« 犯人扱いされた河野義行さんを想う | トップページ | 「北朝鮮=地上の楽園」と称賛した人々 »

2014年6月28日 (土曜日)

高貴な韓国人にゴミ拾いは似合わない

 高貴エベンキワイ(穢)族の末裔である韓国人にゴミ拾いは似合わ00000021f6ない。
 偽両班(偽貴族)の大量増加のなごりから、何処でも散らかして汚すのが得意のはずでは・・・・・・・
 どうしてもやりたいなら、先ず「隗より始めよ」だ。
 自国の衛生観念を高め、劣悪なトイレ環境、ゴミ問題、食品衛生問題などを解決してから、他国で猿まねでいいからパフォーマンスをやって欲しい。
 よって、
 「パフォーマンスに過ぎないゴミ拾いは偽善的
  「称賛は受けるもの、要求するものではない
 「にわか覚えのパクリ行為は長続きしない」
 「ゴミ拾いは、一朝一夕には身に付かない」と伝えたい。

 サッカーW杯ブラジル大会の日本代表選手たちが6月27日帰国した。
 
一勝も出来ず残念だったが、応援団による客席の00mmlゴミ拾いは、値千金の優勝に匹敵する行為と世界から称賛されている。
 このゴミ拾いを韓国の応援団も真似したという。
 よほど、羨ましかったのか、それとも日本が世界から良く見られているのが気に入らなかったのであろう。
 間違いないのは、
 「褒められたい為に掃除する」という「動機不純清掃行為」は長続きしないこと。
 案の定、テレビカメラが無いところでは、ゴミだらけだったそうだ。
 無理をして慣れないことをすべきではない。
 そもそも、日本では幼稚園でもお片付けを教え、小学校の子供でも、給食の準備から片付け、授業終了後は教室の清掃を協力して行う、長年の伝統と習慣がある。そして、日本人の究極のおもてなしはトイレなど、「見えない場所も掃除が行き届いていること」と思っている。
 英国の旅行家イザベラ・バードは、1894年の朝鮮訪問時のソウルを、Image
 道は牛がすれ違えないほど細く迷路のようであり、家から出た汚物によって悪臭が酷く、北京を見るまで「ソウルこそこの世で一番不潔な町」と記述している。
  そんな不潔な街を、日韓併合で日本人は朝鮮人に掃除の要領を徹底的に指導したのだが、日本人が撤退すると元の木阿弥となった。 つまり、半島のエベンキ・ワイ族に掃除の習慣を身に付けさせることは出来なかった。
 よって、朝鮮半島の大改造・劇的ビフォーアフターは大失敗したことになる。

00000003_2

スウェーデン人の記者アーソン・グレブスト著「悲劇の朝鮮」より抜粋
 「将来性がなく、中国人以上に酷い民族である。1000年前に眠った場所に留まり続けている。更に良くないのは、その眠りから覚めようとしない事だ。韓国人は独立が嫌なのだ。できれば他者に依存して責任回避をしたいのだ。彼らの望むことは、何の心配もなく平和に暮らす事だけだ。「独立」と言う言葉は、彼らにとって恐怖を意味し、不信や無法と同じである」

1000image
10000001image

正しい歴史認識? それなら朝鮮は支那の属国に戻りなさい
     http://youtu.be/Jy96X7yj-3Y  

韓国人のルーツはエベンキ族と同じ
  http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-6da7.html

|

« 犯人扱いされた河野義行さんを想う | トップページ | 「北朝鮮=地上の楽園」と称賛した人々 »

08 朝鮮半島に関すること」カテゴリの記事