« たかじんのそこまで言って委員会2014.9.28 | トップページ | 日教組は「日本を貶める事は何でもやる」 »

2014年9月29日 (月曜日)

一時停止場所は「シッカリ停止せよ」

 先日、山形県酒田市南新町の稲荷神社前で、普通の一時停止標識の二倍以上も大きな標識2014926_008を見て思ったことだが、「一時停止場所」は、まず「シッカリ停止」+「安全確認」せよと伝えたい。
 車の動きから子供でも分かる違反なのだ。
 現在、政府の重要施策の一つとされる「秋の全国交通安全運動(9月21日~30日)」が行われているが、交通マナーの悪さは一向に改善されず、運動効果も疑問視されている。
 最近、他人の運転する車に乗る機会が多いが改めてマナーの悪さを実感し、一緒に乗っていて怖いほどだ。一点例を上げると、「一時停止場所」でシッカリ停止しない人が多いうえに、「一時停止する場所」や「一時停止」という言葉の意味を知らないから驚きだ。Japan_road_sign_330_svg_2
 「一時停止」とは、
 車両が完全に停止することであり、のろのろや最徐行であっても、一時不停止違反となる。それに、一時停止、安全確認および徐行だけでは足りず、交差道路の車両などの進行妨害をしてはならない。
 「一時停止場所」とは、
 何も「一時停止標識」が設置された場所や踏切を横断するときに限らない。
 ガソリンスタンドなどの施設に出入りする際に、歩道や路側帯を横断するときは、歩行者の有無に関わらず歩道直前で一時停止が必要だが、これを励行しているドライバーは殆どいない。0000c7f
 酒田市内の大きな標識は、停止させる効果も大きいはずだが、安全確認もシッカリ励行したなら事故は間違いなく半減する。
 追記するが、
 最近、一時停止のオーバーハング標識が多くなったが、高所すぎて見難い。停止線が薄いか、降雪や汚れなどで見えない場合は標識位置が停止位置と見なすことから、高いと運転席から見えないのだ
 これを増やすなら、路面標示や立看板を必ず併設して欲しい。

■道路外の施設などに出入りするため、やむを得ず歩道または路側帯を横断する場合は、歩道等に入る直前で一時停止し、かつ、歩行者の通行を妨げない。(道交法第17条2項)
■横断歩道や自転車横断帯の手前付近に停止中の車両がいる場合で、停止車両の側方を通過してその前方に出るときには、出る前に一時停止。
■法令の規定もしくは警察官の命令により、または危険を防止するための一時停止
■赤信号点滅や一時停止の道路標識、踏切の直前において
■交差点の近傍で緊急自動車等に避譲するため

|

« たかじんのそこまで言って委員会2014.9.28 | トップページ | 日教組は「日本を貶める事は何でもやる」 »

12 その他の情報」カテゴリの記事