« オバマ米大統領の滞在日程情報 | トップページ | 新展開か「セウォル号の沈没事故」 »

2014年4月24日 (木曜日)

韓国の修学旅行全面禁止に想う。

  韓国では沈没事故のショックで、国全体が沈むという致命的な脆さを露呈しているが、更に全国の小・中・高校の修学旅行を全て禁止する方針だそうだ。
 随分と極端から極端に動く国民だ。0002769911
 何も修学旅行が事故原因になるはずがないのに・・・・・
 このことから、約100年前に木曽駒ヶ岳登山で校長以下11人が遭難死したことで修学旅行が一時中止になったことを思い出した。 この実話は新田次郎の小説「聖職の碑」で知られる。

 大正2年、中箕輪高等小学校(現・箕輪町立箕輪中)の木曽駒ヶ岳(標高2,956m)の修学旅行で11人が遭難死するが、あえて困難に立ち向かい克服させる登山という実践教育を貫き通した赤羽長重校長を讃えた内容だ。
 当時、信濃教育会 実践主義教育白樺理想派主義の教師に分かれており、遭難は理想派主義の反対を押し切った結果と批判された。
 事故後の教育方針は、当然、白樺派理想主義派の教師らに主導権を握られたものの、近年の左寄り日教組がリードしたゆとり教育の失敗同様に、学校現場は荒れて崩壊したという。
 そのような経緯から、赤羽校長らの実践教育が見直されると同時に、木曽駒ヶ岳登山の宿泊施設の建設や登山道整備が緊急に整備され、大正の中期には再び積極的に登山が行われるようになったそうだ。
 このことからしても、
  韓国の修学旅行の全面中止は、あまりにも短絡的過ぎるのだが、これが、日・韓の国柄の決定的な違いであり、人種も思考回路も元々違うということだ。
 もし、同様の沈没事故が日本で発生したなら、約100年前に遭難原因を究明し、木曽駒ヶ岳登山道や山小屋を整備したように、例えば、国内の船舶や航空機、鉄道・バスなどの公共交通機関、交通網の安全性を一斉にチェックし、乗組員教育や救助体制を強化するなどの改善から始めるはずだ。

  もっとも、韓国では日本統治時代を忌み嫌う風潮が根強く、少しでも当時の名残を薄めようとするための中止なのか。
 修学旅行や遠足、運動会などは、日本併合当時の名残りだという。00100korea4
 それから、韓国の教育制度も日本と同じ6-3-3制と聞くが、これも一気に改革するのだろうか。
 さらに、日韓併合中、日本の指導で徐々に禁止させた、「朝鮮半島の恥ずかしい風習 」の数々も復活したらどうだろうか。
 「低俗・俗悪・野蛮・未開の文化」を見世物にしたら、きっと、世界中から観光客が倍増するはずだ。
両班が白丁などを奴隷としてこき使った「奴隷身分制度
http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/dainijuunanadai
女性は胸を出していた「乳出しチョゴリ
子供を産める女の証として、妊娠したまま嫁ぐ「試し腹
人間の大便を舐めて体調を判断する「嘗糞(しょうふん)」
指を切って血を飲ませる「指詰め供養
内股の肉を切って捧げる「割股供養
伝統芸能の一つ「病身舞(ピョンシンチュム)」
 こうした忌まわしい風習は、日韓併合後に日本の指導で徐々に禁止させたが、戦後、朝鮮人の根強い抵抗で復活したものもあるという。 
 最近では、韓国の若者には「乳だしチョゴリ」のことなどは教えないので、誰も知らないらしい。これを機会に、日本が朝鮮半島に学校を約1万校も造って、朝鮮民族を教育し少しは人前に出せるほどに進化させたことを良く勉強したらいい。

 話が飛躍、いや脱線していると言われそうだが、
 朝鮮半島は、日本に植民地にされた、搾取された、略奪されたと騒ぐが、白人から植民地にされたアメリカ大陸、アフリカ大陸、オーストラリア、アジアなどの国々で、教育や産業、軍事力、文化、国力を高める努力をした国が何処にあるか。
 極北アメリカのイヌイット、北米のインディアン、中南米のインディオ、オーストラリアの原住民アボリジニ人、アフリカ大陸の黒人、アジア大陸では東アジアをはじめ、中央アジア、シベリア、東南アジア諸国のモンゴロイド等々、みな白人に侵略され、奴隷化され、大量虐殺された民族ばかりではないのか。
  ただ例外は、中国史は中国人同士の大虐殺の歴史と言われ、中国人の逞しさは、惨殺の中を生き抜いてきたからとされる。
 

|

« オバマ米大統領の滞在日程情報 | トップページ | 新展開か「セウォル号の沈没事故」 »

08 朝鮮半島に関すること」カテゴリの記事