« 秋篠宮ご一家、遊佐町に私的な旅 | トップページ | 時には勉強して欲しい『終戦の日と日本人』 »

2015年8月 6日 (木曜日)

早く帰さないと徹底的に話し合うぞ!

  朝鮮半島との外交では舐められっぱなしの日本ですが、『フザけた事ばっかり言ってると、また話し合うぞ』では、海千山千の北朝鮮相手では何も解決出来ません。
 拉致被害者やご家族のことを思うと、申し訳ない気持ちになります。
 さて、マレーシアを訪れている岸田外務大臣は6日、ASEAN=東南アジア諸国連合の一連 の外相会議に出席するのにあわせて北朝鮮の外相と会談し、拉致被害者らの調査結果 を速やかに報告するよう強く求めることにしています。
   きっと、約束を守らなければ、”徹底的に話し合うぞ”と厳しく応酬するのでしょうか。
 情けない話しです。

日朝外相きょう会談 早期の拉致報告要請
 岸田文雄外相は6日、マレーシアで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議に合わせ、北朝鮮の李洙(リ・ス)ヨン外相と会談する方針だ。拉致被害者の再調査結果を早期に報告するよう要請する構え。米国のケリー国務長官や中国の王毅(おう・き)外相とも個別に会談するほか、ASEANプラス3(日中韓)外相会議などに出席する予定だ。
 岸田氏は5日午後の参院平和安全法制特別委員会で、日朝外相会談に関し「拉致被害者の帰国が実現できていないのは誠に遺憾だ。北朝鮮から具体的な動きを早急に引き出すべく直接働き掛けをしたい」と強調した。菅義偉官房長官も同日の記者会見で「北朝鮮の中枢に対し、日本は拉致被害者の帰国が最優先であることを強く伝えていく」と述べた。
 会談では、北朝鮮が特別調査委員会で拉致被害者らの調査を始めてから1年以上が過ぎても結果報告がないとして抗議し、被害者全員の帰国を強く要求する考えだ。
 李氏は金正恩(キム・ジョンウン)第1書記のスイス留学時代、同国大使として「世話係」を務めていたとされ、日本側は「歴代外相と異なり最高指導者に声が届く」(外務省幹部)とみている。安倍晋三首相が会談を調整するよう岸田氏に指示。北京の外交ルートで働き掛けていた。

|

« 秋篠宮ご一家、遊佐町に私的な旅 | トップページ | 時には勉強して欲しい『終戦の日と日本人』 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事