« 「橋本市長」のこの記者会見は痛快だ | トップページ | 実現するか「湾岸ロープウエィ」 »

2014年6月 6日 (金曜日)

我が家で「ペッパー」は幸せになれるか

  平成26年6月5日、ソフトバンクが「ロボット産業に参入する」と発表した。
 その名はPepper(ペッパー)くん。
 ペッパーは人工知能が学習し自分の判断で動くロボットで人の感情を理解する。   
 Pepper
は、常時ネットワーク接続され、ネット情報から独自で解析するという。
 きっと、介護が必要な家庭等は抱きかかえたり出来る介護対応ロボットが欲しいと思ったであろうが、当面は認知症予防やボケ防止の話し相手にはなりそうだ。
 せめて肩もみマッサージは出来て欲しいが・・・・・
 そのほかに、我が家にペッパー君がやって来たら、どんなことをして欲しいかと周りを見渡してみた。 000buzzap_21365_3
 まだ掃除機能はないようなので、 
 ・玄関で来客の応接
 ・配達物受け取り
 ・ニュースの解説や天気予報をする
 ・映画やホテルの予約
 ・家族全員のスケジュール管理と伝達
 ・映画などの寸評やブログなどの批評や意見を聴く
 ・事件や事故の犯人推理や事故防止意見を聴く
 ・窓などのロック忘れチェック
 ・観葉植物の水やりチェック
 ・電灯やテレビの消し忘れチェック
 ・花粉やウィルス、ハエ、蚊などの室内侵入の告知
 ・熱中症の予防告知
 ・犬の遊び相手
 ・電話応対
 ・録画録音~防犯には良さそうだが賛否ありそうだ。
 ・起床の合図
 ・エアコンの温度設定や風呂の湯張り
 ・囲碁将棋等ゲームの相手
 ・出勤時の忘れものチェック
 ・肩もみマッサージは出来るだろうか
 などと、大したことを思いつかない。
 断っておくが、これらが出来るかどうかの情報は知らない。
 一番心配するのは
 Pepperが説教や小言を言うようになったら、うるさ型が増えて嫌だなと思う。
 よって、ペッパーによってお互いに不幸にもなることも心配される。
 果たして我が家に備えたら、どうなるのだろうか。
 
 やはり、外見や声は気になるもので好き嫌いはありそうだ。
 個人的には、「ドラえもん」や「鉄腕アトム」型の癒し系がいいと思うのだが、いずれ好きなタイプに改造できるパーツを準備することも期待したい。
 それに車に乗せて、一緒に外出できたら安全運転のためにもいいのではと思う。

  Pepper meets Creators
http://youtu.be/QbvADg5YrIg

|

« 「橋本市長」のこの記者会見は痛快だ | トップページ | 実現するか「湾岸ロープウエィ」 »

03  紹介しておきたい話」カテゴリの記事