都生まれ。私立白百合学園高等学校卒、慶應義塾大学法学部卒、同大学院修了(法学修士)。日本放送協会報道記者、外務省在香港総領事館専門調査員、東京財団研究員、内閣府上席政策調査員。平成24年、自由民主党山形県支部連合会の公募にて、自由民主党山形県参議院選挙区第1支部長。自由民主党青年局次長、自由民主党女性局次長

|

2015年9月18日 (金曜日)

「そうりゅう」型と牛肉の交換は無理

 豪州から「日本から潜水艦買うから、もっとオージービーフ買って欲しい」との話しが聞こえていましたが、どうも白紙に戻ったようです。0016ss_2
 昨年来、防衛装備移転三原則の例外措置として、日本から豪州に潜水艦「そうりゅう」型の完成品を輸出するという話しが持ち上がっていたが、白紙に戻ったという報道がありました。豪政府は最大12隻の潜水艦を共同開発する計画で、前アボット政権は三菱重工業と川崎重工業が建造する「そうりゅう型」に関心を寄せていたのです。
 この話しは、アボット豪首相と安倍首相の間で密約があると囁かれていましたが、政権が変わった際などには、日本の潜水艦技術が中国などに垂れ流しになる危険があります。案の定、アボット首相は9月15日突然退陣し、新000_aussiebeef1首相のターンブル氏は今後は安全保障よりも経済政策に転換する見通しのようです。
 新政権の豪州は、潜水艦は予算面では「輸入」の方が有利と判断、日本から「そうりゅう」型の完成品を輸入した場合のコストは250億オーストラリアドル、国内で建造した場合は500億から800億オーストラリアドルかかると試算しているといいます。
 現地生産は、ドイツかフランスの潜水艦が有力のようです。
  個人的には、日本の世界一の潜水艦技術を水際で守ることが出来たと思っています。

|

2015年9月15日 (火曜日)

日本人はなぜ朝鮮人を嫌いになった

 朝鮮半島の素晴らしい歴史や文化、思考回路を村田春樹先生から勉強しましょう。
日時 平成25年9月14日(土)
会場 大阪天満橋武藤記念ホール
村田春樹講演会
 「日本人はなぜ朝鮮人を嫌いになったのか」
https://youtu.be/StBtRu4ojMo

|

2015年9月13日 (日曜日)

必見・たかじんのそこまで言って委員会

たかじんのそこまで言って委員会NP 2015年9月13日 FULL
原爆投下、ハルノート、憲法9条、TPP、安全保障関連法案、沖縄問題、中露関係など
★出演
辛坊治郎
渡辺真理
竹田恒泰
井上和彦
長谷川幸洋
宮家邦彦
桂ざこば
須田慎一郎
ケビン・メア
★ゲスト
元 米海兵隊太平洋基地 政務外交部次長
ロバート・エルドリッチ
ケント・ギルバート
https://youtu.be/jg768j7xrXI

|

2015年9月 3日 (木曜日)

韓国は[密接関係国」ではない!

 安倍晋三首相は8月24日の参院予算委員会で、朝鮮半島有事を念頭に、日本が北朝鮮や韓国の領域内で集団的自衛権を行使して戦闘に参加することは憲法上できないとの見解を示しました。
 民主党は涙目です。
 安倍首相vs民主党小川敏夫「韓国が武力攻撃を受けたら自衛隊行かねば」
 「そうならない」 https://youtu.be/17Sl4pocRek

|

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »