« 避難勧告が出たら「何処に避難?」 | トップページ | 石破氏は飼い殺しか冷や飯喰いか »

2014年8月24日 (日曜日)

2014.08.24 『そこまで言って委員会』

  読売テレビの人気バラエティ番組『たかじんのそこまで言って委員会 』2014.8.24。

Image_3

 今日、8月24日は、夏の総決算!
名場面・珍場面・未公開バトル大放出SP&2014年上半期「名言・暴言大賞」決定
 2014年上半期、名言・暴言大賞に選ばれたのは?
 朝日新聞の一連の慰安婦を巡る問題   朝日の話題は62分ころから

たかじんのそこまで言って委員会 2014-08-24.
  http://video.fc2.com/content/20140824dPL9nd6P/&otag=1&tk=

さあ、一斉に見ますと、渡辺喜美さんが2人、あと全員が朝日新聞という結果になった。
本当だ。
お詫び、訂正文って、よく出すんですよ、新聞は。
それこそアメリカの新聞なんて、毎日載ってるぐらいで。
必ず大体決まりごとで、何々何々の記事は、訂正し、おわびしますって出るんですよ。
でも今回は、訂正しますだけで、おわびは全くないですから、反省するっていうのはありますけど。
テレビでも、よく間違えると当然のことながら、放送を通じて謝罪、訂正と謝罪をしますけど。
朝日の社長と知り合いで、時々会って飲むことがあるんですね。
今回の検証記事のだいぶ前から、私はこの社長に対して、個人的にですよ。
あの件は、とにかく認めて、謝罪したほうが朝日新聞のためになりますよということを、何度も私、繰り返し申し上げているんですよ。
こんかいもひょっとしたら、そっちにいくのかなと思ったら、全然、記事を取り消しただけで終わっちゃった。
ということは意味がないどころか、さらにこれ、問題を拡散してしまう。
これ謝罪しないだけじゃなくて、なんで間違えたのか、間違えてもしょうがなかったよねという話を延々とするわけですよ。
あっちもこっちも間違えてたしって僕たちだけじゃないしっていうね、しかもこういう状況だったら間違えてもしかたないでしょうなんていう文脈だから謝罪なんてなるわけがないですよ、あの文脈からしたら。
この新聞は、先々週、1面の編集サイドの弁明として載ったもので、日本軍の兵士の性の相手をした女性がいたということは歴史的な事実であると書いてあればよかったんです。
これに関しては誰も否定しない。
ところが、ここには強いられたと書いてあるわけ。
どういうように強いられたのかということが、まさに論点になっているわけですよ。
そこが検証の必要性があるという話をして、朝日新聞が間違ったということを明らかになったのに、のうのうと強いられた事実というのは歴史の事実であるなんていうことを書くっていうのは。
慰安婦は。
明らかに論点…じゃないですか。
これは。
ありていに言えば、売春婦ですよね。
売春婦ですから、当然金のやり取りがあるわけですよ。
これは商行為なんですよ。
それが道徳的うんぬんかんぬんって言い出したらきりがないけども、そのことは今も昔もあるんですよ。
旧日本軍ないしは日本の官憲が無理やり連れていったかどうかという、この一点にこの問題、かかってるわけですよ。
それが根拠がすべて崩れるならば、間違いでございましたって言わなきゃだめですよね。
またそれから翌日、各紙、それについて論評しましたけど、新聞赤旗は、ひと言も触れなかった。
要するに都合の悪いのが出てくると、だんまりを決め込むみたいですよ。
ひと言なんか言えよって感じじゃないですか。
竹田さん、それともう一つね、すごいなぁ、朝日はって思ったことはね、その5日の次の日の6日。
6日の一面、トップ、吉永さゆりの原爆ですよ。
それの中に、集団的自衛権を批判しているわけ。
どんどんね今、部数が落ちてきて、どうするのっていうところにいるわけですよ。
本当、チャンスだったはずなんです。
大体翌日の。
心配してるわけ?
心配。
本当、だから朝日がまともになってくれたらいいじゃないですか。
別に潰れてほしいというわけじゃなくて、大体翌日の韓国の新聞が、朝日を擁護しているわけですよね。
その時点で終わりですよ。
まあ朝日をみんなで擁護してるような感じですからね。
なるほど。
日本大使館前の慰安婦の銅像、撤去のキャンペーンを朝日新聞は責任を持ってやるべき。
僕はそれぐらいの、…が欲しいとおもう、朝日新聞にね。
2014/08/24(日) 13:30〜15:00

|

« 避難勧告が出たら「何処に避難?」 | トップページ | 石破氏は飼い殺しか冷や飯喰いか »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事