« 見直しを急げ!「集団的自衛権」 | トップページ | 小保方さんの応援団長・武田邦彦教授 »

2014年5月 9日 (金曜日)

扉の取り付けには知識もコツも必要!

 DIY(日曜大工)の少々マニアックな話題だが関心ない方は飛ばして欲しい。

 家内からグータラ亭主と呼ばれているが、ときにはDIYに取組むこともある。
 今回の連休では、棚に「ガラス扉」の取り付けに挑戦したが、詳しい方には失笑される話題だ。
 スライド丁番で扉を取り付けには「かぶせ」の確認 が大切と知った。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/web-takigawa/slidehinge.html
   0000aiwastimg25
 2014年4月12日「イケア立川」がオープンしたが、既に4回も出かけた。201456_029
 最初は、「IKEA」とはどんな店で、どんな品揃えなのかと探索のつもりで出かけたが、気になっていた台所の縦長の棚に丁度いいと思われる「ガラス扉」(4,114円)を偶然見つけた。
 このときは、棚のサイズなどを計測していなかったので、ガラス扉の製品番号や価格などをメモして帰宅し、ネットで詳細データ「001.835.04 、BILLY OLSBO  ホワイト強化ガラス扉」を調べてから購入に出かけた。
 しかし、安易に購入したものの、素人の浅知恵を直ぐに自覚した。なんと、扉の取り付け金具(スライド丁番)には、「全かぶせ」、「半かぶせ」、「インセット」と三種類があることだ。

 つまり、右写真の棚には「インセットタイプ」しか合わないのに、イケヤのスライド丁番は「全かぶせタイプ」だったのだ。
 そんな予備知識を持たずに購入したのだが、何かいい解決方法がないのかと再度出かけて対応策を質問したが、この辺りの知恵はイケヤの店員は持ち合わせていなかった。
 きっと、販売製品が多すぎて、そこまで対応しきれないのであろう。
 よって、その足で「ジョイフル本田」に向かい、スライド丁番の交換も含めて、売り場で質問したところ、対応策が見えてきた。201456_030
 結局、側板に扉と同じ厚みの板を取り付けて上げ底にすることで、既製のスライド丁番をそのまま使用することで解決した。詳しい方には失笑されるだろうが、随分と無駄な時間と頭を使っていた。

 しかし、ガラス扉の特注などを業者に依頼すれば軽く10万円近くしたものを、たったの6,000円程度で取り付けることが出来た。
 出来上がりもデザインも自己満足している。
 なお「IKEA」の発祥はスゥエーデンらしいが、本拠地はオランダだそうだ。
 品揃えもデザインも豊富で、行くたびに新しい発見があるが、衝動買いは控えることが必要だ。  

■「IKEA立川
 190-0014 東京都立川市緑町6番
■ストア営業時間0000005
 月 ― 金: 10:00~21:00
 土・日: 9:00~21:00
 祝 日: 9:00~21:00 年中無休(1月1日を除く)

■「IKEA(イケア)」とは
 1943年にスウェーデンで生まれた家具の一大チェーン。
 名前の由来は、創業者イングヴァル・カンプラードのイニシャル(I.K)と彼の故郷であるアグナリア町(A)・エルムタリッド農場(E)の頭文字とある。

|

« 見直しを急げ!「集団的自衛権」 | トップページ | 小保方さんの応援団長・武田邦彦教授 »

11 我が家に関連」カテゴリの記事