« 「美味しんぼ」の鼻血表現は正しい。 | トップページ | 牙山に「韓国版ピサの斜塔」誕生か »

2014年5月13日 (火曜日)

国会の「鼻血問題」はでっち上げ?

  「偉い学者さんがどんなに安全だと言っても、今起きているその事象を優先201203_02しませんか?」と国会で参考人証言する、福島県から北海道へ自主避難中の宍戸隆子さんの言葉から、韓国の沈没船で「その場から動かないで下さい」とのアナウンスで船内に止まり死亡した多くの乗客を連想してしまった。

 これは誤った認識、過剰反応、不謹慎なことなのだろうか。
 漫画「美味しんぼ」の鼻血表現は、正しい問題提起と思っているが、当然、「風評被害を助長する」などと賛否両論が渦巻いている。
 しかしだ。
 被災地の鼻血問題は福島原発事故以来、幾度も伝えられていたも00ii0suのであり、自民党議員は国会で参考人を呼んで追及していたこともあった。
 これを嘘と言うなら、自民党は単なるデマをでっち上げて国会で追及して「風評被害を助長」させていたことになる。
 そうではないはずだ。
 是非この機会に、専門家や国会議員、東京電力、マスコミなどを巻き込んで国民的議論にして欲しい。小学館は『ビッグコミックスピリッツ』の「美味しんぼ」(雁屋哲・作、花咲アキラ・画)で、いい問題を提起したと思う。

  「美味しんぼ」の原作者の雁屋哲氏は
  「ここで、私は批判している人たちに反論するべきなのだが、「美味しんぼ」福島篇は、まだ、その23、その24と続く。その23、特にその24ではもっとはっきりとしたことを言っているので、鼻血ごときで騒いでいる人たちは、発狂するかも知れない。今まで私に好意的だった人も、背を向けるかも知れない。
 私は自分が福島を2年かけて取材をして、しっかりとすくい取った真実をありのままに書くことがどうして批判されなければならないのか分からない。真実には目をつぶり、誰かさんたちに都合の良い嘘を書けというのだろうか。「福島は安全」「福島は大丈夫」「福島の復興は前進している」などと書けばみんな喜んだのかも知れない。今度の「美味しんぼ」の副題は「福島の真実」である。私は真実しか書けない。」
 と反論する。

 下段の動画は、2011年12月2日の参議院復興特別委員会で、長谷川岳(自民)の質疑で福島県から北海道へ自主避難されている宍戸隆子さんが参考人として証言したビデオだ。当時、野党だった自民党は長谷川岳議員の他にも、山谷えり子議員、森まさこ議員らも鼻血問題を国会で取り上げている。

選択的避難の権利/北海道へ自主避難した人の声 参院12/2 http://youtu.be/ajlb0XONPeQ
 自民党の長谷川岳(北海道選出)

自民党の山谷えり子議員(比例代表選出)
 Idogawa Futaba town mayor refused to have blood test in Tokyo - (320 x 240).mp4 http://youtu.be/QiL4grYT8WQ

■2012年6月14日
  東日本大震災復興特別委員会 自民党の森まさこ議員(福島選出)
 「子どもが鼻血を出した、これは被ばくによる影響じゃないかと心配なんだけれども、それを診察してもらった、検査してもらった、そのお金はどうなるんですかということです。

|

« 「美味しんぼ」の鼻血表現は正しい。 | トップページ | 牙山に「韓国版ピサの斜塔」誕生か »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事