« 朝日は日本の評判を落とすため何でもやる! | トップページ | 2014年9月末、山形県北端の鳥海山 »

2014年9月27日 (土曜日)

成せばなる「ケネディ大使・米沢訪問」

 キャロライン・ケネディ大使が、今日9月27日、「なせばなる秋まつり」を見物に山形県米沢市を00000020131125_2訪問するという。米沢の人達にとっては、正に「なせばなる」との感慨であろう。
 世間に知られた「なせば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」という言葉は、上杉鷹山公が子息に教訓とさせたもの。
 人が何かを為し遂げようという意思を持って行動すれば、何事も達成に向かうのである。ただ待っていて、何も行動を起こさなければ良い結果には結びつかない。結果が得られないのは、人が為し遂げる意思を持って行動しないからだ。
 この教えを米沢市民は忠実に守って働きかけたことが、今回、キャロライン・ケネディ大使が米沢を訪問することにつながった。
 この大使訪問までのプロセスは50年以上前に遡る。
 ジョン・F・ケネディ 第35代アメリカ大統領は、就任当時、尊敬する日本人として上杉鷹山の名前を上げたが、更に娘である大使は昨年11月、東京都内での講演でこのエピソードを披露し、日米関係の緊密さを強調した。
 この大使の発言を受け、県と米沢市は直ちに招請活動を開始したという。

 同じ山形県内でも、米沢と庄内の酒田や遊佐とは距離がある。000000029768_2
 しかし、上杉鷹山の米沢での財政改革成功の陰には、酒田の本間家からの大きな経済支援があったことは余り知られていない。
 知恵があっても資金がなければ成功は難しい。
 豊富な資金と知恵が結びついて、はじめて米沢藩の再生が見られたのであろう。
 10月18日から24日は、「地域コミュニティ再生のヒントを探る」が開催される。初日の18日には東北公益大学鶴岡キャンパスで「上杉鷹山と庄内」のテーマで米沢市文化課の青木昭博主幹が講演する。
 「本間様には及びもないが、せめてなりたや殿様に」とうたわれたり、或いは、上杉鷹山を指南した男として知られる酒田の豪農・本間光丘(1732~1801)と公益の精神の大切さ、更に、米沢市民は「恩を忘れていない」ことを知らせるはずだ。

ケネディ大使、米沢訪問
 
  http://youtu.be/zSLeq_tyIj0

|

« 朝日は日本の評判を落とすため何でもやる! | トップページ | 2014年9月末、山形県北端の鳥海山 »

10 酒田市の関連情報」カテゴリの記事