« 二流国のノーベル賞コンプレックス | トップページ | アパ半蔵門→山形県人は料金三分の一 »

2014年10月26日 (日曜日)

佐賀にある暗殺者「安重根」の記念碑

 「日本人の敵は日本人」と言われるが、愚かしいかな、自分が住む日本を貶めることに000b51躍起となる左傾マスコミ、左巻き政党、それを支持する多くの知識人・国民には驚くばかりだが、税制上の優遇措置がなされている宗教家たちによる敵国を利する行動も大きな問題だ。
 事実上、北朝鮮大使館と言われる朝鮮総連中央本部ビルの競売で、朝鮮労働党幹部と親交深いとされる鹿児島市「最福寺」の住職・池口恵観氏がしゃしゃり出たときは驚いたが、こっちの方がもっと驚いた。
 なんと、佐賀県佐賀市の「無量寺」には、伊藤博文を暗殺したテロリスト安重根(アン・ジュングン)の碑が建設されていると言う。
 建立したのは「安重根平和財団青年アカデミー」というところで、「201131460安重根の行動が東洋平和のためだったという事実を広く知らせたい」との趣旨が動機だそうだ。
 除幕式が行われたのは2011年3月25日だが、三年前の3月と言えば、東日本大震災で日本中が大変だったときに、堂々と犯罪者を祀り上げる記念碑が除幕されたことになる。
 当然、「無量寺」の住職や檀家の主だった人達も、敷地使用の権利などを許可しChoongkun20ahn1たはずだ。 
 良く知られていることだが、長州藩(現山口県)出身・初代内閣総理大臣の伊藤博文は、親韓派で朝鮮併合に反対だったが、暗殺されたことにより、併合派が強くなり日韓併合が早まったと言われる。
 皮肉にも、朝鮮人のプライドを傷つけたという日韓併合に一番尽力した人はテロリスト安重根(アン・ジュングン)だったことに韓国は気付いているのか。

無量寺の住所など
 〒849-0911 佐賀県佐賀市兵庫町大字若宮若宮1970-2
          TEL 0952-98-2911

|

« 二流国のノーベル賞コンプレックス | トップページ | アパ半蔵門→山形県人は料金三分の一 »

08 朝鮮半島に関すること」カテゴリの記事