« たかじんのそこまで言って委員会2014年12月21日 | トップページ | 「ねずさん」こと小名木善行さんのお話 »

2014年12月22日 (月曜日)

人間でもなかなか出来ない救出劇だ!

 インド北部のカンプールで、感電して意識を失ったサルを仲間が助ける一部始終をカメラが捉えていま­した。まずは動画を見て欲しい。
 人間社会でも、なかなか出来ない行為だ。
 このような場面で、見て見ぬふりする人を随分見てきた。
 つまり、猿より劣る人間がいっぱいいるということ・・・・・・

サルが感電し意識不明・・・仲間が必死の救出劇  インド(2014/12/22)     http://youtu.be/sa88-YpFVSw

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000041180.html
  2014/12/21  
 インド北部のカンプールで、一匹のサルが線路の脇に倒れてグッタリとしています。実はこのサル、電線の上を歩いていた際に感電してしまったのです。仲間のサルが体を揺さぶりますが、ピクリとも動きません。何とか助けようと首や目の辺りに何度もかみつきます。さらには、体を地面に打ち付けますが気を失ったままです。あきらめない仲間のサルは、ついにはサルを水路に落とし、水につけるなど、懸命な救命劇は20分以上続きました。少し手荒な方法が功を奏したのか、サルはついに、意識を取り戻しました。仲間のサルは安心したのか、助けたサルの背中を優しくなでるようなしぐさも見せました。仲間を救ったサルには、集まった人たちから大きな歓声と拍手が送られました。

|

« たかじんのそこまで言って委員会2014年12月21日 | トップページ | 「ねずさん」こと小名木善行さんのお話 »

03  紹介しておきたい話」カテゴリの記事