« ノーベル賞受賞者・中村氏の怒り | トップページ | 中国人を東大和市の市政功労者表彰 »

2014年10月 9日 (木曜日)

ロボットが強過ぎると人は自信喪失?

 2045年以降には、人工知能(AI)搭載のスーパーコンピューターが地球を支00000robotarm640x配するのではないかと、まことしやかに囁かれているが、実現する可能性が高いのではと憂慮する。
 人工知能(AI)の発達はすざましいく、
 チェスは随分前から人工知能(AI)に歯が立たないが、奪った駒を繰り返し使える将棋は複雑で、まだ人間が有利と見られていたのに、プロ棋士専用ロボットアーム「電王手くん」にプロ棋士が負け越したことは衝撃だった。
 このままでは、
 いずれは、将棋や囲碁、チェスなどだけでなく、優れた二足ロボットに人工知能(AI)を搭載すれば、駆け足、テニス、野球、サッカーなどの運動まで、人間がロボットに勝てない時代が到来すると予測する。
 野球などでロボット枠二台までという時代も来るのか・・・・・Bonanza1_2
 2014年10月7日〜 11日、、
 家電・IT(情報技術)の見本市「シーテック・ジャパン 2014」が、幕張メッセで開幕しているが、これにプロ棋士専用ロボットアーム「電王手く」が展示されている。「電王手くん」は、今年の第3回電王戦でコンピュータ側の代指しを務め、結果はプロ棋士の4敗1勝となり、関係者は「将棋連盟始まって以来のピンチ」と強さを認めているそうだ。
 将棋は下手の横好きで、
 ずいぶん前から、「フリー版Bonanza (ボナンザ ) 」をダウンロードしているが一度も勝てない。得意の棒銀や振り飛車の急戦法でいい所まで追い込むのだが、最後は逆転されては、悔しく思うと同時に自信喪失に陥って、最近は挑戦しなくなった。
 つまり、相手が強すぎると、勝つ努力をしなくなるもので、今後は、「電王手くん」に挑戦するプロ棋士もいなくなるのではと予測する。
 よって、人工知能搭載のスーパーコンピューターの地球支配も有りか・・・・・・

■Bonanza はコンピュータ将棋プログラムです。
フリー版Bonanzaのダウンロード
マイボナによるボナンザの導入方法

 ponanzaの勝利で幕を閉じた電王戦第五局の一部始終レポート・会見編

 [速報]電王戦最終局は130手まででponanzaの勝利!! プロ側は1勝しかできず

|

« ノーベル賞受賞者・中村氏の怒り | トップページ | 中国人を東大和市の市政功労者表彰 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事