« タイ王国名物?「軍事クーデター」 | トップページ | 「TBSレビュー」自体が偏向番組だ! »

2014年5月25日 (日曜日)

日韓は助け合う関係?⇔それは無理!

Tokuasangoku
 冷え込んだ日韓関係の中で、韓国は「用日=日本を利用」という言葉を遣う。
 散々、「反日」を繰り返しながら、「用日」とは、矛盾や違和感を覚えないのか。
 もっとも、「卑劣」、「卑怯」という言葉を理解出来ない国民だから仕方ないか。
 
 朝日新聞が2014年5月9日コリアリサーチの世論調査結果を報じていたが、日韓は助けあうべき」だと答えた韓国人が88.3%にも上ったという
 この88.3%が助け合うべきという高い数字が話題だが、「朝日と韓国が一体になった印象操作 (マスコミの世論誘導)に引っかかってはならない!」と警鐘を鳴らしたい。

 「韓国さん、今更、何を言うか。甘えても、もう遅いんだよ!」
 印象操作の為には平気で嘘を付くことに注意しよう!」
  「隣国だから仲良くすべきだ。そんな固定観念は捨てよう!」
 「"通称親日反民族特別法(反日罪)"がある国に対して、ウッカリ親切心から助けたら、いずれこの法律で罰されることになる。韓国に不遡及の原則はない。」
 「日韓は助けあうべき?、助けて欲しいなら、お願いしますと頭を下げろ!」
 「日本から見たら、ナゼあなた方を助ける必要あるのだ!」
 「都合良く擦り寄ってくる朝鮮人には、もううんざり だ!」
 「非韓三原則の徹底、助けない・教えない・関わらない!」
 「一方的に寄生しているのに、助け合いとはないだろ!」
 「今まで、日本が韓国に助けて貰ったことは一度もない。逆に日本は韓国を何度も助けています。」
 「過去の歴史認識とやらを振り回して、世界に告げ口外交をして回る韓国の大統領には、嫌悪感を感じます。助けあうなどあり得ません。」
 「日本の国連常任理事国入りに対し、明確に反対している国は韓国と中国だ」
 「国際的な協議の場で、韓国は必ず日本の足が引っ張ります。韓国というのはそういう国なのです。」
 「苦しくなってきたから日本に助けを求めようとは、虫がいいにも程がある。」
 「中韓の専門家によると、彼らには『卑劣』ということを理解出来ない。自分の回りに『卑劣な行為』が溢れているため、『卑劣』が普通になっている国なのだ。沈没船の惨状が、それを見事に証明したと語った。」

 朝日の記事では、
 「韓国では歴史認識問題や領土問題を除いては、日本に対する認識、イメージは決して悪くない」と報じているが、ネット上では異論を唱える人が多いことに安心した。
 朝日は反日・売国の代表だが、大手マスコミの殆どは反日左翼・特亜勢力であり、日本弱体化、日本解体のため日夜国民を洗脳していることを忘れてはならない。
 良識ある日本人は「マスコミの印象操作 (世論誘導)に引っかかるな!

小話 
 韓国の最大の不幸とは隣に日本があること
 なぜならどんなに頑張っても見劣りがするし、嫉妬心と劣等感から永遠に逃れられない。
 韓国の最大の幸福とは、隣に日本があること
 なぜなら日本文明の恩恵に浴しなんでも模倣・学習・パクリを堂々とできるからである。


■「放送法第四条
一 公安及び善良な風俗を害さないこと
ニ 政治的に公平であること
三 報道は事実を曲げないですること
四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること
 ※放送法第四条には罰則がない。しかし、守らなければ違法行為となる。

■国際ルールが規定 「ISO 26000 / JIS Z 26000」(2012年3月21日)
 ISO 26000 / JIS Z 26000 とは?
ISO 26000 → 社会的責任規定を規格化した「ルールを守れ」という国際ルール。
これを破った企業は国際的な取引の場から外される。
JIS Z 26000 → ISO 26000 を日本工業規格として制定したもの。
※ ISO 26000 は、番組に対してではなくテレビ局に対して適用される。
  問題番組を出したら局そのものに資金提供ができない。
 タイアップの映画やイベントも同様。

|

« タイ王国名物?「軍事クーデター」 | トップページ | 「TBSレビュー」自体が偏向番組だ! »

08 朝鮮半島に関すること」カテゴリの記事