« 約1%の国民しか有権者はいなかった! | トップページ | なんと「佐村河内守」に代作者がいた。 »

2014年2月 5日 (水曜日)

芸人の最後の売りは「恥の告白」!

 芸を売る芸人も売るものがなくなったら、最後の最後の切り札は過去の恥の告白」といわれるが、これも定石通りなのであろう。
 もっとも、これで芸人も芸能マスコミ人も高収入になるし、視聴者も喜ぶのだから、被害者なしの「三方両損」ならぬ 「三方両得ということか。

 さて、戦後活躍した政治家との間に二人の隠し子がいたことを、『婦人公論』(2月7日号)で告白した女優の浅香光代(85)だが、男親の実名は明かにしていない。
 二人の隠し子は、長男(名前は不明)、次男の北岡昭次(60歳) さんらしいが、父親の実名捜しがネット上でも熱心のようなので、整理しておこうと思う。
 ヒントは「S(名字ではない?)」、「1900年前後の生まれ」、「子供はいない 」、「剃刀の異名」、「吉田内閣で閣僚」だそうだ。

  いろいろ批判もされているが、当時は、経済力に応じて側室や妾を抱えることも、売春も合法だったことなど、社会が容認していた時代の名残りとみている。
   それに元来、、芸能と遊女(売春婦、男娼もあり)は一体とみられ、「ややこ踊り」や「歌舞伎」、「旅芸人」などは売春も当たり前と言われていたのだ。
 ちょっと脱線し過ぎてしまったか。
  http://www.geocities.jp/widetown/japan_den/japan_den066.htm

