« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月に作成された記事

2015年7月19日 (日曜日)

秋篠宮ご一家、遊佐町に私的な旅

 所用で18日遊佐に帰省したところ、秋篠宮ご一家の動きに偶然出合わせました。
 よくぞ辺鄙なところに陽を当てられるように、ご訪問させられたと感慨深く思っております。
Image_2
 悠仁さまの夏休み…見事な太鼓演奏に拍手も
 読売新聞 7月18日 19時5分配信
 秋篠宮ご夫妻と「杉沢比山」を鑑賞し、使われた太鼓を楽しまれる悠仁さま(18日午後2時10分、山形県遊佐町で)=代表撮影
 秋篠宮ご夫妻と長男悠仁(ひさひと)さま(8)は18日、夏休みの家族旅行で山形県を訪問された。鳥海山(2236メートル)の麓にある遊佐町の神社で、鎌倉時代の頃から伝承される神楽「杉沢比山(ひやま)」(国の重要無形民俗文化財)を観覧された。
 終了後、保存会のメンバーが二つの太鼓を使って曲の一節を披露。続いて秋篠宮さまが挑戦されたが、うまく演奏できず、悠仁さまが「そうじゃないよ」と代わって見事に演奏して、拍手が起きる場面もあった。その後、鳥海山の伏流水が湧き出る町内の牛渡(うしわたり)川のほとりを散策。案内役から、湧水のため水温が低いという説明を聞いた悠仁さまは、川に手を入れて「冷たい」と確かめられていた。ご一家は同県に数日間滞在される。最終更新: 7月18日 19時5分0000820

|

2015年7月 6日 (月曜日)

横槍も何のその「世界遺産登録」

 「世界遺産登録」に限らず、日本は、狡猾かつ執拗な「韓流外交」に翻弄されがちなことを心配していImage16ます。
 「明治日本の産業革命遺産」を巡っては韓国の横槍から、土壇場ですったもんだして心配していました。日本は、登録を目指す施設は1910年までの歴史が対象で、徴用が行われた1940年代とは時代が異なると主張。しかし、韓国政府は、「明治日本の産業革命遺産」の23施設のうち7施設について、「戦時中に強制徴用された労働者がいた」と主張し、登録に反対していました。
  結果的には、こんな横槍も何のその「産業革命遺産」(福岡、長崎など8県の23施設)の世界文化遺産への登録を決め、国内の世界遺産は19件になりました。
 今後、世界遺産登録が期待されるところは、皇居(江戸城)、玉川上水、出羽三山、四国八十八カ所霊場と遍路道などがありますが、このような遺産には「韓流外交」が入り込むスキはないはずです。
日本、世界文化遺産登録決定=中国ネットは賛否両論、「韓国よ韓国、何て役立たずなんだ」と韓国批判も   http://www.recordchina.co.jp/a113280.html
   配信日時:2015年7月6日(月) 9時50分
 日本の「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録決定に、中国ネットが注目している。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は5日、日本が推薦した「明治日本の産業革命遺産」を世界文化遺産に登録することを決定した。
 ----中略---- 
 「確かに日本は中国を侵略したことがあるが、明治は日本が台頭した重要な時代だといえる。日本の台頭でアジアもけん引された。これは歴史の富と言っても過言ではない」「日本の外交能力は高い。世論を導くことに長けている」「日本がこれを機に歴史を正視するなら、いいんじゃない」「反日なのは中韓だけ。世界全体で見れば日本の印象は非常に良い」と肯定的な意見も寄せられた。このほか、「韓国は日本に買収されたな」「韓国よ韓国、何て役立たずなんだ」と日本の世界文化遺産登録を阻止できなかった韓国に対する批判の声も聞かれた。(翻訳・編集/内山)

|

2015年7月 5日 (日曜日)

日本の真実の歴史を勉強しよう

 例年、暑い季節になると、戦争や原爆の話題が多くなりますが、GHQによる占領政策と東京裁判から「日本は悪」と貶める歴史観が浸透し、必ずしも正しい立ち位置で語られていないと見ております。
 「凛として愛 」、この歴史映画に感動しなかったら日本人ではないと思います。
 この映画は平成14年、靖国神社・遊就館で上映する為に製作されましたが、政治的圧力により上映禁止となったものを、関係者の努力で日の目を見ています。
702160

 以下は、紹介文をそのまま引用させていただきます。
  国難の危機にある現代の日本人必須の映画、今ひとりでも多くの方に、この学校教育やメ­ディアでは教わらなかった『日本の真実の近代史』を、この映画を通じ、知って目覚めて­欲しいと心から願っております。
 明治開国から大東亜戦争まで日本が戦って来た『真実の歴史』を約70分でまとめてあり­ます。学校で教わってきた日本を悪とする近代史とは明らかに違う内容が記録されています。なぜそのように間違ったことを教えられてマインドコントロール漬けになった現代の日本­があるのかを知る切欠になる貴重な映画です。
◆明治27年の朝鮮半島をめぐる清国との戦い
◆ロシア、フランス、ドイツの三国干渉
◆朝鮮半島、満州をめぐり大国ロシアとの戦い
◆満州事変、支那事変、ABCD包囲網
 日本が戦いを免れなかった真実、資料に基づいて制作された映画、真実の歴史を知る事ができます。

|

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »