« 朝日が「吉田調書」誤報を認め訂正 | トップページ | 仮に我が家に朝日が来たら「塩を捲く」 »

2014年9月12日 (金曜日)

安倍首相が語った「朝日の慰安婦報道」

 今日は朝から、誤報・捏造を何度も繰り返して、国民世論を間違った方向に導く「恐ろしいメディア・朝日」が昨日9.11に、木村伊量社長や杉浦信之取締役の謝罪会見の話題で持ちきりだ。しかし、世界で「9.11」と言えば、例年、グラウンド・ゼロで犠牲者追悼式典がトップニュースであり、これを知る朝日新聞は実に巧妙に、この日に併せ会見を行った。
 この謝罪も別の日なら、国際社会の反応も雲泥の差がでたはず・・・・・・
 しかし、どんなに策を弄しても、慰安婦捏造報道、吉田調書の捻じ曲げ報道、池上彰氏記事の弾圧等々は、自分の手で自らを破滅に導く原因を作るという、正に、「墓穴に墓穴を掘り続けた」報道の数々は終わりのはじまりになると見ている。
 
 この話題に、やや重なった部分もあるが、
 安倍晋三首相は、昨日11日のラジオ番組「青山繁晴のザ・ボイス 」で、総理を辞任し失意の中で生活していた当時に、総理復帰の決意を持ったのは、高尾山の駅で受けた激励の一声からだったエピソードを語っていた。
 他にも、消費税増税、遺骨収集問題、日本海側メタンハイドレードの活用、ウクライナ情勢、日露関係、拉致問題などの他に、
 朝日新聞の慰安婦をめぐる一連の報道問題について、
 安倍首相は
 「個別の報道機関の報道内容の是非についてはコメントすべきではないが、例えば、慰安婦問題の誤報で多く人が苦しみ、国際社会で日本の名誉が傷つけられたたことは事実といってもいい。一般論として申し上げれば、報道に国内外に大きな影響を与え、我が国の名誉を傷つけることがある。そういうことも十分に認識しながら、責任ある態度で、正確で信用性の高い報道が求められている。それが国民の願いではないか。」
 と無難にコメントしてるが、
 現役の首相が、特定の報道機関に関して触れるコメントは例外中の例外であり、二度とこのような誤報・捏造は許さないとする迫力を感じた。
 青山氏は、現役の総理をゲスト出演させて、当面の国内外の諸問題に対する安倍内閣の諸方針を引き出していたことは傾聴に値する。
 首相が退席後も、
 イギリスからスコットランドが独立したがっていることや、アメリカ・オバマ大統領の「イスラム国」に対する姿勢を解説したことなども面白い。

■2014/09/11 ザ・ボイス 
 青山繁晴 安倍内閣総理大臣との本気対談 /
 ニュース解説「政府が吉田調書を公開」など
  http://youtu.be/zI4x4X7lRf4

|

« 朝日が「吉田調書」誤報を認め訂正 | トップページ | 仮に我が家に朝日が来たら「塩を捲く」 »

13 売国政党やマスコミのこと」カテゴリの記事