  「伊豆の踊子」の一節を深読みすれば、「踊子」の正体が見えて来るが、それを読者に感じさせない川端康成の力量が凄い
------以下原文-----
 
 「そうかねえ。この前連れていた子がもうこんなになったのかい。いい娘(あんこ)になって、お前さんも結構者だよ。こんなにきれいになったかねえ。女の子は早いもんだよ。」 小一時間経つと、旅芸人たちが出立つらしい物音が聞こえて来た。
 私も落ち着いている場合ではないのだが、胸騒ぎするばかりで立ち上がる勇気が00a300_出なかった。旅慣れたと言っても女の足だから、十町や二十町遅れたって一走りに追いつけると思いながら、炉のそばでいらいらしていた。
 しかし踊子たちがそばにいなくなると、かえって私の空想は解き放たれたように生き生きと踊り始めた。
 彼らを送り出して来た婆さんに聞いた。
  「あの芸人は今夜どこで泊まるんでしょう。」
  「あんな者、どこで泊まるやらわかるものでございますか、旦那様。お客があればあり次第、どこにだって泊まるんでございますよ。今夜の宿のあてなんぞございますものか。」 はなはだしい軽べつを含んだ婆さんの言葉が、それならば、踊子を今夜は私の部屋に泊まらせるのだ、と思ったほど私をあおり立てた。やがて、皆が追いかけっこしているのか、踊りまわっているのか、乱れた足音が暫く続いた。
---中略----
 そして、ぴたと静まり返ってしまった。私は眼を光らせた。この静けさが何であるかを闇を通して見ようとした。踊子の今夜が汚れるのであろうかと悩ましかった
 そして、そのあくる朝、栄吉が学生の宿を訪ねた時のこと。
 自分にも夕べの悩ましさが夢のように感じられるのだったが、わたしは男に言ってみた。
「夕べは大分遅くまで賑やかでしたね。」「なあに。聞こえましたか。」
「聞こえましたとも。」「この土地の人たちなんですよ。土地の人は馬鹿騒ぎをするばかりで、どうも面白くありません。」
 彼があまりに何気ない風なので、わたしは黙ってしまった。
-------------------------------------------------------
■第1次吉田内閣-昭和21年5月22日成立
内閣総理大臣  吉田 茂
外務大臣  吉田 茂(兼)
内務大臣  大村清一  昭22.1.31- 植原悦二郎
大蔵大臣  石橋湛山*
第一復員大臣  吉田 茂(兼) (昭21.6.15同省廃止)   
第二復員大臣  吉田 茂(兼)(昭21.6.15同省廃止)   
復員庁総裁  幣原喜重郎* (昭21.6.15復員庁設置)   
司法大臣  木村篤太郎
文部大臣  田中耕太郎 昭22.1.31- 高橋誠一郎
厚生大臣  河合良成  昭22.5.22- 吉田 茂(臨代)
農林大臣  和田博雄  昭22.1.31- 吉田 茂(兼)昭22.2.15- 木村小左衞門
商工大臣  星島二郎  昭22.1.31- 石井光次郎
運輸大臣  平塚常次郎  昭22.1.31- 増田甲子七
逓信大臣 昭21.7.1 一松定吉 (昭21.7.1逓信省設置)   
経済安定本部総務長官  膳 桂之助*(昭21.8.12経済安定本部設置)   
昭22.1.31- 石橋湛山* 昭22.3.20- 高瀬荘太郎*
物価庁長官 昭21.8.12- 膳桂之助* (昭21.8.12物価庁設置)昭22.1.31- 石橋湛山*昭22.3.20- 高瀬太郎*
行政調査部総裁 昭21.10.28- 齋藤隆夫*(昭21.10.28行政調査部設置)   
国務大臣  幣原喜重郎* ※(昭22.5.3-)
国務大臣  植原悦二郎  昭22.1.31- 星島二郎
国務大臣  一松定吉   (-昭21.7.1) 昭21.7.23- 膳 桂之助* -昭22.1.31)昭22.3.20- 高瀬荘太郎*
国務大臣  齋藤隆夫*
国務大臣 昭21.6.19- 金森徳次郎
国務大臣 昭22.2.26- 田中萬逸  (-昭22.5.22)
内閣書記官長 昭21.5.29- 林 譲治 (昭22.5.3改称)
内閣官房長官 昭22.5.3- 林 譲治
内閣法制局長官  入江俊郎
内閣副書記官長 昭21.6.14- 周東英雄 (昭22.5.3改称)  (-昭22.4.30)
内閣官房次長

■第48代第2次吉田内閣-昭和23年10月15日成立
(注)10月19日までの間は総理が▲の大臣等の臨時代理又は事務取扱
 内閣総理大臣  吉田 茂
▲法務総裁   吉田 茂(臨代)  昭23.11.7- 殖田俊吉*
▲外務大臣  吉田 茂(兼)
▲大蔵大臣  泉山三六*  昭23.12.14- 大屋晋三(臨代)
▲文部大臣  下條康麿
▲厚生大臣  林 譲治   ※(昭23.10.19-)
▲農林大臣  周東英雄
▲商工大臣  大屋晋三
▲運輸大臣  小澤重喜 
▲逓信大臣  降旗徳弥
▲労働大臣  増田甲子七 
▲建設大臣  益谷
▲経済安定本部総務長官  泉山三六* 昭23.12.14- 周東英雄(臨代)
▲中央経済調査庁長官  泉山三六* 昭23.12.14- 周東英雄(臨代)
▲物価庁長官  泉山三六* 昭23.12.14- 周東英雄(臨代)
▲行政管理庁長官  殖田俊吉*  昭23.11.10- 工藤鐵男
▲賠償庁長官  井上知治
▲地方財政委員会委員長  岩本信行  (-昭24.2.10)
 国務大臣 昭23.10.19- 森 幸太郎
 内閣官房長官 昭23.10.17- 佐藤榮作
 内閣官房次長 昭23.10.17- 橋本龍伍
  (-昭23.12.26)
 内閣官房次長 昭23.12.25- 郡 祐一

