« ジタバタせず辞任すれば騒ぎは治まる! | トップページ | 今年「第1四半期」の記憶に残った出来事 »

2014年3月31日 (月曜日)

沖ノ鳥島「桟橋転覆事故」の原因は?

 この写真は、沖ノ鳥島の「転覆した桟橋」 とあるが、一見すると、このまま使えそうだから、どのような事故だったのかテレビニュースでは解り難い。実際は逆さまになった状態であり、この穴から海底に橋脚を下す仕組みのようだ。
Image_2

 30日午前7時半ごろ、東京から南方に約1700キロに浮かぶ絶海の孤島・沖ノ鳥島で5人が死亡、2人が行方不明となる事故が発生した。この工事は、沖ノ鳥島における活動拠点整備事業の一環で「沖ノ鳥島港湾係留施設築造他工事」が正式名称で、日本の領土と海洋資源を守るための大切な事業だ。

 この島の保全事業は、
 作業員が外洋で本船から小型船に乗り換えて移動せざるを得ないのが現状であるが、まず、港湾を整備することにより、作業員は直接島に上陸することが可能となり、安全性の向上が図られ、島内に活動拠点を形成することにより、作業環境の安全向上が期待されていただけに残念だ。

 事故の原因は、
 この四本の足を徐々に海底に降ろして固定させる予定が、
■足の重みか波や風でバランスを失った。
■浮力が不足していた。
■載せていたクレーンなどの重機でバランスを崩した。
■台船とワイヤーなどが引っかかっていた。
■海底の岩に接触した。
 などを思いつくが、実際は素人には判断が付かない。
 左上の凹みは何かに接触した痕跡だろうが、原因解明のポイントになりそうだ。

 まずは、亡くなられた方々のご冥福を祈るとともに行方不明者の早期発見、そして、原因を究明して今後の無事故を期待している。

20143nj2014033001_50

この桟橋につなげる予定だったらしい。

Image Img_807233_31443272_2_2

|

« ジタバタせず辞任すれば騒ぎは治まる! | トップページ | 今年「第1四半期」の記憶に残った出来事 »

04  気になった事件・事故」カテゴリの記事