« 医療界には「高血圧村?」がある。 | トップページ | 公明は根性なし主体性なし魅力無し »

2014年6月13日 (金曜日)

小保方氏にSTAP細胞を作る機会を

 小保方晴子さんに、「STAP(スタップ)細胞」を作るチャンスを与えて欲しい。
 この「STAP細胞」は、今世紀最大の発見になるか、逆に、佐村河内守氏の作曲やPC遠隔操作事件の片山被告と並ぶ、今年最大の笑いものになるかの分かれ目だ。
 また、「米ベル研究所の高温超電導研究に関する論文捏造」 、「ソウル大教授のES細胞研究に関する捏造」と並ぶ、「世界の三大捏造」仲間入りの可能性もある。
 しかし、小保方さんには、まだまだ現代のガリレオとして期待する声も高い。
0000ha
 6月12日、STAP細胞の論文問題で、理化学研究所の改革委員会が、再発防止策と理研発生・再生科学総合研究センターの早急な解体という厳しい提言があった。
 理化学研究所も、小保方晴子さんも崖っぷちに追い込まれた感がある。
 しかし、下村博文文部科学相が「小保方氏が先頭に立って再検証をし、自ら証明することを期待したい」と発言し、また、理研の改革委員会も、小保方晴子氏の参加による検証を提言する方向だという。
 この機会に、是非、世間を見返して欲しい。
  これまで、小保方晴子氏の「STAP細胞」にかける情熱を、「思い込みだ」「幻を見たのか」とバカにしたような関係者のコメントを幾度も聞いた。
 だが、小保方さんの「STAP細胞」への情熱に嘘はないと見ている一人だ。
  ここは、小保方さんにしか分からないコツやノウハウで、実際に「STAP細胞」を作ってもらう以外に、名誉を挽回し、汚名をすすぐことにならない。
 小保方さんには、起死回生のチャンスをものにして欲しい。
 そして、
 「苦しみ、悩み、悲しんだ分、成功の暁には大きな幸せ、喜びが待っている
 ことも「STAP細胞」と同時に、日本中、いや世界に証明して欲しい。
 

|

« 医療界には「高血圧村?」がある。 | トップページ | 公明は根性なし主体性なし魅力無し »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事