« 拡散記事「スカッとする話です」 | トップページ | 左翼政党や反日マスコミの「御為倒し」 »

2015年5月10日 (日曜日)

日本はこんな無法国家に隣接する

 中国共産党は、ウイグル族やチベット人ら少数民族を虫けら同様に殺00000map_jp_2害しつつ、南シナ海のスプラトリー諸島では大規模埋め立てを進め軍事基地化を目指し、更に、尖閣・沖縄にも食指を伸ばしている現実がある。
 ソ連軍(現ロシア軍)は、北方領土の不法占領を70年も続けながら、ウクライナ南部クリミア半島を一方的に編入して開き直っている無法者国家だ。
 朝鮮半島の南北国家
 日本に対する態度は、推して知るべしの最悪の反日国家に成長し、これら北鮮・南鮮・中国を指し「特亜三国」の呼び名は定着した。
 憲法前文には、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」とあるが、そのような平和を愛する国が何処にあるのか知りたいものだが、平和ボケ国民はいまだに「平和・平和」「護憲・護憲」などと、「他力本願の平和主義」を念仏のように唱えている。
 そんな中、5月9日はロシア「赤の広場」で、「対独戦勝70年』軍事パレードが行われたが、プーチン大統領と習主席は、「世界の平和と国際社会の公正と正義を一緒に守ろう」と演出し、日米同盟を牽制するような挨拶をしていたそうだ。
 何かが大きく狂っているが、これらを産経新聞は、身勝手な「歴史」反論せよと鋭く「主張」している。

2015510

|

« 拡散記事「スカッとする話です」 | トップページ | 左翼政党や反日マスコミの「御為倒し」 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事