« 日本が二度と立ち上がれないよう米国が占領期に行ったこと | トップページ | 警視庁が選んだ事件・事故等TOP10の分析 »

2014年3月18日 (火曜日)

クリミア半島のロシア編入で学んだこと。

 国連安全保障理事会(安保理)は、ウクライナ南部クリミア自治共和国のロシア編入の是非を問う住民投票を「無効」とする決議案を採決した。しかし、拒否権を持つP5のロシアは安保理の採決など「蛙の面に小便」だ。日本を取り巻く現実は風雲急を告げ、集団的自衛権の容認程度のことで逡巡している情勢ではない。
 そして、ウクライナ・クリミア半島のロシア編入から、こんなことを学んだ。

1:国連の無能・無力ぶりを知る。
 
まずは、国連崇拝が強い日本人は、国連の無能・無力ぶりを知ること。
 安保理の採決など、P5のロシアの拒否権発動は分かっていながら、一応非難したという実績づくり程度だ。それに、ドイツと日本は未だ敵国条項にあり、国連は国際連合ではなく「戦勝国連合」と言われる所以や、世界は1945年当時のP5(パーマネント5)が永久支配している現実を知り、国連崇拝を止めることだ。

2:平和を愛する諸国民の公正と信義は信頼出来ない。
 日本国憲法前文に、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」などと謳わせながら、戦後何年経っても「専制と隷従、圧迫と偏狭」にあえぐ国際社会の現実を直視することだ。

3:対岸の火事にあらず。
 日本が最も学ぶべきは、拒否権を持つP5の中国共産党政府によるアジア各地への侵略に対しても、国連は無能・無力であること。
 中国は、ロシアのクリミア侵略方法を良い例にして、「尖閣や沖縄も行ける」と踏んだはずだ。そして、日本は安全保障を、いつまでも在日米軍に頼り切っていたのでは、イザというとき、何もしてくれないことに気付くことだ。
 それに、P5(常任理事国)同士の衝突は、有り得ないと思うべきであり、従って、集団的自衛権の容認などを逡巡しているようでは、国民の生命・財産・領土・主権を守ることは絶対に出来ない。

|

« 日本が二度と立ち上がれないよう米国が占領期に行ったこと | トップページ | 警視庁が選んだ事件・事故等TOP10の分析 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事