« 横槍も何のその「世界遺産登録」 | トップページ | 早く帰さないと徹底的に話し合うぞ! »

2015年7月19日 (日曜日)

秋篠宮ご一家、遊佐町に私的な旅

 所用で18日遊佐に帰省したところ、秋篠宮ご一家の動きに偶然出合わせました。
 よくぞ辺鄙なところに陽を当てられるように、ご訪問させられたと感慨深く思っております。
Image_2
 悠仁さまの夏休み…見事な太鼓演奏に拍手も
 読売新聞 7月18日 19時5分配信
 秋篠宮ご夫妻と「杉沢比山」を鑑賞し、使われた太鼓を楽しまれる悠仁さま(18日午後2時10分、山形県遊佐町で)=代表撮影
 秋篠宮ご夫妻と長男悠仁(ひさひと)さま(8)は18日、夏休みの家族旅行で山形県を訪問された。鳥海山(2236メートル)の麓にある遊佐町の神社で、鎌倉時代の頃から伝承される神楽「杉沢比山(ひやま)」(国の重要無形民俗文化財)を観覧された。
 終了後、保存会のメンバーが二つの太鼓を使って曲の一節を披露。続いて秋篠宮さまが挑戦されたが、うまく演奏できず、悠仁さまが「そうじゃないよ」と代わって見事に演奏して、拍手が起きる場面もあった。その後、鳥海山の伏流水が湧き出る町内の牛渡(うしわたり)川のほとりを散策。案内役から、湧水のため水温が低いという説明を聞いた悠仁さまは、川に手を入れて「冷たい」と確かめられていた。ご一家は同県に数日間滞在される。最終更新: 7月18日 19時5分0000820

|

« 横槍も何のその「世界遺産登録」 | トップページ | 早く帰さないと徹底的に話し合うぞ! »

09 遊佐町の関連情報」カテゴリの記事