« もしも小舟があるならば漕ぎ出そう | トップページ | 世田谷一家殺人は「不審な男」が犯人? »

2014年12月13日 (土曜日)

東京12区「田母神候補」あと一息だ

 前回の衆院選で棄権票(白票)が約4万票と日本一多いのは「東京1Image1_22区(北区全域と足立区の一部)」だった。
 つまり、約4万人がわざわざ投票所に行ってまで棄権票を投じている。理由は「こんな顔ぶれでは投票したい人がいない」という有権者の強い怒りの意思表示だ。
 太田昭宏(公明党)、青木愛(未来→生活の党)、池内さおり(共産党)、服部まさみ(幸福実現党)、こんな左傾色・宗教色だけでは、我が家でも白票を投じること間違いない。
 しかし、今回は違う。
 田母神俊雄(たもがみとしお)氏が「次世代の党」の副代表として保守の受け皿となるべくなり込みの立候補している。そして、公明と連立を組む自民だが、自民を含む保守政党支持層から田母神候補が、どれだけ取り込めるのかが注目される。
 票読みとしては、
 前回は太田候補が11万票と高いが、自民支持者も仕方なく2~3万は仕方なく入れたであろうし、まずはその票を全て奪い、更に棄権票の4万票、また根強い田母神ファン数万を加えて、8万票前後は行くであろう。
 必然的に太田候補は約3万票は減り、8万票程度で共倒れの可能性も高い。
 田母神候補は
 「公明党は、安倍総理がやろうとしていることに基本的にみんな反対だ。従って、自民党の右側にしっかりと柱を立てて『安倍首相、もっとしっかりやってくれ』という健全野党が必要だ」と意気軒昂だ。
 田母神候補の今日の頑張り次第で、国会への道が開ける。

B31tdwicyaaeyaj

 まずは、天皇兵陛下に唯一頭を下げない男・太田候補を倒して欲しいものだ。00000000000000025

●平成21年の第45回衆議院議員総選挙
東京都第12区

当選 青木愛 118,753票
落選 太田昭宏 108,679票

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持比例
太田昭宏 67 公明党 114,052票 51.4% 自民
比当 青木愛 47 日本未来の党 56,432票 25.4%
池内沙織 30 日本共産党 41,934票 18.9%
服部聖巳 34 幸福実現党 9,359票 4.2%

|

« もしも小舟があるならば漕ぎ出そう | トップページ | 世田谷一家殺人は「不審な男」が犯人? »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事