« 「表現の自由」に限界はないのか。 | トップページ | 相続税増税の余波なのか? »

2015年1月12日 (月曜日)

薩摩の味漬「麦みそ漬け」の紹介

 山形県鶴岡と鹿児島は兄弟都市として長年友好を育んでいる。
 兄弟都市になったキッカケは、戊辰の役に敗れた庄内藩は会津藩同様の厳しい処罰・処遇を覚悟していたが、西郷南洲翁の寛大な措置に感動した。この南洲翁の人徳に心服した藩主酒井忠篤公以下の庄内の人々との「徳の交わり」が、鶴岡と鹿児島の交流の始まりとなった。「西南の役」の折には、庄内藩からも薩摩軍に応援に駆けつけたほどだ。
 その後の友好関係のことは、このブログでも幾度となく紹介している。
南洲神社は酒田にもある: 多摩湖畔日誌
西郷隆盛と「庄内藩」の交流を紹介!: 多摩湖畔日誌
「西郷どんの教え」の元は庄内藩: 多摩湖畔日誌

 さて、個人的にも鹿児島県出身者とは何名かと親しくして頂いているが、残念ながら、庄内地方と、このような裏事情があることを鹿児島の皆さんは殆どご存じない。
 もっとも個人同士が親しくするのに、いちいち150年前の昔話を持ち出して恩に着せたり着たりする必要はない。000000020
 きっと、元々の気性の相性がいいのであろう。
 昨日は親しくしている一人から、
 鹿児島の漬け物「薩摩の味漬」をいただいた。
 日本の漬け物は、欧米のチーズに匹敵すると言われ、長い歳月がその地方独特の味を醸し出しているものが多い。「薩摩の味漬」は大根を甘いみそ味で漬けたものだったが、この味が遠征する薩摩武士の強さの秘密だったのかも知れない。
 山形県庄内地方も漬物王国と言われているが、かつての恩讐を超えて「漬物対決」ならあってもいいではないか。
 「薩摩の味漬」の大根はカレーに添える福神漬けに近い味がしたので、同じように試してみようと思う。

Image
http://www.uezonoshokuhin.com/profile.htm
  会社名 :上園食品株式会社
 所在地 :〒899-5102 鹿児島県霧島市隼人町真孝字松山3344-1
 電話 :0995-42-6969  FAX :0995-43-1160
 E-mail :info@uezonoshokuhin.com

|

« 「表現の自由」に限界はないのか。 | トップページ | 相続税増税の余波なのか? »

10 酒田市の関連情報」カテゴリの記事