« たかじんのそこまで言って委員会2014.11.09 | トップページ | 12月2日衆議院解散→14日投開票か »

2014年11月10日 (月曜日)

公益大生殺害、11月10日初公判

 昨年5月29日(水)山形県酒田市高見台2丁目のアパートで発Sakata_1覚した、東北公益文科大2年の設楽亮介さん(当時19)殺害事件で、同大の元学生(20)の裁判員裁判初公判が事件から1年半ぶりに、今日11月10日、山形地裁で開かれるそうだ。 
 事件があったアパート近隣には親戚があり、発生当初から関心を持っていた。
 犯人と被害者は、小・中学・大学と同級で、実家も近隣と幼馴染と言われる。
 二人の成長過程で、ライバル意識から「ひがみ」「そねみ」「ねたみ」「つらみ」が徐々に積み重なったものか。思うに犯人は、常に明るく振る舞う被害者の設楽君に好意を抱いていた可能性が強いが、何かしらの理由で恨みを持つようになったのであろう。。
 弁護側は、犯行時の責任能力を主な争点とするそうだ。

設楽さんは殺人犯と一緒だった?: 多摩湖畔日誌0000_2013082400442

謎が深まった「酒田市公益大学生殺人事件」: 多摩湖畔日誌

強い愛ほど強い憎しみに変化の虞あり 
  http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-a12b.html

庄内文化学び人間形成 公益大が1年生中心に初導入 山伏修行と禅修行
http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2012:09:18:4910 
 2012年(平成24年) 9月18日(火)Sakata_image2
によると
 ともに1年生で、山形市出身の三浦和樹さん(19)は「足首が痛くてきつかったが、普段はできない体験として面白く、何か得るものがあると思う」、小国町出身の舟山健太さん(19)は「時間などルールがきっちりとしていて、予想より厳しいが、ここでしか教えてもらえない作法などを覚え、とても貴重な体験」とそれぞれ感想を話した。
--------------------------------
■公益大生殺害事件・裁判員裁判始まる 11/10
   
http://www.sakuranbo.co.jp/news/2014/11/10/1110.html
殺人罪に問われているのは、東北公益文科大学の元学生の男(当時19)。起訴状によると、被告の元学生は去年5月、酒田市のアパートで同じ大学に通っていた設楽亮介さんの頭を金属の棒で何度も殴った上、背中を包丁で刺すなどし殺したとされている。山形地裁で開かれた10日の初公判で、被告は起訴事実を「間違いありません」を全面的に認めた。また弁護側は「物事を判断し行動を制御する能力が欠けていた」と心神耗弱を主張した。
 一方検察側は、被告が設楽さんに「寮での人間関係について不満を打ち明けたものの、共感してもらえず嫌いになった」事や大学の図書室から金属製の棒を持ち出し犯行に及んだ事を指摘した。
11日は被告本人への質問が予定されている。

|

« たかじんのそこまで言って委員会2014.11.09 | トップページ | 12月2日衆議院解散→14日投開票か »

10 酒田市の関連情報」カテゴリの記事