■第49代第3次吉田内閣-昭和24年2月16日成立
内閣総理大臣  吉田 茂
法務総裁  殖田
外務大臣  吉田 茂(兼)
大蔵大臣  池田勇人
文部大臣  高瀬荘太郎  昭25.5.6- 天野貞祐
厚生大臣  林 譲治※
農林大臣  森 幸太郎
商工大臣  稲垣平太郎 (昭24.5.25同省廃止)   
通商産業大臣 昭24.5.25- 稲垣平太郎 (昭24.5.25通商産業省設置) 昭25.2.17- 池田勇人(兼) 昭25.4.11- 高瀬荘太郎(兼) 昭25.5.6- 高瀬荘太郎
運輸大臣  大屋晋三
逓信大臣  小澤佐重喜(昭24.6.1同省廃止)   
郵政大臣 昭24.6.1- 小澤佐重喜 (昭24.6.1郵政省設置)   
電気通信大臣 昭24.5.25- 小澤佐重喜(兼) (昭24.6.1電気通信省設置)   
労働大臣  鈴木正文
建設大臣  益谷秀次  昭25.5.6- 増田甲子七*
経済安定本部総務長官  青木孝義*
中央経済調査庁長官  青木孝義*
物価庁長官  青木孝義* (注:昭24.6.1 
中央経済調査庁長官、物価庁長官は、経済安定本部総務長官たる国務大臣をもって充られることとなる)
行政管理庁長官  本多市郎*
賠償庁長官  樋貝詮三  昭24.3.11- 山口喜久一郎
地方財政委員会委員長  木村小左衞門 (昭24.6.1同委員会廃止)   
地方自治庁長官 昭24.6.1-木村小左衞門 (昭24.6.1地方自治庁設置)昭25.1.24- 本多市郎*
北海道開発庁長官  増田甲子七* (昭25.6.1北海道開発庁設置)   
国務大臣  山口喜久一郎 昭24.3.11- 樋貝詮三
国務大臣 昭24.6.24 増田甲子七*  (-昭25.5.6)
内閣官房長官  増田甲子七 昭25.5.6- 岡崎勝男
内閣官房次長  郡 祐一 (昭24.6.1改称)   
内閣官房副長官 昭24.6.1- 郡 祐一 (-昭25.2.16)昭25.6.20- 井上清一
内閣官房副長官 昭24.11.1- 菅野義丸

■第50代第4次吉田内閣-昭和27年10月30日成立
内閣総理大臣  吉田 茂
法務大臣  犬養 健
外務大臣  岡崎勝男
大蔵大臣  向井忠晴
文部大臣  岡野清豪
厚生大臣  山縣勝見
農林大臣  小笠原三九郎* 昭27.12.5- 廣川弘禪 昭28.3.3- 田子一民
通商産業大臣  池田勇人* 昭27.11.29- 小笠原三九郎(兼 昭27.12.5-小笠原三九郎*
運輸大臣  石井光次郎
郵政大臣  高瀬太郎
労働大臣  戸塚九一郎*
建設大臣  佐藤榮作* 昭28.2.10- 戸塚九一郎(兼)
行政管理庁長官  本多市郎*
北海道開発庁長官  佐藤榮作* 昭28.2.10- 戸塚九一郎*
自治庁長官  本多市郎*
保安庁長官  木村篤太郎
経済審議庁長官  池田勇人* 昭27.11.29- 小笠原三九郎*昭28.3.3- 水田三喜男
国務大臣  緒方竹虎* ※(昭27.11.28-)
国務大臣  大野木秀次郎
国務大臣  林屋龜次郎
内閣官房長官  緒方竹虎* 昭28.3.24- 福永健司
法制局長官  佐藤達夫
内閣官房副長官  菅野義丸 (-昭28.3.23) 昭28.3.28- 田中不破三
内閣官房副長官  江口見登留

|

« 約1%の国民しか有権者はいなかった! | トップページ | なんと「佐村河内守」に代作者がいた。 »

12 その他の情報」カテゴリの記事