« たかじんのそこまで言って委員会 2014.09.07 | トップページ | 山形県庄内平野は津波に注意が必要 »

2014年9月 9日 (火曜日)

「睡眠薬」も使い方次第で凶器になる

 東京都瑞穂町で、女の子に睡眠薬使用と見られる傷害事件が発生した。睡眠薬に限らないが、自動車にしろ包丁にしろ便利なものは目的以外で使うと凶器になるものだ。Image
 40日前のことだが、7月29日の夕方、
 小学校3年の女の子(9)が、瑞穂町箱根ケ崎西松原の「町立松原西公5_50」で一人で遊んでいたところ、見知らぬ男から「あめをあげる。これおいしいよ」渡されたアメを口にした。女の子は意識がもうろうとしていると、男は女の子をおんぶして、公園から立ち去り、その数時間後に、近くの路上で倒れているところを通行人が発見し病院へ搬送されたが、尿検査から睡眠薬と思われる成分が検出された。
 この男は、20~30歳ぐらいのやせ形で、黒いジャケット姿だった。
 現在、福生警察署で傷害事件として捜査中だが、201499_003
 公園付近には防犯カメラは設置されているのだろうか。
 それにナゼ報道が遅くなったのか。
 警察への通報が遅れたのだろうか・・・・・
 発生が7月29日と言えば、
 都内で相次いだ「声優のアイコ」を名乗る女による睡眠薬で眠らせた上、現金などを奪った昏睡強盗事件で、杉並区久我山 1丁目に住む無職・「神(じん)いっき」容疑者(30・女)を7月7日に逮捕したあとで、睡眠薬使用などが話題だった。それに、首都圏では、木嶋佳苗被告の睡眠薬や練炭を使用した大量殺人事件も発生している。
 模倣には注意が必要だ。
  「睡眠薬」は服用したことがないが、
 自殺者もよく服用後に自殺を図ったり、性犯罪でもアルコールなどの飲み物と一緒に睡眠薬を飲ませて昏睡させて乱暴をしたりと、いいイメージを持たない。もちろん、医師や薬剤師からの注意を守って服用すれば、必要な方には大切な薬なのだが、間違った動機で使うと刃物同様の凶器になる。
 文明の利器・自動車同様、睡眠薬は使い方次第で恩も受ければ凶器にもなる。

※警視庁生活安全総務課から、次の内容でメール配信された。
 子供の防犯対策について
 東京都内では、7月から8月にかけて、小学生が見知らぬ男や女から、「あめあげる」と声をかけられる事案が連続発生しています。実際にあめを食べて具合の悪くなった子供もいますので、十分に御注意ください。
・見知らぬ人に声をかけられても、物をもらったり、ついていかないように子供に言い聞かせましょう
・子供はできるだけ一人で外出させないようにしましょう
・不審者を発見したら110番通報をお願いします
 【問合せ先】生活安全総務課 03-3581-4321(内線30254)

 

|

« たかじんのそこまで言って委員会 2014.09.07 | トップページ | 山形県庄内平野は津波に注意が必要 »

04  気になった事件・事故」カテゴリの記事